2018年06月02日

子亡き後の心の穴を感謝で埋める母

お子さんが亡くなった後、
開いてしまった大きな大きな心の穴。
その穴を抱えながらどうやって生きていけばいいんだろう…
そう途方に暮れるご両親は多いことでしょう。

あるお母様、こうおっしゃっていました。
わーっと思いきり泣いた後に
悲しみで開いた穴を感謝で埋めるのだと。

感謝で埋める?
それはまずはお子さんへの感謝。
重い病気でも一生懸命頑張って生きたね、そういう感謝。
そのあなたの姿に私達親はとても心動かされたよ、そういう感謝。
そしてもう1つの感謝、それは
そのお子さんを取り巻く医療従事者達への感謝。
あんなこと、こんなこと
いろんな場面で医師が、看護師が
そして病室のお掃除で出入りしていたスタッフの人にも
心を向ける感謝。
我が子のためにいろんな形でいろんな人が
関わってくれたのだなあという感謝。

そのすべてがそのお子さんの人生を彩る
まさに1コマ、1コマだから。
それを丁寧に思い起こすことによって
穴が少しずつ埋められていくということ。

彼女からそのお話を伺った時
心の中でしとしと雨が降るような気がした。

そうかあ・・・
愛おしむように、思い出す我が子の人生。
それは短かったかもしれないけれど
そこには数えきれないほどの場面が
ちりばめられている。

彼女はご主人の選んでくれたお子さんの写真と共に
いつもお出かけするそうです。

今迄入院でお出かけが不自由だった分
こんどは身軽になったお子さんの魂と一緒に
あっちにも、こっちにも出かけて
幸せの波動で心の中を満たしてほしい。
それはお子さんの魂にもすぐに伝わるのだから。

2018年06月01日

可能性を掴み取ろうと決めた父

お子さんが重い病気と言われたら、
親御さんはどうにかして治る手段はないかと
頭を悩ますところですね。
医師からいろいろ説明を受けて、
その中で我が子には何が一番良いのか?
でもそこに副作用は、後遺症はないのか?

いろいろ、いろいろ考えて
起こる確率がほんのわずかなことであっても
心配が拭えなくて、一歩をなかなか踏み出せない。

そんな時、あなただったらどうしますか?


先日あるお父様がおっしゃっていました。
治るための選択肢があるなら
その可能性を潰したくないと。

心配を数え上げたらきりがないけれど
でもどういう状況になっても
治る希望を掲げて、みんなで一緒に頑張っていきたいんだ、と
そうおっしゃっていました。
バラバラじゃなくて、一緒に。
今迄そのお子さんを守るために
本当にご家族みんなで一緒に頑張ってきたから
ここで崩れたくないんだと。


進んでみなければわからない。
そしてもし望まないような副作用が起こっても
決してなすすべがないのではなくて
必ずどうにか軽減、好転させるすべはある。
医師は多くの努力と経験を
積み重ねてきているのだから。

そして、何より一番なのは
いくつもの大変だった状況を乗り越えて
今、新しい治療を始めようとするそのステージまで
お子さんがたどり着けたという事実。

これまでの厳しかった道のりを考えたら、
そのお子さんは限りなく、果てしなく
力強い生命力を秘めているって確信します。


新しい治療頑張ろうね。
パパはあなたのために心を決めたよ。
新しい治療と共に、可能性にかけてみようと。
ママもお姉ちゃんもあなたのことを応援しているよ。
おじいちゃんも、おばあちゃんも。
みんな、みんな。

きっと元気になるね!

奥ゆかしい函館バス「すみません回送中です」

バスを待っている間、向こうの方からバスがやってくると
もしかして、自分が待っていた行き先のバス?と
嬉しくなるけれど、違う行き先だと分かったら
ちょっとがっかり。
回送中、だったりすると
ますますがっかり。

でも函館の街の中を走るバス
こんなに奥ゆかしいバスで、びっくり。
「すみません回送中です」って。

DSC05540.JPG

DSC05542.JPG

DSC05542a.JPG

ひらがなを読める観光客が見たら
相当びっくりするだろうなあ。
日本のバス、わざわざ「すみません」って表示することを。
他にもそういう地域のバス、あるのかしら?
少なくとも東京の都バス、関東バス、小田急バス、
東急バスではそういう表示見たことないです。私は。
もしくは私が見落としているだけなのか?
posted by Lana-Peace at 00:17| □ アート いろいろ (街の中)

バラ「宴」「レッドクイーン」「レッドデビル」「ムンステッド・ウッド」「ダブル・デライト」

本日は赤いバラのご紹介。
「宴」
「レッドクイーン」
「レッドデビル」
「ムンステッド・ウッド」
「ダブル・デライト」です。

病気で外に遊びに行けないお子さんに
見せてあげたいなと思ってのせました。

けいこかふぇ
「いっしょにあそぼ おはな・しょくぶつ」ばら(うたげ)
http://www.keiko-cafe.com/asobo/ohana/bara-hikarigaoka2018-01.html
「いっしょにあそぼ おはな・しょくぶつ」ばら(れっどくいーん)
http://www.keiko-cafe.com/asobo/ohana/bara-hikarigaoka2018-02.html
「いっしょにあそぼ おはな・しょくぶつ」ばら(れっどでびる)
http://www.keiko-cafe.com/asobo/ohana/bara-hikarigaoka2018-03.html
「いっしょにあそぼ おはな・しょくぶつ」ばら(むんすてっど・うっど)
http://www.keiko-cafe.com/asobo/ohana/bara-hikarigaoka2018-04.html
「いっしょにあそぼ おはな・しょくぶつ」ばら(だぶる・でらいと)
http://www.keiko-cafe.com/asobo/ohana/bara-hikarigaoka2018-05.html
http://www.keiko-cafe.com/
posted by Lana-Peace at 00:15| ◎ お散歩気分:花・植物・木

2018年05月31日

「ニシトビ」「トビ」

今日は鳥の「ニシトビ」と「トビ」のご紹介。

病気で外に遊びに行けないお子さんに
見せてあげたいなと思ってのせました。

けいこかふぇ
「いっしょにあそぼ とび」にしとび
http://www.keiko-cafe.com/asobo/tori/tori-306.html
「いっしょにあそぼ とび」とび
http://www.keiko-cafe.com/asobo/tori/tori-316.html
http://www.keiko-cafe.com/
posted by Lana-Peace at 08:20| ◎ お散歩気分:動物・魚・鳥・虫

2018年05月30日

古い函館の地図が描かれた自動販売機(北海道函館市)

以前アメリカ人から「自動販売機は平和の象徴だ」と
言われたことがありました。
日本はあちこち自動販売機があるけど
なんでそんなに無防備にいっぱいあるんだ?と。
そのアメリカ人の目には商品とお金が入っている自動販売機が
野ざらし、放置されているように映るんだそうです。

さてその自動販売機、外装のご当地バージョン
今日のご紹介は函館版です。
函館開港150周年を記念したもの。
函館駅から朝市方面に向かうところに設置されていました。

DSC02581.JPG

古い地図が描かれています。
DSC02582.JPG

こちらは函館山エリア。立待岬、函館公園です。
DSC02582a.JPG

posted by Lana-Peace at 09:40| □ アート いろいろ (街の中)

メダマカレハカマキリ

今日は枯葉そっくりのメダマカレハカマキリのご紹介です。

病気で外に遊びに行けないお子さんに
見せてあげたいなと思ってのせました。

けいこかふぇ
「いっしょにあそぼ むし」めだまかれはかまきり
http://www.keiko-cafe.com/asobo/mushi/mushi-229.html
http://www.keiko-cafe.com/
posted by Lana-Peace at 09:39| ◎ お散歩気分:動物・魚・鳥・虫

2018年05月29日

元気なイカのマンホール(北海道函館市)

函館市の魚「イカ」がデザインされた「雨水」のマンホール。
DSC02564.JPG

愛らしい表情のイカの背後には勢いある波も再現されています。
DSC02565.JPG

こちら雨水のマンホールですが、カラーです。
DSC04698.JPG

函館市企業局入口にあった見本はこちら。
DSC04768.JPG

「ニホンカモシカ」「マーコール」

今日はウシ科の動物
「ニホンカモシカ」と「マーコール」のご紹介。

病気で外に遊びに行けないお子さんに
見せてあげたいなと思ってのせました。

けいこかふぇ
「いっしょにあそぼ どうぶつ」にほんかもしか
http://www.keiko-cafe.com/asobo/dobutsu/nihonkamoshika2.html
「いっしょにあそぼ どうぶつ」まーこーる
http://www.keiko-cafe.com/asobo/dobutsu/markhor2.html
http://www.keiko-cafe.com/
posted by Lana-Peace at 08:14| ◎ お散歩気分:動物・魚・鳥・虫

2018年05月28日

かわいいイカのポスト

函館駅の「函館本線0マイル地点記念碑」の横にありました。
イカのポストです(函館市若松町 ポスト番号000134)。

DSC02577a.JPG

DSC02577.JPG
ちゃんとポストとして働いています。
函館中央郵便局によって平日3回、土曜日3回、休日2回に取集されます。

DSC02580.JPG

2014年11月に函館臥牛ライオンズクラブにより寄贈されたものだそうです。

ところでこのイカのポスト
何だか妙に懐かしいような気分になってしまいます。
たぶん「カリメロ」を思い出すから?
50歳前後の大人が見ると懐かしい、
卵の殻を被ったあのひよこちゃん。カリメロ。
posted by Lana-Peace at 00:06| □ アート いろいろ (街の中)