2019年12月23日

ネガティブ一直線の歩みを止めて新たに生まれ変わった母

出産は女性の心身に本当に大きな変化をもたらします。
喜び、嬉しさ、感動、そうした気持ちで
いっぱいになる人ばかりではありません。
彼女はネガティブな方向に心が沈み込んでしまい、
どうにも引き上げられなくてどんどん追い詰められていった。
そして追い打ちをかけるかのように医師から聞かされたのは
お子さんがいくつもの病気の可能性がある、という話だったのでした。

こんなに辛い気持ちならもう何もかも終わらせたい
そこまで思った彼女の心を引き留めることができたのは
ICUで横たわっていた我が子の姿でした。
自分の気持ちとは裏腹に
病気という事実も何も知らない我が子。
頑張って生きていた我が子。

そしてご主人の言葉は彼女の周りを
泥のようにひたすら覆っていたネガティブな感情を
少しずつ洗い落していったのでした。

自分は周囲から必要とされた存在である。

ご主人の言葉から彼女はそう気付くことにより
ネガティブな階段を降り続けることを
止めることができたのでした。

そしてようやくありのままの今の自分を
肯定することができて
我が子を守っていこう、
そういう気持ちになれたのだそうです。

どうしてネガティブな感情一直線に進んでいくのか、
その極端さは本人にしかわからないものです。
決して周りが容易に理解できるようなものではありません。
でも逆に考えてみれば、周りが理解できないほど
それほど辛い時間を彼女が送ってきたということでもあるのです。

引き返すことができて良かった。
誰かに無理やりネガティブな歩みを阻止されるのではなく
自分自身の意思でネガティブな歩みを止める。
だからこそ、その決意は強いものになったのでした。
そして底が見えないネガティブ感情の沼から
少しずつ水面まで自分で這い上がっていこうと頑張ってみる。
彼女のそうした静かな力強さに心がじーんとしました。

そしてそして。
母の人生を救ってくれた赤ちゃん。
小さな体でとても大きなお仕事を果たしてくれた赤ちゃん。
すごい!

彼女が赤ちゃんとご家族と
うんと幸せになれますように。

有珠山ロープウェイ

今日は「有珠山ロープウェイ」のご紹介。

病気で外に遊びに行けないお子さんに
見せてあげたいなと思ってのせました。

けいこかふぇ
「いっしょにあそぼ のりもの(そら・みず)」うすざんろーぷうぇい 1
http://www.keiko-cafe.com/asobo/norimono2/rw-usuzan1901.html
「いっしょにあそぼ のりもの(そら・みず)」うすざんろーぷうぇい 2
http://www.keiko-cafe.com/asobo/norimono2/rw-usuzan1902.html
「いっしょにあそぼ のりもの(そら・みず)」うすざんろーぷうぇい 3
http://www.keiko-cafe.com/asobo/norimono2/rw-usuzan1903.html
「いっしょにあそぼ のりもの(そら・みず)」うすざんろーぷうぇい 4
http://www.keiko-cafe.com/asobo/norimono2/rw-usuzan1904.html
http://www.keiko-cafe.com

2019年12月20日

ハナゴンドウ

今日は「ハナゴンドウ」のご紹介。

病気で外に遊びに行けないお子さんに
見せてあげたいなと思ってのせました。

けいこかふぇ
「いっしょにあそぼ みずのいきもの」はなごんどう
http://www.keiko-cafe.com/asobo/mizu/mizu-528.html
http://www.keiko-cafe.com

2019年12月19日

エゾヒグマの子熊

今日はエゾヒグマの子熊のご紹介。

病気で外に遊びに行けないお子さんに
見せてあげたいなと思ってのせました。

けいこかふぇ
「いっしょにあそぼ どうぶつ」えぞひぐまのこぐま 1
http://www.keiko-cafe.com/asobo/dobutsu/ezohiguma1903.html
「いっしょにあそぼ どうぶつ」えぞひぐまのこぐま 2
http://www.keiko-cafe.com/asobo/dobutsu/ezohiguma1904.html
「いっしょにあそぼ どうぶつ」えぞひぐまのこぐま 3
http://www.keiko-cafe.com/asobo/dobutsu/ezohiguma1905.html
「いっしょにあそぼ どうぶつ」えぞひぐまのこぐま 4
http://www.keiko-cafe.com/asobo/dobutsu/ezohiguma1906.html
http://www.keiko-cafe.com

2019年12月18日

医療者ではない親が無力感に駆られる時

お子さんがICUに入るような重症で
限られた時間しか面会に会えなくて
忙しそうに働く医療従事者に囲まれた我が子を見ると
自分はこの子に何もしてあげられないって
無力感に駆られること、きっとあるでしょう。
あるお父様がおっしゃっていました。
自分は医者ではないから
我が子に何も治療をすることはできないけれど
重症であっても治療できる環境に
我が子を連れてくることができた。
治療できる医療者たちに巡り合うチャンスを
我が子のためにこうしてつかむことができた。

そこに感謝するのだと。

そして自分に課せられた辛い時間も乗り切れば
きっとこの先、何か別の形でその経験が生きてくるのだと。
今は何もできなくても
親として何かできる場面を迎えた時に
辛さの中で考えたことが活かせるのだろう。
彼はそう語っていました。


一見、周りから見たら辛すぎて逃げ出したいような時間。
でもその中で一回り大きく成長している
現在進行形の若い父親がいる。
朴訥と語る彼の姿に心がジーンとしました。

お子さん、きっと元気になりますように。
パパと楽しく遊べる時間が
再び戻ってきますように。

「ビロードモウズイカ」「ハナスゲ」「イブキトラノオ」

今日は「ビロードモウズイカ」「ハナスゲ」
「イブキトラノオ」のご紹介。

病気で外に遊びに行けないお子さんに
見せてあげたいなと思ってのせました。

けいこかふぇ
「いっしょにあそぼ おはな・しょくぶつ」びろーどもうずいか
http://www.keiko-cafe.com/asobo/ohana/v-mouzuika1901.html
「いっしょにあそぼ おはな・しょくぶつ」はなすげ
http://www.keiko-cafe.com/asobo/ohana/hanasuge1901.html 
「いっしょにあそぼ おはな・しょくぶつ」いぶきとらのお
http://www.keiko-cafe.com/asobo/ohana/ibukitoranoo1901.html
http://www.keiko-cafe.com

2019年12月17日

ケープペンギン

今日は「ケープペンギン」のご紹介。

病気で外に遊びに行けないお子さんに
見せてあげたいなと思ってのせました。

けいこかふぇ
「いっしょにあそぼ とり」けーぷぺんぎん 1
http://www.keiko-cafe.com/asobo/tori/tori-384.html
「いっしょにあそぼ とり」けーぷぺんぎん 2
http://www.keiko-cafe.com/asobo/tori/tori-385.html
「いっしょにあそぼ とり」けーぷぺんぎん 3
http://www.keiko-cafe.com/asobo/tori/tori-386.html
「いっしょにあそぼ とり」けーぷぺんぎん 4
http://www.keiko-cafe.com/asobo/tori/tori-387.html
http://www.keiko-cafe.com

2019年12月16日

いろはもみじ

今日は「いろはもみじ」のご紹介。
病気で外に遊びに行けないお子さんに
見せてあげたいなと思ってのせました。

けいこかふぇ 「いっしょにあそぼ き」いろはもみじ

2019年12月14日

台風被害の後の倒木の再利用(千葉市動物公園)

先日千葉市動物公園に出かけたのですが
保育園児や小学生のこどもたちが
遠足でたくさん遊びに来ていて
それはもうとっても賑やかでした。
さて、2019年の秋の台風は千葉市をかなり直撃して
千葉市動物公園でも台風15号によって
園内の木々が随分倒れてしまったそうです。
それらを鳥たちの止まり木にしたり
鳥たちが歯を調整したり、かじって遊べるように
再利用しているそうです。

IMG_3459.JPG

再利用された木はインコの身体や心の健康管理に
一役買っているってわけですね。
IMG_3440.JPG
posted by Lana-Peace at 08:12| アート / 歴史 公園・庭園

2019年12月12日

夕映えの大嘗宮(2019/12)

天皇即位に伴う大嘗祭が行われた
大嘗宮の一般参観に
先週、行ってきました。
当日はとても多くの人。

お昼から行ったけれど
実際に見ることができたのは夕方でした。
夕映えの大嘗宮はとっても美しかった。

ということで本日は大嘗宮一般参観のご紹介です。

私は地下鉄桜田門駅出口の近くにある
旧江戸城 外桜田門から入場しました。
こちらの現存する門は寛文3(1663)に
再建された門がもとになり、
大正12(1923)の関東大震災で破損して
復元されたものだそうです。

IMG_4730.JPG

IMG_4733.JPG

次は皇居の正門にあたる正門石橋。
奥には正門鉄橋があるそうですが、
なかなか見えません。
現地看板によると正門鉄橋はかつて木橋で
その下に橋桁を支えるもう1つの橋があり
二重にかけられたことから
二重橋と呼ばれているそうです。

IMG_4736.JPG

IMG_4735.JPG

IMG_4739.JPG

いよいよ皇居東御苑へ進みます。
IMG_4755.JPG

木々の色づいた葉がきれいでした。
こちらはオオモミジ。

IMG_4790.JPG

こちらは現地で当日配られた資料です。
もう日本語版はないからということで
英語版資料を配布されました。
上から見るとこういう配置になっているそうです。

IMG_4758.JPG

参観エリアの列に向かう途中にあった石室。
IMG_4820.JPG

こちらは火事など非常の際に
江戸城本丸御殿の大奥用の調度品等を
避難させた場所と考えられているそうです。

中はしっかり整然とした石積みのスペースです。
IMG_4821.JPG

警備の方からは2時間待ちと言われながらも
いよいよ長蛇の列の1人になりました。
ああ、大嘗宮はまだまだはるか遠く。

少し陰り始めた日差しが本丸大芝生を照らします。
IMG_4833.JPG

沿道の木々はとてもきれい。
IMG_4853.JPG


長い時間を遡れば、こうした儀式が
初めて執り行われた昔の時代に
辿りつくのだなあ等と想像してみたり。

そしてようやく、近づいてきました。
IMG_4888.JPG

IMG_4899a.JPG

IMG_4859.JPG

IMG_4895.JPG

IMG_4938.JPG

IMG_4943.JPG

IMG_4944.JPG

IMG_4944a.JPG

IMG_4915.JPG


IMG_4947.JPG

IMG_4951.JPG

IMG_4964.JPG

IMG_4959.JPG

IMG_4990.JPG


IMG_4988.JPG

IMG_4976.JPG

IMG_4985.JPG

IMG_4983.JPG

IMG_4983a.JPG

IMG_4983b.JPG

IMG_4973.JPG

IMG_4958.JPG

IMG_4960.JPG

廻立殿は敷地内の大行列の参観列から
外れたエリアからよく見えました。

IMG_5001.JPG

IMG_5002.JPG

IMG_4999.JPG

IMG_5003.JPG

IMG_5000.JPG

IMG_5007.JPG

自然の素材を活かした作りの建造物は
とても美しい品があるものでした。

これらの建設に携わったのは清水建設。
今年7月下旬から着工されたようですが
まさに台風の時期に工事作業が
目白押しだったということですね。
伝統工法に則った木造建築工事を
事故や損傷なく期日までに進めることは
どれほど大変なことだっただろうと思います。


IMG_5022.JPG

さて参観を終えた後
こちらは江戸城天守台の向かいにあった「桃華楽堂」
香淳皇后の還暦記念として建設された
音楽堂だそうです。
空からみたら屋根がとってもかわいいですね。きっと。
夕日に美しく照らされていました。
IMG_5016.JPG

平川門から出ると平川濠の水面に
国立古文書館そばの木々の葉が映って
きれいでした。
IMG_5045.JPG


今が平和だからこういう時間が過ごせるんだなあと
しみじみ感じた夕暮れ時。
posted by Lana-Peace at 04:18| アート / 歴史 いろいろ