2021年04月17日

「親は何もできない」のは本当か? ――絶望から抜け出した親

我が子の病気が告げられたある親御さんの心の中に
広がり渡った感情は絶望ばかりだったのでした。

これからのことを考えると莫大な不安が押し寄せて
我が身が削がれるような苦しさを感じていた時間、
それは第三者が容易に推し量ることなどできないものでした。
その中で親御さんは
「そもそも不安が生まれる根源は何だろうか?」
「自分は何に対してそんなに脅えているのだろうか?」
と辿っていかれたのでした。

我が子が難病と診断された時
何もわからず、今後の見通しも立たず途方に暮れることは
ごく自然な心の在り様なのだと思います。
そして自分のことを親として無力に思い、
自分にネガティブな感情を向けてしまう。

自分の不安の元を辿る、
それは決して容易なことではありません。
なぜなら自分の避けたい感情や事実を明らかにしていくことだから。
それをやってみよう、と取り組む自体、素晴らしいことだと思います。
やがて親御さんは自分にもできることがある、と
みつけていかれたのでした。
そしてあれほど絶望を感じていた心の中に
小さな幸せや希望が舞い込むようになってきました。
自分を変える強さを持つってすごいことだなあと思いました。


人は「何もできない」「もう手立てがない」
そう感じる時に不安が一層押し寄せます。
でもその中で「何も」ではなく
1つでも、2つでもできる「何か」を見つけると
少しずつ道が開けていきます。
「私は何もできない」と思う時は
「でも・・・」と自分に問いかけてほしいです。
そもそもできないと自分が思考を向けた領域や対象が適切だったのか?

こどもという存在は病気だけで構成されているわけではありません。
「〇〇(病名)の〇〇くん」ではなく
「小学校〇年生の〇〇くん」
「塗り絵とブロックが好きな〇〇くん」
「物真似をして人を笑わせるのが得意な〇〇くん」
〇〇くんを形作る様々なものに対して
親はいろいろな方法で支援をすることができるように思います。
病気はその子にとっての一部にすぎない。
改めてそう思いました。

2021年04月16日

河津桜をお花見中のヒヨドリ

今日は河津桜をお花見中のヒヨドリのご紹介。

病気で外に遊びに行けないお子さんに
見せてあげたいなと思ってのせました。

けいこかふぇ
「いっしょにあそぼ とり」
かわづざくらとひよどり 1
http://www.keiko-cafe.com/asobo/tori/tori-415.html
かわづざくらとひよどり 2
http://www.keiko-cafe.com/asobo/tori/tori-416.html
http://www.keiko-cafe.com

2021年04月15日

桜「関山」

今日は桜「関山」のご紹介。

病気で外に遊びに行けないお子さんに
見せてあげたいなと思ってのせました。

けいこかふぇ
「いっしょにあそぼ き」さくら「かんざん」
http://www.keiko-cafe.com/asobo/ki/ki-575.html
http://www.keiko-cafe.com

2021年04月14日

センダイヤザクラ(四季の香公園)

今日は「センダイヤザクラ」のご紹介。

病気で外に遊びに行けないお子さんに
見せてあげたいなと思ってのせました。

けいこかふぇ
「いっしょにあそぼ き」せんだいやざくら(しきのかおりこうえん)
http://www.keiko-cafe.com/asobo/ki/ki-574.html
http://www.keiko-cafe.com

2021年04月13日

山本達彦氏 MANDALA LIVE 2021〜Live en Quatre Saisons・Printemps〜(2021/4/10 2nd stage・ライブ配信)

先週土曜日、東京・南青山MANDALAで行われた山本達彦さんのライブ、
自宅でライブ配信を利用しました。
MANDALAの配信ライブは画質もきれいだし、音もクリアで
とっても良かったです。

山本さんはベージュの上下に紺と白のストライプのシャツで
春らしく明るく、爽やかでお元気そうです。
ライブ配信のおかげでお顔の表情やギターの弦を押さえる指先まで
いろいろな角度でアップで見られるのはとても嬉しい。
山本さんの甘い歌声や奏でる音に潜んでいる振動数は
人の心や細胞を癒して活性化する力がとても強いなあと
つくづく、しみじみ感じる時間でした。

今回は山本さんお一人だけの登場だったので
ピアノもギターもより一層小さな音までもよく聞こえました。
アレンジもいつも以上に凝られていたのでしょうか。
どれもまるで映画音楽のようなドラマチックなアレンジの印象を受けました。
映画と言えば、3年前に手掛けられた映画「桜の季節」の主題歌を
美しいピアノソロ演奏と共に披露されたのは、嬉しいサプライズです。
ライブならではです。

山本さんは「絶対できないことはない」と思って
これまで苦手に感じていた作詞に取り組んだというお話をされていました。
好きな言葉を連ね、言葉を紡いで、出来上がったそうです。
その詩が今後、山本さんのメロディによって
音楽の世界で更に新たな生を受けて発表されるのが
今からとても楽しみです。

太陽を浴びること、おいしいものを食べること、
幸せな気持ちで良い雰囲気で過ごすこと、
山本さんが意識されていることだそうです。
今の落ち着かない時代に、そういう基本的なことを積み重ねることが
地に足の着いた生活に繋がって、パフォーマンスにとても影響するのだと思います。
見習わなければ。しみじみそう思う。


これからも山本さんが活き活きとご活躍されますように!
posted by Lana-Peace at 00:41| アート / 歴史 音楽

桜「苔清水」

今日は桜「苔清水」のご紹介。

病気で外に遊びに行けないお子さんに
見せてあげたいなと思ってのせました。

けいこかふぇ
「いっしょにあそぼ き」さくら(こけしみず) 1
http://www.keiko-cafe.com/asobo/ki/ki-572.html
「いっしょにあそぼ き」さくら(こけしみず) 2
http://www.keiko-cafe.com/asobo/ki/ki-573.html
http://www.keiko-cafe.com

2021年04月12日

桜「松月(しょうげつ)」

今日は桜「松月(しょうげつ)」のご紹介。

病気で外に遊びに行けないお子さんに
見せてあげたいなと思ってのせました。

けいこかふぇ
「いっしょにあそぼ き」さくら(しょうげつ) 1
http://www.keiko-cafe.com/asobo/ki/ki-570.html
「いっしょにあそぼ き」さくら(しょうげつ) 2
http://www.keiko-cafe.com/asobo/ki/ki-571.html
http://www.keiko-cafe.com

2021年04月11日

サギソウの側溝蓋(東京・世田谷)

東京都世田谷区の側溝蓋
区の花「サギソウ」をアレンジした美しい蓋。

大きな一輪のサギソウの斜め上に一輪のサギソウがあるデザインと
IMG_20210401_175825.jpg

二輪のサギソウがシンメトリーに配置されているニ種類の側溝蓋がありました。
IMG_20210401_081721.jpg
風に舞った桜の花びらが側溝蓋に落ちていて何とも風情があります。

サギソウは400年以上前、世田谷城主 吉良頼康の側室の悲しい伝説があるそうです。
世田谷区資料「サギソウ伝説」
https://www.city.setagaya.lg.jp/mokuji/sumai/010/002/002/d00026703_d/fil/26703_2.pdf
天使が両手を上げてるようにも見えるデザインです。
posted by Lana-Peace at 00:22| アート / 歴史 美しいマンホール

2021年04月09日

桜とヒヨドリ

今日は桜のお花見中のヒヨドリのご紹介。

病気で外に遊びに行けないお子さんに
見せてあげたいなと思ってのせました。

けいこかふぇ
「いっしょにあそぼ とり」さくらとひよどり
http://www.keiko-cafe.com/asobo/tori/tori-414.html
http://www.keiko-cafe.com

2021年04月08日

Lana-Peace本日8周年 ありがとうございます

2013年4月8日に立ち上げたLana-Peaceの活動ですが
今日で丸8周年となりました。

様々な導きをくださった方、
ブログ、ホームページを読んでくださっている方、
メールをくださった方、
皆様、ありがとうございます。

世の中は新型コロナでまだまだ落ち着かないけれども
それは同じ時代を生きている誰しもに共通することですね。
変えられない事実の中で、変えられる事実とは何か?
それはそこで生きる人の考え方や価値観なのだと
昨年から今年にかけてひしひしと感じることが多くありました。

先月、散策先の公園で見つけた桜の木、何の支柱も得ずに
長く枝を伸ばしていましたが
IMG_2344.JPG

一部とても不自然なバランスであるのに、
しっかり成長している枝がありました。
IMG_2349.JPG

いろいろあっても、育っていけるってすごいことです。
IMG_2345.JPG

これからも病気のこどもとその家族
天に還ったこどもとその家族に
自分ができること、地道に続けて
それがいつかどこかでどなたかのお役に立てればとても嬉しいです。