2019年09月16日

9歳のこどもが胸に抱いた石

古き時代の墳墓が発掘された折、
人骨の胸腹部のあたりから大きな石が見つかることがあります。
抱石葬(ほうせきそう・だきいしそう)と呼称され
死者の再帰を防ぐといった意味に解釈されていますが
実は別の意味があるのではないか、と個人的に感じる例が
北海道の高砂貝塚にありました。
9歳前後のこどもが埋葬されていたG8号墳墓です。

緑色凝灰岩を抱き、
ベンガラも散布されていました。

まるでこの世に生き返ることを望むために置かれた石、
あるいは死後の世界で元気に生きてほしいと願い込めて置かれた石
そのように感じられてなりません。
長い時を経ても、その9歳のこどもの親心が
今に伝わってくるようです。


詳しくはこちらに書きました。

Lana-Peaceエッセイ
アート・歴史から考える死生観とグリーフケア
9歳のこどもが胸に抱いた石
(北海道虻田郡洞爺湖町・高砂貝塚)
http://www.lana-peace.com/2/2-4-087.html
http://www.lana-peace.com/2/index.html

「ローズマリー」「コモンタイム」

今日は「ローズマリー」と「コモンタイム」のご紹介。

病気で外に遊びに行けないお子さんに
見せてあげたいなと思ってのせました。

けいこかふぇ
「いっしょにあそぼ おはな・しょくぶつ」ろーずまりー
http://www.keiko-cafe.com/asobo/ohana/rm-1901.html
「いっしょにあそぼ おはな・しょくぶつ」こもんたいむ
http://www.keiko-cafe.com/asobo/ohana/ct-1901.html
http://www.keiko-cafe.com

2019年09月13日

タカクラタツ

今日は「タカクラタツ」のご紹介。

病気で外に遊びに行けないお子さんに
見せてあげたいなと思ってのせました。

けいこかふぇ
「いっしょにあそぼ みずのいきもの」たかくらたつ
http://www.keiko-cafe.com/asobo/mizu/mizu-517.html
http://www.keiko-cafe.com

2019年09月12日

フンボルトペンギン

今日は「フンボルトペンギン」のご紹介。

病気で外に遊びに行けないお子さんに
見せてあげたいなと思ってのせました。

けいこかふぇ
「いっしょにあそぼ とり」ふんぼるとぺんぎん
http://www.keiko-cafe.com/asobo/tori/tori-377.html
http://www.keiko-cafe.com

2019年09月11日

佐賀県大町町「みかんのきもち」とβ-クリプトキサンチン

先月末の豪雨で大雨だけでなく
工場から流出した油の被害も受けた佐賀県杵島郡大町町、
地元の病院の周りに流出した油が迫っていた様子は
本当に心が痛みました。
でも現地で何かできるわけではないので
大町町にふるさと納税を寄付したら
佐賀県大町町ふるさと納税コールセンターから
2日後にお礼のメールが届いて
(それもすごく心あたたまる文面)
返礼品で「みかんのきもち」をいただきました。
DSC02510.JPG

甘酸っぱくてとてもさわやかなおいしいジュースでした。
小さなこどももゴクゴク飲めそうな味です。
佐賀県産のうんしゅうみかんを使った100%果汁で
β-クリプトキサンチン1.16mg(推定値)が入っているそうです。
DSC02512.JPG

「β-クリプトキサンチン」ですって?
それは何?

調べてみるとこちら実は体にとても良いものだそうで
血中のβ-クリプトキサンチンレベルが高くなっている人は
@飲酒による肝機能障害のリスク
A高血糖による肝機能障害リスク
B動脈硬化のリスク
Cインスリンの働きが悪くなる状態のリスク
D閉経女性での骨粗鬆症のリスク
Eメタボリックシンドロームのリスク
F喫煙・飲酒による酸化ストレス等
これらに対して非常に良い働きを示すことが
明らかになっているそうです。

詳しくは日本くだもの農協のHPをご参照になってください。
みかんの産地、静岡県三ヶ日町の住民を対象に
行われた栄養疫学調査の知見です。
医療従事者ではなくても読みやすい内容になっていますよ。
佐賀県産のみかんではないけれど
うんしゅうみかんということでは同じです。

「ミカン大好きな元気な体 健康に役立つβ-クリプトキサンチンのパワー」
国立研究開発法人農業・食品産業技術総合研究機構
果樹茶業研究部門 カンキツ研究領域 主席研究員
杉浦 実
http://kudamono-noukyo.com/cryptoxanthin.html

読んでみると「すごい!」と思うことがたくさんです。
びっくりしたり、見直したり、嬉しくなったり。
常識と思っていたことがそうではなかったり。
古くから長く食べ続けられている食べ物って、
やっぱり意味があるんですね。

β-クリプトキサンチンは日本のうんしゅうみかんに
特徴的に多く含まれているのだそうです。
日本のみかんってすごい!

おいしく、ありがたくいただきます。

藤の花

今日は藤のお花をご紹介。

病気で外に遊びに行けないお子さんに
見せてあげたいなと思ってのせました。

けいこかふぇ
「いっしょにあそぼ き」ふじのきのおはな
http://www.keiko-cafe.com/asobo/ki/ki-452.html
http://www.keiko-cafe.com

2019年09月10日

飛行機が空港に到着した後の働く人々

今日は飛行機が空港に到着した後の働く人々のご紹介。

病気で外に遊びに行けないお子さんに
見せてあげたいなと思ってのせました。

けいこかふぇ
「いっしょにあそぼ のりもの(そら・みず)」
ひこうきがとうちゃくしたら
http://www.keiko-cafe.com/asobo/norimono2/hikoki-32.html
http://www.keiko-cafe.com

2019年09月09日

キリン

今日は「キリン」のご紹介。

病気で外に遊びに行けないお子さんに
見せてあげたいなと思ってのせました。


けいこかふぇ
「いっしょにあそぼ どうぶつ」きりん 1
http://www.keiko-cafe.com/asobo/dobutsu/kirin-1801.html
「いっしょにあそぼ どうぶつ」きりん 2
http://www.keiko-cafe.com/asobo/dobutsu/kirin-1802.html
http://www.keiko-cafe.com

2019年09月07日

4歳のこどもを守り続けた2つの土器と30個の玉―北海道虻田郡洞爺湖町・高砂貝塚

北海道虻田郡洞爺湖町の高砂貝塚から
4歳のこどもの埋葬された墳墓が見つかり
緑色凝灰岩製の30個の小玉が収められた土器が
出土しました。
そのお墓の外側には一段高いところに
張り出し構造が設けられ
そこにも美しい土器が置かれていたのでした。

土器は洞爺湖町の
入江・高砂貝塚館で見ることができます。

当時の人が死後の生を強く信じ
死後の生を生きる我が子を守りたいと思う
親心が切々と伝わってくるようなお墓です。



詳しくはこちらに書きました。

Lana-Peaceエッセイ
アート・歴史から考える死生観とグリーフケア
「4歳のこどもを守り続けた2つの土器と30個の玉」
(北海道虻田郡洞爺湖町・高砂貝塚)
http://www.lana-peace.com/2/2-4-086.html
http://www.lana-peace.com/2/index.html