2018年10月16日

歌舞伎の隈取の模様の椅子(京成電鉄 成田空港駅)

posted by Lana-Peace at 00:08| □ アート いろいろ (街の中)

コウライキジ

今夏訪れた韓国ソウルのオリンピック公園には
放し飼いのコウライキジが楽しそうにお散歩していました。

林の中から突如現れたコウライキジ。
びっくりしたなー。
でも動物園じゃなくて本当は自然の中で
こうやって生きているのが当たり前のはずだけど。

とってもきれいだったコウライキジ、
病気で外に遊びに行けないお子さんに
見せてあげたいなと思ってのせました。

けいこかふぇ
「いっしょにあそぼ とり」こうらいきじ 1
http://www.keiko-cafe.com/asobo/tori/tori-349.html
「いっしょにあそぼ とり」こうらいきじ 2
http://www.keiko-cafe.com/asobo/tori/tori-350.html
http://www.keiko-cafe.com/
posted by Lana-Peace at 00:04| ◎ お散歩気分:動物・魚・鳥・虫

2018年10月15日

耳の不自由な人が耳の聞こえる人と通話できる「手話フォン」

韓国仁川空港を訪れた時、耳の不自由な人が
スマホで相手の顔が見えるビデオ通話をしていました。
静かだけど、とっても楽しそうな手話でした。
こっちまで嬉しくなるくらい楽しそうでした。
すごく便利になった時代です。
でも、残念ながら電話の相手は
手話が理解できる人に限定されてしまいます。

さて、成田空港 第1ターミナル 中央ビル本館 1階
エスカレーターそばに、耳の不自由な方が
公衆電話をかけられるサービス「手話フォン」がありました。

DSC08000.JPG

DSC08001.JPG

相手が手話ができなくても通話ができます!
DSC08002.JPG

1)電話番号を押して最後に緑の受話器のマークを押す
2)手話がはっきり見えるように画面の位置を調整して
3)オペレーターと通話を始めます

DSC08006.JPG

DSC08003.JPG

手話でお話した内容は、通訳するオペレーターを介して
相手先の電話、お店やホテル、会社といった
手話のできない人、ビデオ通話対応ではないところへ
電話連絡が取れるという仕組みです。

日本財団電話リレーサービスモデルプロジェクトの一環で
設置されているというこの手話フォン。利用無料です。

残念ながら緊急通報110とか119は利用できなくて
海外への通話もできないけれど
すごく便利ですね。

カメラは立って使う方、車いすのまま話をしたい方、
両方対応です。
立って使う方も身長に合わせて高・低が選べます。
仕切られたボックスの上半分はドアで目隠しされているので
リラックスして話ができます。

年中無休で 8:00-21:00
日本の手話のみ対応可です。

手話フォンのそばには海外旅行で使い終わった外貨を
自分の日本のICカードなどに日本円としてチャージできる
ポケットチェンジもありました。
画面に操作方法が書いてあるので
初めての利用でも楽々です。

DSC08007.JPG

木瓜(ボケ)の花

今日は雨の降る中一生懸命咲いていた木瓜(ボケ)の花のご紹介。

病気で外に遊びに行けないお子さんに
見せてあげたいなと思ってのせました。

けいこかふぇ
「いっしょにあそぼ き」ぼけ
http://www.keiko-cafe.com/asobo/ki/ki-404.html
http://www.keiko-cafe.com/
posted by Lana-Peace at 08:53| ◎ お散歩気分:花・植物・木

2018年10月10日

「今が一番幸せ」と言える人

「今が一番幸せ」
彼女は溌剌とした笑顔でそう言っていました。
キラキラ輝くようなオーラとは
きっと彼女のことを指すんだろうなと思うほど
幸せに満ち溢れた様子の彼女。

そんな彼女が実は幼い頃から重い病気で
数年前にとても大きな手術を受けたと気付く人は
きっと誰もいないだろうと思います。
長い入院の後、自宅療養しながらも気持ちがへこむ日々が続いたり
悔しい日々も、焦りと不安に駆られた日々もあったけれど
彼女は自分の立てた目標に向かって懸命な努力をし続けたのでした。

そして紆余曲折を経てたどり着いた今の道。
それは彼女が思い描いていた道とは少し違う道だったけれど
今が一番幸せ、って言えるようになりました。

彼女はありふれた日常の中から、
他の人は見過ごしたり記憶に留めようともしない事柄に
大事な気付きのきっかけを得て思索を広げて、
毎日を大事に生きている
とても素敵なレディーになっていました。

感動したなー。

人生、生きている長さの分だけ学びや深みを得ているわけじゃない。
まだ10代の彼女の言葉に、私はいろいろ教えてもらった。
ほんわかとしたあたたかさと清々しさのある彼女、
きっと魂のレベルが違うんだろうなあ。。。

苦労を糧にするってこういう人のことなんだと思う。


彼女がもっともっと幸せになれますように!

ゲンゴロウ

今日は水中でかわいい表情のゲンゴロウのご紹介。

病気で外に遊びに行けないお子さんに
見せてあげたいなと思ってのせました。

けいこかふぇ
「いっしょにあそぼ みずのいきもの」げんごろう
http://www.keiko-cafe.com/asobo/mizu/mizu-485.html
http://www.keiko-cafe.com/
posted by Lana-Peace at 07:36| ◎ お散歩気分:動物・魚・鳥・虫

2018年10月09日

「キバタン」「シロフクロウ」

今日はオウムの仲間のキバタンと
愛らしい表情のシロフクロウのご紹介。

病気で外に遊びに行けないお子さんに
見せてあげたいなと思ってのせました。


けいこかふぇ
「いっしょにあそぼ とり」きばたん
http://www.keiko-cafe.com/asobo/tori/tori-326.html
「いっしょにあそぼ とり」しろふくろう
http://www.keiko-cafe.com/asobo/tori/tori-341.html
http://www.keiko-cafe.com/
posted by Lana-Peace at 00:11| ◎ お散歩気分:動物・魚・鳥・虫

2018年10月08日

みなとみらい線 馬車道駅の過去と現代が同居した壁面

横浜市のみなとみらい線 馬車道駅構内で
地上行エレベーターと階段のそばにあった壁面に
古い建物の一部が埋め込まれていました。
DSC00101.JPG

壁面向かって左上の黒い四角い物体は横浜市認定歴史的建造物
「馬車道大津ビル」で昭和35(1960)年から40年近く使われていた
温水ボイラーの前面パネル。
かつてビル内の約50台の暖房ラジエーターに
温水を送っていたそうです。
DSC00099.JPG

そしてこちらは昭和4(1929)年に現在の馬車道駅の地上部にあった
旧横浜銀行本店別館(元第一銀行横浜支店)の金庫室扉、貸金庫、
貸金庫前室扉、階段手摺です。
DSC00100.JPG

古いものを活かして現代の中に溶け込んでいるところが
とってもきれいだなって思いました。
posted by Lana-Peace at 08:46| □ アート いろいろ (街の中)

アシナガムシトリスミレ

今日は「アシナガムシトリスミレ」のご紹介。

病気で外に遊びに行けないお子さんに
見せてあげたいなと思ってのせました。

けいこかふぇ
「いっしょにあそぼ おはな・しょくぶつ」あしながむしとりすみれ
http://www.keiko-cafe.com/asobo/ohana/ashi-m.html
http://www.keiko-cafe.com/
posted by Lana-Peace at 08:40| ◎ お散歩気分:花・植物・木

2018年10月07日

垣ノ島B遺跡 9,000年前の墓から出土した漆製品(北海道函館市 蔵)

縄文時代早期前半の土坑墓から見つかった
9,000年も前の漆製品、
それはまるで東洋医学の経穴・経絡の要所、要所を
押さえたかのように、埋葬された人の頭、肩、手頸、すねを
飾っていた装飾品でした。
こちら、出来上がった布に漆が塗られているのではなく、
漆の糸からわざわざ作られたものでした。
当時の人々は漆かぶれを起こすウルシノキに
敵を撃退するような強い特別な力を見い出し、
漆液から作り出される漆製品に
その力が宿っているように感じていたのかもしれません。
「死」は「終わり」を意味するものではなく、
死後の世界の存在を認識していたからこそ、
こうした漆製品による装飾で死者を守ったのだろうと思います。
邪悪なものから死者を守り、安寧な時間を過ごしてもらうために。

それは9,000年前の人々の、死者へのあたたかい眼差しの表れだと思います。

詳しくはこちらに書きました。

Lana-Peaceエッセイ
アート・歴史から考える死生観とグリーフケア
「垣ノ島B遺跡 9,000年前の墓から出土した漆製品(北海道函館市 蔵)」
http://www.lana-peace.com/2/2-4-080.html