2018年06月07日

「ユリノキ」「ライラック」

きれいな花の咲く木のご紹介。
淡い黄色とオレンジが美しい「ユリノキ」と
薄紫の「ライラック」です。


病気で外に遊びに行けないお子さんに
見せてあげたいなと思ってのせました。

けいこかふぇ
「いっしょにあそぼ き」ゆりのき
http://www.keiko-cafe.com/asobo/ki/ki-396.html
「いっしょにあそぼ き」らいらっく
http://www.keiko-cafe.com/asobo/ki/ki-397.html
http://www.keiko-cafe.com
posted by Lana-Peace at 08:01| ◎ お散歩気分:花・植物・木

2018年06月06日

函館ハリストス正教会とカモメがデザインされたマンホール(北海道函館市)

こちらの函館市の汚水のマンホール、
函館ハリストス正教会とカモメがデザインされた美しいマンホールです。

DSC02588.JPG

函館市企業局の入口見本はこちら。
DSC04767.JPG

「カピバラ」「マーラ」

今日は「カピバラ」と「マーラ」のご紹介。
全然違う動物だけど、同じテンジクネズミ科の動物と聞くとびっくり。
だけどやっぱりつぶらなかわいい瞳は一緒だね。

病気で外に遊びに行けないお子さんに
見せてあげたいなと思ってのせました。

けいこかふぇ
「いっしょにあそぼ どうぶつ」かぴばら
http://www.keiko-cafe.com/asobo/dobutsu/kapibara-9.html
「いっしょにあそぼ どうぶつ」まーら
http://www.keiko-cafe.com/asobo/dobutsu/mara6.html
http://www.keiko-cafe.com
posted by Lana-Peace at 11:35| ◎ お散歩気分:動物・魚・鳥・虫

2018年06月05日

旧函館区公会堂と五稜郭のマンホール(北海道函館市)

こちら北海道函館市の汚水のマンホールですが
五稜郭の中に旧函館区公会堂がデザインされたマンホールです。
実に美しいデザイン。
DSC02572.JPG

DSC02572a.JPG

こちらはカラー。
DSC04763.JPG

こちらは似たように見えますが
「旧函館区公会堂」と名称がわざわざ刻まれています。
DSC04574.JPG

函館市企業局の入口見本はこちら。
DSC04769.JPG

「アミメフエダイ」「シモフリタナバタウオ」

今日は模様が特徴的な魚のご紹介。

線と丸の模様のアミメフエダイと
水玉模様のシモフリタナバタウオです。

病気で外に遊びに行けないお子さんに
見せてあげたいなと思ってのせました。


けいこかふぇ
「いっしょにあそぼ みずのいきもの」あみめふえだい
http://www.keiko-cafe.com/asobo/mizu/mizu-437.html
「いっしょにあそぼ みずのいきもの」しもふりたなばたうお
http://www.keiko-cafe.com/asobo/mizu/mizu-444.html
http://www.keiko-cafe.com
posted by Lana-Peace at 00:05| ◎ お散歩気分:動物・魚・鳥・虫

2018年06月04日

新緑と海風と観音様― 北海道 函館山 ―

函館山頂上から見る夜景は「100万ドルの夜景」と
称されるほど美しいものですが
函館山は地元でこどもたちの遠足コースにもなっているそうです。
というわけで、昼間の函館山登山に挑戦してみました。
「函館山」と言いますが、1つの山なのではなくて、
13の山々を総称した呼び方で、登山コースも10通りあります。
私は展望台のある御殿山に向かい、
なおかつこどもたちも遠足で利用するという難易度の低い
「旧登山道コース」を選びました。
運動靴で十分登れるコースです。

街からとても近いのに、自然も豊かで登山道もよく整備されていて、
森林浴を十分満喫することができました。
四国三十三所の御詠歌と共に観音様も随所に登場します。

函館山の豊かな自然と青い空、青い海、山頂を吹き抜ける風は
心と体を浄化して、しっかり充電することができますよ!

詳しくはこちらに書きました。


Lana-Peaceエッセイ
充電できる癒しの場所
「新緑と海風と観音様― 北海道 函館山 ―」
http://www.lana-peace.com/3/3-2-041.html
posted by Lana-Peace at 07:55| □ 森林浴とお散歩

北海道とうきび茶(北海道限定)

函館山を登山して、山頂にあった自販機
その側面に「北海道とうきび茶」の広告が。

DSC05346.JPG

北海道の水と北海道産の4種の素材を使った
北海道産のお茶、ということなので飲んでみました。

青空の下、函館山の風に吹かれて飲んだせいかもしれないけれど
伊藤園の北海道限定販売の「北海道とうきび茶」は
とてもおいしいお茶でした。

ほのかに甘くて、清々しくて、
今迄飲んだコーン茶の中で1番と思いました。

4種の素材とはとうもろこし、玄米、黒豆(大豆)、小豆。
ノンカフェインだから、病気の方や妊娠・授乳中の方にも良いですね。

DSC05379.JPG

いさりび鉄道(北海道)

今日は北海道函館市の「いさりび鉄道」のご紹介。
運転席の写真もあるよ。
運転手さん気分で道南の海を旅行してみよう!

病気で外に遊びに行けないお子さんに
見せてあげたいなと思ってのせました。

けいこかふぇ
「いっしょにあそぼ のりもの(りく)」いさりびてつどう 1
http://www.keiko-cafe.com/asobo/norimono1/densya-60.html
「いっしょにあそぼ のりもの(りく)」いさりびてつどう 2
http://www.keiko-cafe.com/asobo/norimono1/densya-61.html
http://www.keiko-cafe.com/
posted by Lana-Peace at 07:46| ◎ お散歩気分:乗り物

2018年06月03日

道の舗装に合わせたデザイン?シンプルなマンホール(北海道函館市)

北海道函館市の下水のマンホール。
何か名物をデザインしたものではないのですが
シンプルな中にもどこか品があるマンホール。

DSC04751.JPG

周りの道の舗装の様子に合わせたのでしょうか?

DSC04750.JPG

黄色の消火栓(北海道函館市)

函館の街の中であちこち見かける黄色の物体
こちら消火栓でした。

DSC04424.JPG

きれいな消火栓ですが、見た目だけじゃありません。
函館市企業局の函館市公式観光情報によると
毎年150本ずつ、20年1度の割合で塗り替えているとのこと。
函館では昭和の初めに2千人も犠牲者の出た函館大火があったことから
取水能力、大量放水のできる「函館型三方式地上式消火栓」を
昭和12(1937)年から設置し始め、現在は2千本以上がこのタイプだそうです。

函館滞在中、特に海の近くは
びっくりするほど風が強い日も多かったので
確かに取水能力、大量放水、とても大事と思いました。
posted by Lana-Peace at 15:30| □ アート いろいろ (街の中)