2018年09月16日

安部恭弘氏 スペシャル・アコースティック・ライブ!"SEPTEMBER VALENTINE on 35th" 〜ストリングス・カルテットと共に〜(2018/9/14・渋谷)

一昨日、東京 渋谷で開催された安部恭弘さんのライブに行ってきました。

KIMG0257.JPG

KIMG025812.jpg

吉池千秋さんのEUBのリードで
「わ、これ何?何?」と思ったら
高橋結子さんのパーカッションが重なって
続いて重久義明さんのキーボード、松田靖弘さんのフルートで
始まったイントロでもう、会場の空気感が一気に変わって
そして安部さんのボーカル「サヨナラが聴こえる雨」。

いやー、もう大人の鑑賞に十分な
格好良さだったなあ。。。
アンコール3回含めて全19曲、
途中Moment String Quartetも加わって、
とっても素敵な時間でした!

今回ライブのタイトルにもなっていた
「セプテンバー・バレンタイン」は
安部さんの歌声とアコースティックギターに
バイオリンの音色がとても切なく絡んで映画音楽のようでした。

そして現在安部さんが取り組んでいらっしゃる新しいアルバムの中から
1曲歌われました。「君だけなんだ」(たぶんそういう題と思います)
優しい安部節でした。しみじみと。

ライブの音はいつもCDよりも断然極上だと思うのだけど
当日、安部さんがお話されていた内容で納得しました。
CDにプレスする時2万ヘルツ以上の音はカットされてしまうんだそうです。
でも実はそこに不思議なエネルギーがあるのではないかと。
そして安部さんは、CDより音質が良いというアナログのレコードは
板を削っていくときに音楽の神様がいろんな要素を入れて
削っているんじゃないかなあとお話されてました。
ライブ会場の生演奏では音がカットされないでそのまま聴くことができるから
良いわけですね。

もちろん本人がそこにいる、そういう感動とか
その雰囲気をダイレクトに感じられることも加味されているのだろうけど
確かにライブ会場では、耳でキャッチして脳で認識しているとか
そういった野暮な話は抜きで
身体の細胞に沁みていくなあーって思いました。

安部さんと重久さんのトークの中では
ライブに向けて丁寧に音作りをしてくことが
大変だけど楽しいって話をされていました。
原曲から随分変わったアレンジに挑戦されたり
前回のライブで聴いた同じ曲がまた少し変わったテイストになっていたり
そういう努力された結果を聴けるのって
すごく感動するし、才能を持ちつつ努力も重ねる人って
本当に称賛に値するなあと思います。

今年の夏の猛暑には安部さんもお疲れだったそうですが
でも、これからもお元気に活躍してほしいなあ。
posted by Lana-Peace at 16:46| □ アート いろいろ (音楽)

2018年09月14日

「トランスルーセントグラスキャットフィッシュ」「レモンテトラ(アルビノ)」

今日は透明な身体のかわいいお魚のご紹介。

「トランスルーセントグラスキャットフィッシュ」
「レモンテトラ(アルビノ)」です。

病気で外に遊びに行けないお子さんに
見せてあげたいなと思ってのせました。

けいこかふぇ
「いっしょにあそぼ みずのいきもの」
とらんするーせんとぐらすきゃっとふぃっしゅ
http://www.keiko-cafe.com/asobo/mizu/mizu-447.html

「いっしょにあそぼ みずのいきもの」れもんてとら(あるびの)
http://www.keiko-cafe.com/asobo/mizu/mizu-448.html
http://www.keiko-cafe.com/
posted by Lana-Peace at 08:23| ◎ お散歩気分:動物・魚・鳥・虫

2018年09月13日

東京 上野の不忍池の蓮

今日は東京 上野の不忍池の蓮のご紹介。


病気で外に遊びに行けないお子さんに
見せてあげたいなと思ってのせました。

けいこかふぇ
「いっしょにあそぼ おはな・しょくぶつ」はす 1
http://www.keiko-cafe.com/asobo/ohana/hasu-ueno1.html
「いっしょにあそぼ おはな・しょくぶつ」はす 2
http://www.keiko-cafe.com/asobo/ohana/hasu-ueno2.html
http://www.keiko-cafe.com/
posted by Lana-Peace at 08:17| ◎ お散歩気分:花・植物・木

2018年09月12日

給油車(サービサーとレフューリングカー)

今日は空港で活躍する給油車、
サービサーとレフューリングカーのご紹介


病気で外に遊びに行けないお子さんに
見せてあげたいなと思ってのせました。

けいこかふぇ
「いっしょにあそぼ のりもの(りく)」きゅうゆしゃ (さーびさー)
http://www.keiko-cafe.com/asobo/norimono1/kuruma-97.html
「いっしょにあそぼ のりもの(りく)」きゅうゆしゃ (れふゅーりんぐかー)
http://www.keiko-cafe.com/asobo/norimono1/kuruma-98.html
http://www.keiko-cafe.com/
posted by Lana-Peace at 08:00| ◎ お散歩気分:花・植物・木

2018年09月11日

フンボルトペンギンの赤ちゃん

かわいいフンボルトペンギンの赤ちゃんのご紹介。


病気で外に遊びに行けないお子さんに
見せてあげたいなと思ってのせました。

けいこかふぇ
「いっしょにあそぼ とり」ふんぼるとぺんぎんのあかちゃん 1
http://www.keiko-cafe.com/asobo/tori/tori-344.html
「いっしょにあそぼ とり」ふんぼるとぺんぎんのあかちゃん 2
http://www.keiko-cafe.com/asobo/tori/tori-345.html
http://www.keiko-cafe.com/
posted by Lana-Peace at 07:02| ◎ お散歩気分:動物・魚・鳥・虫

2018年09月10日

「シロボシアカモエビ」「テナガエビ」

今日は「シロボシアカモエビ」と
「テナガエビ」のご紹介。

病気で外に遊びに行けないお子さんに
見せてあげたいなと思ってのせました。

けいこかふぇ
「いっしょにあそぼ みずのいきもの」しろぼしあかもえび
http://www.keiko-cafe.com/asobo/mizu/mizu-468.html
「いっしょにあそぼ みずのいきもの」てながえび
http://www.keiko-cafe.com/asobo/mizu/mizu-479.html
http://www.keiko-cafe.com/
posted by Lana-Peace at 00:22| ◎ お散歩気分:動物・魚・鳥・虫

2018年09月08日

もし自分が健康に生まれていたら……その想定は自分の人生じゃない、と言い切る人

生まれた時から何か大きな病気があったお子さんは
自分の境遇をどう思うのか?
親御さんにとってそのテーマは
なかなか普段、聞きにくいことかもしれません。

ある方がお話してくださいました。
「病気は自分にとっては大変じゃない。」

え?そんなに潔く?
びっくりしました。
だってその病気とはしっかり養生したら治る風邪とか
そんなことではないのですよ。
国から難病指定されているものなのです。
難病なのです。難病。

どうしてそんな風に言い切れるのか尋ねてみたら、
「幼い頃から自分は病気が大前提の人生だったから
もし自分が健康に生まれていたら、といった想定も
それは自分の人生とは違うものだから。」

彼女はそれをさらっと、笑顔で答えてくれました。

第三者の目から見れば、もちろん病気で不便だったり
大変だったことはたくさんあったのだろうと思います。
でも大人になってからそういう風に自分を振り返られる彼女。

それは、その方個人の資質によるものなのか?

彼女は「他人の役に立つことが喜びだ」と仰っていました。
きっと周りから愛情をたくさん受けて育ったのだろうと思います。
そして自分のために誰かが骨を折ってくれたことを
幼い頃からずっと見続けて、心に留めていたのだろうと思います。
そして初志貫徹で他人の役に立つ仕事を選びました。

今は自分の夢の途中で、ちょっと小休止の段階。
「誰かの幸せのために、自分が何ができるか?」
それをずっと考えて走り続けてきた彼女だから
今は自分のためにしっかり充電してほしいです。

これから始まる新しい治療、きっとうまくいく!

2018年09月07日

クリンソウ

今日はサクラソウの仲間のお花
クリンソウのご紹介。

病気で外に遊びに行けないお子さんに
見せてあげたいなと思ってのせました。

けいこかふぇ
「いっしょにあそぼ おはな・しょくぶつ」くりんそう
http://www.keiko-cafe.com/asobo/ohana/kurinsou.html
http://www.keiko-cafe.com/
posted by Lana-Peace at 00:02| ◎ お散歩気分:花・植物・木

2018年09月06日

我が子がくれた自分の生きる意味

初めての子育てに一生懸命だった日々
突然、我が子が一万人に一人の確率の病気だと聞かされて、
彼女のお子さんは大きな手術を受けることになりました。
点滴、ドレーン、モニター、
小さな身体から様々なラインが出ていたけれど、
その中で、どこか触っても大丈夫な場所はないかと
彼女は探したそうです。
そしてやっと見つけた安全な場所は
小さな手の指先だけでした。
彼女はずっと触っていたそうです。
1日10分だけ、直接面会出来る時間に。

そこから数十年経っても当時のことは鮮明に蘇って、
昨日のことのようにお話されていました。
彼女はこう思ったんですって。
ひたむきに頑張っている我が子の姿を見て
この子はこれから生きていく子なんだから
この子のために頑張らなくちゃ、と。
自分は人としてちゃんと生きなくちゃ、と。

自分はこどもに生かされている、
そう思ったそうです。
そして小さくても頑張る我が子を
心の底から「すごい子だな」って称賛する気持ちは
我が子が大人になってからも変わっていないそうです。

そういう風にお子さんと共に時を過ごしてきた彼女は
我が子にこれから始まる新しい治療に大きな期待を寄せていました。
もうそこから5年くらい先の未来も見据えて。

一生懸命な「今」をしっかり見届けている人は
自分たちが望む未来を確実に引き寄せる力がある、
静かに流した彼女の涙に、そう思いました。

新しく始まる治療、きっとうまくいく!

サルスベリ

夏の暑いさなかに花をつける
サルスベリ、とても元気が良いですね。
白とピンクの花のご紹介です。

病気で外に遊びに行けないお子さんに
見せてあげたいなと思ってのせました。

けいこかふぇ
「いっしょにあそぼ き」さるすべり 1
http://www.keiko-cafe.com/asobo/ki/ki-409.html
「いっしょにあそぼ き」さるすべり 2
http://www.keiko-cafe.com/asobo/ki/ki-410.html
http://www.keiko-cafe.com/
posted by Lana-Peace at 12:02| ◎ お散歩気分:花・植物・木