2019年11月28日

大塚・歳勝土遺跡(神奈川県横浜市)

古い写真を整理していたら、
ブログでご紹介し忘れていた遺跡公園の写真が
いくつか出てきたので
ご紹介しようと思います。

こちらは2018年3月に訪れた神奈川県横浜市の
大塚・歳勝土(さいかちど)遺跡公園です。
一部の遺構の直上に復元されているところが
なかなかのポイントと思うので今日はご紹介です!

こちら無料で入場できます。
とてもきれいに整備されています。
歴史の見学というよりも公園として
のんびり散策、遊ぶ、といった形で
利用している小さなお子さん連れの家族が
あちこちに見られていました。

DSC00097.JPG

こちらの遺跡は今から2000年前、弥生時代中期に
ここで稲作を始めた人々のムラ(大塚)と
その墓地(歳勝土)を中心とした遺跡です。
DSC09993.JPG

ムラからは85軒の竪穴住居跡と
10棟の高倉倉庫跡が発見されました。
(大塚遺跡)
DSC00022.JPG

弥生時代の遺跡を1.5mの盛り土によって保護し、
遺構の直上に住居を復元したそうです。
断面図を見ると随分しっかりした骨組みです。
弥生時代の建物ってすごいなあと思います。

DSC00034.JPG

DSC00035.JPG

こちらはY-39号住居、
大塚のムラの中でも標準的な大きさの住居です。
DSC00030.JPG
             
DSC00031.JPG

Y-17住居は2回住居の拡張が行われたことが確認されており、
住居には通路と考えられる溝も作られていました。

DSC00028.JPG

復元方法は関東ローム層を掘りこんで作られている住居跡に
合成ゴムと斥候を使用して表面の方を取り、
特殊加工をしたガラス繊維強化樹脂セメント(GRC)で
住居跡の遺構面を再生し、そこに色の調整モルタル、
保護樹脂の塗布を行ったそうです。
DSC00029.JPG

ムラから80mほど離れたところに墓地があり、
25基の方形周溝墓が確認され、
未調査部分も含めて30基前後があると推定されています。
(歳勝土遺跡)
DSC00009.JPG

DSC00015.JPG

DSC00001.JPG


ここでは方形周溝墓の復元時にも遺構面の上に
1.5mの保護盛り土を設けて、
その上に更に復元盛り土で覆われています。
DSC09999.JPG

復元されていたのは
遺跡北西部の5基の方形周溝墓です。
発掘調査によって出土した姿、埋葬当時の姿、
埋葬内部がわかる姿の3通りで復元されていました。

DSC00017.JPG

DSC09994.JPG

DSC00095.JPG

DSC00004.JPG

DSC00012.JPG

こちらは埋葬内部の姿を再現したS-16
方形周溝墓の中央に掘られた四角い穴に
棺が納められていたと考えられています。
DSC00018.JPG

DSC00019.JPG

復元されていない周溝墓の位置には石が埋め込まれて
輪郭が表現されていました。
DSC00010.JPG

大塚・歳勝土遺跡公園の手前にある陸橋を渡ると
徒歩数分で横浜市歴史博物館につきます。
出土物が展示されていました。
センター北駅からも近いので、便利です。

オオゴマダラ

今日は「オオゴマダラ」のご紹介。

病気で外に遊びに行けないお子さんに
見せてあげたいなと思ってのせました。

けいこかふぇ
「いっしょにあそぼ むし」おおごまだら
http://www.keiko-cafe.com/asobo/mushi/mushi-284.html
http://www.keiko-cafe.com

2019年11月27日

加曾利貝塚(千葉県千葉市)

先週、千葉県千葉市の加曾利貝塚に行ってきました。

IMG_4161.JPG

広々した史跡公園になっていて正門から入って
林の中を進むとただいま発掘中の貝塚が登場です!
「これが加曾利貝塚かー!」と感動です。

IMG_4173.JPG

発掘現場のそばには昨年度の発掘調査現地説明会
資料が置かれていました。
休憩をとっていたスタッフの方が
1枚どうぞと渡してくれました。

IMG_4175.JPG

IMG_4176.JPG

今週末には令和元年度の説明会があることも
ご案内してくださいました。
予定があって参加できないので残念ですが。。。

竪穴住居跡の近くに貝がぎっしりと集まった場所がありました。

IMG_4167.JPG

IMG_4172.JPG

IMG_4164.JPG

竪穴住居跡、柱穴が当時の生活を髣髴とさせます。
IMG_4164a.JPG

IMG_4168.JPG

普段は貝塚・遺跡など、知る手段は本や報告書に頼ってしまうけれど
実際の発掘現場にいくと、やっぱり迫力があるなあって思います。

休憩時間を終えて黙々とそれぞれの発掘作業に戻っていた人々の
日に照らされた背中を見ていると、
報告書に書かれていることや発掘物は
こういう人々のおかげなんだなあとしみじみ感じた時間でした。

発掘現場のすぐぞばに資料館があります。
IMG_4237.JPG

みみずく形土偶がありました。
縄文時代後期(安行1式)
加曾利貝塚 東傾斜面北東部 
112号住居跡出土のものです。
丸と点線と曲線だけで素朴に表現されていました。
なんだかあどけないこどもの表情を表しているようにも感じます。

IMG_4233a.JPG

IMG_4233.JPG

公園内には貝塚関連の見学場所が点在しています。

高い鉄塔のそばにあった波型の屋根の施設は
「北貝塚竪穴住居跡群観覧施設」
IMG_4252.JPG

約50年前、1968年から公開している
北貝塚の住居跡群だそうです。
貝層の下からたくさんの住居跡が見つかりました。
IMG_4261.JPG

こちらは「加曾利北貝塚階層断面」
IMG_4289.JPG

貝層断面をアクリル・エマルジョンやバインダー18などの
固定用樹脂を用いて固定展示されたもの。
貝の横には一部名称が書かれているものもあります。

IMG_4268.JPG

IMG_4275.JPG

竪穴住居跡床面や貯蔵穴と考えられているものもありました。
IMG_4281.JPG

こちらの壁に挟まれた通路の先にあるのは
「加曾利南貝塚階層断面」。
IMG_4319.JPG

IMG_4321.JPG

IMG_4324.JPG

断面を剥ぎ取る転写法による展示です。
解説板によると今から4000-3000年前、
縄文後期の人々の貝塚で、貝層には焚火跡や煮炊き用の土器も
発見されており、大量の貝を土器で煮て実だけ取り出して、
天日干しして干貝に加工していたと考えられているそうです。
これなら日持ちがしますね。
季節を問わず、干貝を使ったスープなど食べて
元気に過ごしていたのかしら?
縄文時代もなかなかグルメです。

林の中にはドングリも落ちていました。
きっと縄文時代の人々も同じように
ドングリを見ていたんだなあと思うとわくわくしますね。

IMG_4300.JPG

IMG_4316.JPG

竪穴住居も再現されています。
今秋の台風では千葉市は何度も被害にあったけれど
竪穴住居はしっかり残っていました。すごいです。
ただし今回は入り口は閉鎖されて中に入れないようになっていました。

IMG_4309.JPG

タイサンボク

今日は「タイサンボク」のご紹介。

病気で外に遊びに行けないお子さんに
見せてあげたいなと思ってのせました。

けいこかふぇ
「いっしょにあそぼ き」たいさんぼく
http://www.keiko-cafe.com/asobo/ki/ki-463.html
http://www.keiko-cafe.com

2019年11月26日

できることとできないことを見極める父 ―「しょうがない」の底にある愛情

お子さんが重い病気でしばらく入院が必要で
退院したと思ったら、また入院。
それを繰り返すと、親の心も疲弊してくるのは当然です。
焦りもあったり、怒りも湧いてきたり
これからもずっとこうなのかなあって
不安になったり。

それでもそこから逃げ出すわけにはいかない現実。
どうすればいいのか?


「しょうがない。」
あるお父様はこれまでのことを語る時
その言葉を何度も口にしていました。
まるで自分に言い聞かせるかのように。
それを聞きながら
彼にとっての「しょうがない。」って
暗示の言葉なのかもしれないって思いました。
自分の心の振れ幅が大きくて
自分自身がまいってしまう時は
「しょうがない。」って自分に言い聞かせてみる。
親が努力して、どうにかできることもあれば
どうにもできないことがある。
それが分かってはいても
できるまでどうにかしないと気が済まなくて
どうにかできないという事実は
まるで自分が努力を怠っているせいのような罪悪感が生まれてくる。
まじめにひたすら一途になってしまう人ほど
そういう傾向に陥りやすいのだろうと思います。
そして親の気持ちはどんどん気持ちは苦しくなる。


「しょうがない。」
きっとそれは自分を解放するための魔法の言葉。
自分の手の届くこと、届かないことを見極める、
それは大切な親の役割の一つなのだと思います。
手の届かないことに無力感を感じるのではなく、
努力しようとしたその心の余力の分を
手の届く、そしてお子さんにとって
良き結果を導きやすい何かのために
使えば良いのだと思います。
「しょうがない。」と繰り返す彼の言葉の中に
その言葉の底辺に流れるお子さんへの深い愛情と
これまで積み重ねてきた多くの葛藤を
垣間見た思いがしました。

給油車

今日は「給油車」のご紹介。

病気で外に遊びに行けないお子さんに
見せてあげたいなと思ってのせました。

けいこかふぇ
「いっしょにあそぼ のりもの(りく)」きゅうゆしゃ
http://www.keiko-cafe.com/asobo/norimono1/kuruma-116.html
http://www.keiko-cafe.com

2019年11月25日

「ジギタリス」「ジギタリスルテア」「ケジギタリス」「ムラサキウマゴヤシ」

今日は心臓や血管系の薬に関する植物のご紹介。
昔の人はどうして効能を見つけ出せたのだろうと本当に不思議。
お花は観賞用としても、とてもきれいです。

「ジギタリス」「ジギタリスルテア」
「ケジギタリス」「ムラサキウマゴヤシ」

病気で外に遊びに行けないお子さんに
見せてあげたいなと思ってのせました。

けいこかふぇ
「いっしょにあそぼ おはな・しょくぶつ」「じぎたりす」
http://www.keiko-cafe.com/asobo/ohana/digitalis1901.html
「いっしょにあそぼ おはな・しょくぶつ」「じぎたりするてあ」
http://www.keiko-cafe.com/asobo/ohana/digitalislutea1901.html
「いっしょにあそぼ おはな・しょくぶつ」「けじぎたりす」
http://www.keiko-cafe.com/asobo/ohana/kedigitalis1901.html
「いっしょにあそぼ おはな・しょくぶつ」「むらさきうまごやし」
http://www.keiko-cafe.com/asobo/ohana/murasakiumagoyashi1901.html
http://www.keiko-cafe.com続きを読む

2019年11月24日

搭乗直前の学童期のおむつ交換も安心ですね!成田空港第2ターミナル 95番ゲート多目的トイレ

病気のお子さんと海外旅行に行きたいなあと考えた時
お手洗いのことは重要なポイントです。
先日利用した成田空港第2ターミナル、
95番ゲートのそばにあった多目的トイレは広々していました。
飛行中快適に過ごせるように
「搭乗直前におむつ交換をしたい!」という方には朗報です。

IMG_0024.JPG

IMG_0026.JPG

中に入ってみると
IMG_0005.JPG

左側が便器と洗面台
IMG_0010.JPG

IMG_0007.JPG

IMG_0008.JPG

右側が洗浄スペースと折り畳みベッド
IMG_0016.JPG

IMG_0006.JPG

TOTOのパブリック用折り畳みシートEWC500型でした。
IMG_0019.JPG

IMG_0017.JPG

利用体重100kg以下ならOKです。

学童期のお子さんもここなら安心して
おむつ交換や着替えができますね。

折り畳みベッドの左上方にはフックも用意されています。
介助者の荷物をかけたり、着替えの準備に便利です。
IMG_0022.JPG

出口のボタンはこちら
IMG_0020.JPG

2019年11月23日

栃木県佐野市のダイシもち麦

今年の台風19号の水害で大きな被害を受けた
栃木県佐野市にふるさと納税をして、
返礼品にいただいたこちらのもち麦。

IMG_1442.JPG

IMG_1444.JPG

さとふるのサイトの説明によると
ダイシもち麦は寒さに弱くて
佐野市での栽培は難しいけれども
美味で要望があったため栽培に取り組んだそうです。
表皮に蓄えている栄養素はより多く残っており
粒が濃色であるのは表皮のアントシアニン色素が
残っているため、とのこと。

いつも自宅では発芽玄米に押し麦や雑穀をまぜて炊いていますが
こちらのもち麦をいれてみたら
炊飯器の蓋を開けてすぐ
内釜にしゃもじを入れてみた瞬間から
もちもち感が今までとは格別に違って
びっくりしました。
食べてみてもおいしかったです。

今度は袋に書いてあったおすすめ量よりも
もうちょっと多めに入れてみよう。

2019年11月22日

アライグマ

今日は「アライグマ」のご紹介。

病気で外に遊びに行けないお子さんに
見せてあげたいなと思ってのせました。

けいこかふぇ
「いっしょにあそぼ どうぶつ」あらいぐま
http://www.keiko-cafe.com/asobo/dobutsu/araiguma1901.html
http://www.keiko-cafe.com