2020年07月29日

夕暮れ時の富士山

今日は夕暮れ時の富士山のご紹介。

病気で外に遊びに行けないお子さんに
見せてあげたいなと思ってのせました。

けいこかふぇ
「いっしょにあそぼ うみ・やま」ゆうぐれどきのふじさん
http://www.keiko-cafe.com/asobo/yama/yama-25.html
http://www.keiko-cafe.com

2020年07月28日

アジサイ

今日は「アジサイ」のご紹介。

病気で外に遊びに行けないお子さんに
見せてあげたいなと思ってのせました。

けいこかふぇ
「いっしょにあそぼ おはな・しょくぶつ」あじさい 1
http://www.keiko-cafe.com/asobo/ohana/azisai-202001.html
「いっしょにあそぼ おはな・しょくぶつ」あじさい 2
http://www.keiko-cafe.com/asobo/ohana/azisai-202002.html
http://www.keiko-cafe.com

2020年07月27日

ジェフロイクモザル

今日は「ジェフロイクモザル」のご紹介。

病気で外に遊びに行けないお子さんに
見せてあげたいなと思ってのせました。

けいこかふぇ
「いっしょにあそぼ どうぶつ」じぇふろいくもざる
http://www.keiko-cafe.com/asobo/dobutsu/g-kumozaru-191101.html
http://www.keiko-cafe.com

2020年07月24日

封印した涙の訳 ―重い病気のこどもと長く向き合う親の苦しみ

今日も明日もあさっても、
重い病気の我が子のために
いつも頑張る親でありたいと頑張ってきたけれど
そうした緊張の毎日がもう何カ月も続くと
人の心はだんだんバランスを崩していく。

一粒の涙がきっかけとなって、
もう今までの気丈な自分が
どこか遠くへ消え去ってしまいそうな気持ちになる、
泣くことによって今までの自分が歯止めなく崩れてしまいそう、
だから自由な感情や涙を彼女は封印してきたのでした。

その彼女がポロリと流した涙を知った時
ああ、どんなに彼女の苦しみが大きかったのだろうと思いました。
そこに凝縮されてきた時間はとてつもなく膨大な量です。

本人でなければたとえ家族であっても
本当の気持ちなどわからない。
まして第三者、他人には決してわからるなどとは言えない。
だけど、わかってほしいのではなくて
わかろうとしてほしい。
彼女の涙にはそういうメッセージがあるのだと感じました。

彼女が求めているのは同情とか憐憫を寄せるとか
優しい言葉で慰めてほしいとか、そんなことではなくて
我が子の病気に限らず、
困難な中で逃げずに(逃げられずに)
どうにか踏みとどまって頑張ろうとしている
そういう自分の存在と自分の生き様を
誰かに知ってほしい、そういうことなのだと思います。

人間らしく過ごしていくには
涙を封印する呪縛からは解き放っても良いと思います。
泣いたから気丈な自分が消失するわけではありません。
解放して、リセットして。
その繰り返しで前より一段一段ステップアップされていくのだと思います。

その親の軌跡を誰よりも一番近くで見続けているのが
紛れもなくお子さんだから。
人はいろいろ大変なことをどうやって乗り越えていくのか、
そのとても難しくて大切なことを
お子さんは赤ちゃんの頃から親の姿を見て学んでいる。


お子さん、少しずつ元気になっていけますように。

キツネアマダイ

今日は「キツネアマダイ」のご紹介。

病気で外に遊びに行けないお子さんに
見せてあげたいなと思ってのせました。

けいこかふぇ
「いっしょにあそぼ みすのいきもの」きつねあまだい
http://www.keiko-cafe.com/asobo/mizu/mizu-546.html
http://www.keiko-cafe.com

2020年07月21日

バラ「ゴールドバニー」「ソリドール」

今日はバラの「ゴールドバニー」と「ソリドール」のご紹介。

病気で外に遊びに行けないお子さんに
見せてあげたいなと思ってのせました。

けいこかふぇ
「いっしょにあそぼ おはな・しょくぶつ」ばら「ごーるどばにー」
http://www.keiko-cafe.com/asobo/ohana/bara-hikarigaoka200502.html
「いっしょにあそぼ おはな・しょくぶつ」ばら「そりどーる」
http://www.keiko-cafe.com/asobo/ohana/bara-hikarigaoka200502.html
http://www.keiko-cafe.com

2020年07月20日

山本達彦氏 Birthday Concert 2020 〜Welcome To My Party【Streaming+】(2020/7/18)

先週末、都内で開催された山本達彦さんのコンサート
本当は3月だったものが7月に延期開催となりましたが
今回は新型コロナの流行で泣く泣くキャンセルして、
気を取り直してイープラスのストリーミング配信サービス
【Streaming+】の配信閲覧チケットを利用しました。

すごく良かったです!
山本さんはお元気なご様子で
美しい歌声と演奏とそしてユーモアあるあたたかいトークも満載で
当日揃ったミュージシャンの演奏、コーラスもとても良かった!

当日の方々はこちら。
坂本昌之(Key)、福原将宜(Gt)、
海老沼崇史(Ba)、鶴谷智生(Dr)、
本田雅人(Sax,flh,cho)、藤岡友香(Cho)

長く一緒に活動されてきたミュージシャンもいれば
今回初参加の方もいらっしゃって
コンサート終盤では山本さんが
一人一人丁寧に、山本さんがその人のどこを
素晴らしいと思っているか紹介されていて
ベテランの方だけでなく若い方にも
リスペクトされている姿勢がすごくジーンとしました。
こういう一流のアーティストが
活躍できる場が限られてしまうのは
本当に残念なことだと思いますが
ぜひぜひ「ライブ配信」で活動を続けてほしいです。
ソロアルバムを出されている方もいらっしゃるので
あとで聴いてみよう!

会場の音も、照明もきれいでカメラアングルも豊富で
グランドピアノを弾く山本さんの指先の爪から
バックで演奏されているミュージシャンのはにかんだ笑顔まで
もらさず映してくれているから
当日会場には行けなかったけれど臨場感満載でした!
【Streaming+】の配信チケットを購入したら
期間中何度も見ることができるので
何回も見てしまいました!
これは配信サービスの醍醐味です。

山本さんは原曲から様々なテイストでアレンジされることが
本当に才能豊かなのだけれど、
特に本田雅人さんとの掛け合いでは
存分に素敵な大人の世界が存分に広がっていました。

そして大好きな山本さんのアルバム「Lost hour」で
全曲編曲を手掛けられていた坂本昌之さんが
キーボードで参加されていたので
「この方だったんだー!」とまた嬉しい!
途中、ハプニングにも動じないで
落ち着いた坂本さんのキーボードの音色が
その場の雰囲気をうまく引っ張って良かったです。

山本さんは沈んだ世の中を
少しでも音楽で元気づけたい、と思って
精一杯歌うとおっしゃっていましたが
言葉通りのとても上質な波動に充ちた時間でした。

山本さんは今こうした世の中だけれども
自分の人生を今迄以上にしっかり歩んでいきたい
自分が気持ちをしっかりもってステージで歌い、
人々がそこに何かを感じてもらうことが
自分の持って生まれた何かだと思うとも
おっしゃっていました。

逆境の時にその人の真価がはっきりと見えてくるのだと思う。
素敵な充電時間をありがとう。

いつまでもお元気で
山本さんの望む音楽が追及できますように。
posted by Lana-Peace at 14:17| アート / 歴史 音楽

カラフトフクロウ

今日は「カラフトフクロウ」のご紹介。

病気で外に遊びに行けないお子さんに
見せてあげたいなと思ってのせました。

けいこかふぇ
「いっしょにあそぼ とり」からふとふくろう
http://www.keiko-cafe.com/asobo/tori/tori-394.html
http://www.keiko-cafe.com

2020年07月17日

ハチジョウキブシ

今日は「ハチジョウキブシ」のご紹介。

病気で外に遊びに行けないお子さんに
見せてあげたいなと思ってのせました。

けいこかふぇ
「いっしょにあそぼ き」はちじょうきぶし
http://www.keiko-cafe.com/asobo/ki/ki-504.html
http://www.keiko-cafe.com