2018年01月22日

2018年01月21日

泣いても治るわけじゃないから…

お子さんが1万人に1人の確率の病気だと
もしも医師から言われたら
「どうして我が子が……」と
信じられない気持ちと愕然とする思いが交錯することでしょう。
初めはその事実が受け止めきれなくて
どうして、どうしてと涙で自問自答を繰り返したお父様。

でも、いつしか「どうして?」と考えなくなったのだそうです。

「泣いても治るわけじゃない。
 じゃあどうしたら治るか、それを考えるようになった。」

誰かに言われたわけでもない。
こうしろ、ああしろと押し付けられたわけでもない。
自分で自然に。
苦悩の時間を重ねて、涙が枯れるほど泣いたから
そういう境地に達したのかもしれない。

そのお父様、とても凛としていました。
悩んで、落ち込んで
見つけ出した道だから、
生まれてきた強さなのだと思う。

仕事でどんなに忙しくて、大変で、疲れていても、
家にいる時は、こどもに向き合う時間を大事にするのだそうです。

「仕事で外に出ている間、こどもの世話をしているのは妻ですから」

はにかむような笑顔でそうおっしゃったお父様。
そんな風に普段自分の知りえない奥様の大変さも
ちゃんと考えていたわる気持ちがあるお父様。
強さの裏には大きな優しさがいっぱいです。


新しい治療、きっとうまくいく。
あなたが元気になっておうちに帰ってくることを
お兄ちゃんも待っているからね。
そしておうちに帰ってきたら
お兄ちゃんは、お気に入りの絵本を
あなたにいっぱい読んでくれるよ。
お母さんやお父さんがお兄ちゃんに読んでくれたように。
あなたに読んでくれるよ。
どうか元気になりますように。

2018年01月19日

バラ「アイズフォーユー」「ウィンダミア」「ジャスト・ジョーイ」

イギリス作出のバラの花のご紹介。
「アイズフォーユー」「ウィンダミア」「ジャスト・ジョーイ」です。

病気で外に遊びに行けないお子さんに
見せてあげたいなと思ってのせました。

けいこかふぇ
「いっしょにあそぼ おはな・しょくぶつ」ばら「あいずふぉーゆー」
http://www.keiko-cafe.com/asobo/ohana/bara-hikarigaoka154.html
「いっしょにあそぼ おはな・しょくぶつ」ばら「うぃんだみあ」
http://www.keiko-cafe.com/asobo/ohana/bara-hikarigaoka155.html
「いっしょにあそぼ おはな・しょくぶつ」ばら「じゃすと・じょーい」
http://www.keiko-cafe.com/asobo/ohana/bara-hikarigaoka156.html
http://www.keiko-cafe.com/
posted by Lana-Peace at 12:52| ◎ お散歩気分:花・植物・木

2018年01月18日

ハートマンヤマシマウマ

ハートマンヤマシマウマは
胸とお腹は白いけれど
それ以外はとっても見事な白と黒の縞模様。
自然の作り出す技って本当に不思議ですごい。
神奈川県川崎市の夢見ケ崎動物公園にいたよ。
無料の動物園だから、
お散歩に来ていた小さいこどもたちもいっぱい!


病気で外に遊びに行けないお子さんに
見せてあげたいなと思ってのせました。

けいこかふぇ
「いっしょにあそぼ どうぶつ」はーとまんやましまうま 1
http://www.keiko-cafe.com/asobo/dobutsu/h-yamashimauma1.html
「いっしょにあそぼ どうぶつ」はーとまんやましまうま 2
http://www.keiko-cafe.com/asobo/dobutsu/h-yamashimauma2.html
http://www.keiko-cafe.com/
posted by Lana-Peace at 00:20| ◎ お散歩気分:動物・魚・鳥・虫

2018年01月17日

トーマスランドエクスプレスバス

富士山駅と河口湖駅で見かけたトーマスランドエクスプレスバス。
バスタ新宿に向けて走る高速バス。
バスの車体にトーマスと仲間たちがいっぱい!

こんなバスがいっぱい走っていたら
町の中が楽しくなっちゃうね。

病気で外に遊びに行けないお子さんに
見せてあげたいなと思ってのせました。

けいこかふぇ
「いっしょにあそぼ のりもの(りく)」とーますらんどえくすぷれす
http://www.keiko-cafe.com/asobo/norimono1/kuruma-89.html
http://www.keiko-cafe.com/

posted by Lana-Peace at 15:47| ◎ お散歩気分:乗り物

2018年01月16日

覚悟が生み出す新たな境地

医師からお子さんの病状について厳しい説明が行われた時
親御さんは頭の中が真っ白になってしまうけれども
でも、たとえばその話によって自分が潰されてしまうのではなくて
そこから親御さん自身が気持ちを仕切り直しするって大事ですね。

医師の説明に対して「とても自分はそういう見方を納得できない。
もっと違う見方があるんじゃないか?」
そんな気持ちが沸々と湧き上がるってくるのも事実。
でも医師の説明を全面否定するというわけではなくて
「ある視点から見たらそういう見方(可能性も)もあるんだな」と
淡々とそう考えて、「そんなに悪いんだったら、
今この状況で幸せになるためにはどういうことができるか?」という
考え方を持つことは、自分の潰れそうな心のバランスを保つうえで
必要なことかもしれません。

あるお母様が教えてくれました。
「陰の覚悟を持つと、陽の覚悟ができる」のだと。
名言だなあと思いました。


医師の説明によって「命は有限である」という事実に
あらためて気付かされ、ふと我に返った時
じゃあ、自分たちに残された為すべき、目指すべきことは
「もっと幸せになること」
そんな風に大切なものがはっきりしてくると
雑踏の中に突然放り込まれたような気持ちから
いつしか静寂と光が訪れるのかもしれない。
そして前向きな境地が開けてくるのかもしれない

そして今手の中にある幸せ、
うっかり見過ごしてしまう小さなものまでもが
とてもよく実感できるのだろうと思います。


そのお母様、優しさと凛とした強さが同居しているのは
陰の覚悟と陽の覚悟のおかげなのかもしれない…と思いました。

お子さんとご家族にもっともっと幸せが感じられる時間が
増えますように…。

朝日を浴びた富士山

朝日を浴びた富士山は
ちょっとピンクできれいでした。
太陽のなせる技は本当にすごいなあ。

病気で外に遊びに行けないお子さんに
見せてあげたいなと思ってのせました。

けいこかふぇ
「いっしょにあそぼ うみ・やま」あさひをあびたふじさん
http://www.keiko-cafe.com/asobo/dobutsu/markhor.html
http://www.keiko-cafe.com/
posted by Lana-Peace at 12:30| ◎ お散歩気分:空・海・山

2018年01月15日

ハクセキレイ

黒と白の羽の色のハクセキレイ。
黒と白の床の上をちょこちょこちょこっと歩くと、
遠くからもよくわかるよ。

寒くても元気元気!

病気で外に遊びに行けないお子さんに
見せてあげたいなと思ってのせました。

けいこかふぇ
「いっしょにあそぼ とり」はくせきれい
http://www.keiko-cafe.com/asobo/tori/tori-297.html
http://www.keiko-cafe.com/
posted by Lana-Peace at 07:06| ◎ お散歩気分:動物・魚・鳥・虫

2018年01月13日

天国の砂

精一杯頑張って、旅立った後のお子さん、
何年たっても、その悲しみが色あせることは決してないけれど
あなたは決して一人ぼっちじゃないから。

あなたの心に辛さや苦しみの穴が開くたびに
お子さんは天国から急いでやってきて
天国の砂を穴にせっせと詰めてくれているはずだから。
あなたが元気になった時には消えてしまう天国の砂。

だから、悲しい時はうんといっぱい泣いて
その後は、お子さんがリュックにいっぱい砂を詰めて
スコップ持って、あなたの所にやってくること想像してね。



Rちゃん、ママのことしっかり守ってね。

2018年01月12日

食がもたらす自信と笑顔

食べた物は身体を作る、その事実はとても当たり前のことだけど
お子さんの病気の治療中、その影響で食欲が落ちてしまって
なかなか食が進まない時の親御さんの心は
一口、一口にはらはらしてしまいます。
あと、もう一口食べてくれたらなあ。。。

そんな思いで病院の栄養士に相談したお母様。
お子さんが食べれそうなメニューに変わって
お子さんがそれを食べたことを、嬉しそうにお話されていました。
大事ですね。専門職への相談は。
食べ物の持ち込みが許可されていない入院施設では
病院から出される食事は文字通り、こどもにとって、命をつなぐもの。
もちろん栄養満点の点滴はあるだろうけれど
やっぱり、自分の口から食べる食事は格別だものね。
栄養だけでなく「今日は食べれたぞ」っていう自信を
生み出してくれるものね。
お母様が一歩、踏み出したことによって
栄養状態の改善だけでなく、お子さんの自信ややる気を
促してくれることにつながるものね。
昨日と違う今日、そういう自分にお子さんは
気付けるものね。


食は基本。
だけど、案外ないがしろにされがちかもしれない。
どんな治療をするか、新しい薬を使うか……
そういうことばかりに気をとられてしまうけれども、
食べて、寝て、遊んで、学んで
こどもはそうして大きくなっていく。

あるお母様のお話を伺って
その基本中の基本に立ち返ることができました。


新しい治療、きっとうまくいく!
あなたが元気になることを、みんな応援しているよ。
元気になったらトーマス乗りに行かなくちゃね!
リンク集
link-1.jpg" target="_blank">link-1.jpg