2019年12月05日

エソヒグマ

今日は「エソヒグマ」のご紹介。

病気で外に遊びに行けないお子さんに
見せてあげたいなと思ってのせました。

けいこかふぇ
「いっしょにあそぼ どうぶつ」えぞひぐま 1
http://www.keiko-cafe.com/asobo/dobutsu/ezohiguma1901.html
「いっしょにあそぼ どうぶつ」えぞひぐま 2
http://www.keiko-cafe.com/asobo/dobutsu/ezohiguma1902.html
http://www.keiko-cafe.com

2019年12月04日

かわいいキャラクターと桜のマンホール(宮城県東松島市)

宮城県東松島市、JR野蒜駅近くにあったマンホール
かわいい人形のようなものが。

東松島市のキャラクター
「イートくん」と「イ〜ナちゃん」だそうです。
そして周りを取り囲んでいるのは
東松島市の花の「桜」。

とってもかわいい。

DSC01114.JPG

DSC01113.JPG
posted by Lana-Peace at 08:40| アート / 歴史 美しいマンホール

カンヒザクラ

今日は葉の色付いた「カンヒザクラ 」のご紹介。 

病気で外に遊びに行けないお子さんに
見せてあげたいなと思ってのせました。

けいこかふぇ 「いっしょにあそぼ き」かんひざくら 

2019年12月03日

2019年冬の表参道のイルミネーション

恒例の冬の表参道イルミネーションに寄ってみました。

avexのビルの前のクリスマスツリー
どなたかがイルミネーションの前のボタンを押したら
照明の色の組み合わせがどんどん変わっていきました。
そういう仕掛けになっているのかしら?

IMG_4504.JPG

IMG_4496.JPG

もう少し国道246号青山通りを
渋谷方面に向かって進んでいくと
ビルに谷間にあったポッカリあいていた駐車場から
東京タワーと六本木ヒルズが見えました。

IMG_4515.JPG

表参道交差点近くのAoビルの近くに
三日月が浮かんでいました。
人工的な光に負けない品の良い美しい月光。

IMG_4528.JPG

IMG_4522.JPG

表参道の交差点から明治神宮にかけて向かう道は
キラキラでした。

IMG_4541.JPG

IMG_4553.JPG

IMG_4549.JPG

神宮前交差点近くのGOLD's GYMの壁面の紫の照明と
並木道の金色のイルミネーションがきれいです。

IMG_4568.JPG

原宿駅前からDOCOMOタワーのビルの
イルミネーションが見えました。
昼間の新宿御苑から見ると
とっても美しいこのタワー
当日、あまりきれいには撮れなくて

IMG_4576.JPG

代々木駅のホームからはきれいに取れました。

IMG_4596.JPG

そして今回初めて気付いたことが1つ。
原宿から山手線に乗車しようとホームで待っていた時
何気なく反対側の電車の最後尾が目に入ったら
あら、行先表示器に紅葉のイラストがあるじゃないですか!

普段は山手線に乗らないし、
たまに乗っても慌ただしいのでびっくり。

調べてみたらどうやら
毎月こちらのイラストは変わる様子。

遠ざかる電車の光は
写真ではうまく取れなかったのが残念ですが
雰囲気は伝わるかと思って載せてみます。

IMG_4591.JPG

あいにく乗り過ごして電車を見送っても
なんだか季節感をちょっぴり感じる時間です。
四季がある日本ならではですね。

山本さんのおかげで足を延ばして得られた
非日常なアートな時間にとても充たされた1日でした。
posted by Lana-Peace at 00:05| アート / 歴史 街の中

山本達彦氏 MANDALA LIVE 2019“Live en Quatre Saisons・Hiver”(2019/11/30)

先週末、東京・南青山で開催された山本達彦さんの
173回目の マンダラライブに行ってきました。

ここしばらく東京はあいにくの天気が続いていたので
当日の快晴はとっても嬉しい。
ということで少し早めに青山に向かって
神宮外苑のイチョウ並木を散策してみました。

山本さんの冬のマンダラライブは
ここのところ12月に行われていたけれど
今回は11月末ということで、イチョウもしっかり
黄色の葉っぱがまだ残っていました。

青い空にすっと伸びたイチョウの幹と
枝を彩る黄色の葉はとってもきれいでした。

IMG_4428.JPG

IMG_4423.JPG

IMG_4439.JPG

そして気分も新たに南青山のマンダラへ。
今回の会場奥にあった装飾はユリがとてもきれい。
IMG_4441.JPG

IMG_4446.JPG

今回は山本さんとBassの戸川智章さんとDrumsの江野尻知宏さんの
3人でのセッション。皆さん黒の上下で登場です。

山本さんはとてもお元気そうで
にこやかでした。
しっとりバラードは山本さんのピアノの上手さが
ひときわ際立つメロディーラインでした。
耳慣れた曲のアレンジが毎回変わるのですごく楽しみです。
大人の色香漂う歌声はいつもにも増して
キラッと輝きがありました。
3人のセッションでは息もぴったりで
演奏が山本さんの歌声にしっかり溶け込んでいる感じ。

山本さんは新曲作りにも取り掛かっていらっしゃって
その中でも少しずついろいろなパターンの音の組み合わせを
いくつも作って、一人で吟味される地道な過程を
とても楽しいとお話されていました。

そして季節柄、ご自宅のお庭の
赤く色付いた紅葉や苔むした石を見て
時が経つことの奥深さや素晴らしさを感じるそうで
ご自身も味わいのある曲を作ったり
人生を送りたいなあといった思いを重ねるそうです。

日常の中でそういう気付きを得られる感性があるから
美しい音楽作りにもつながるんだろうなあ。

座席の位置からはあいにく
江野尻さんのパフォーマンスの姿は直接見えなかったのだけど
江野尻さんの自在なJazzyなリズムや
小さく繊細に刻まれるリズムがとても美しくて、
波の音や冬のピリッとした空気感を
表現しているように感じました。

戸川さんはウッドベースではなくて
エレキベースを2台駆使されていて
山本さんのボーカルにまるでコーラスのように絡んでいました。
いつもよりも低音の波動がすごかったです。
冷え対策でかけていた膝掛け、
たまたま少しピンと張っていた時に
戸川さんのベースに合わせて
その振動が手にはっきり伝わってきました。
ということは鼓膜でもこういうことが
起こっているってことですね。
ライブ会場ならではの迫力です。

とっても上質な時間に浸れることのできた時間。
最後、お帰りの時、いつもよりも多くのファンの人が
出口のところで待っていたけれど
運よく、握手してもらえました。
あんなにピアノで酷使して大切な手なのに
ファンとの握手を惜しまないそういう精神
とってもありがたく思いました。
1年分の締めくくりに感謝。感謝。

これからも山本さんが追求したい音楽の世界を
どんどん広げていってほしいなあって思いながら
会場を後にして、表参道のイルミネーションに向かいました。
そのブログ記事はこちら
posted by Lana-Peace at 00:03| アート / 歴史 音楽

モモイロペリカン

今日は「モモイロペリカン」のご紹介。

病気で外に遊びに行けないお子さんに
見せてあげたいなと思ってのせました。

けいこかふぇ
「いっしょにあそぼ とり」ももいろぺりかん 1
http://www.keiko-cafe.com/asobo/tori/tori-381.html
「いっしょにあそぼ とり」ももいろぺりかん 2
http://www.keiko-cafe.com/asobo/tori/tori-382.html
「いっしょにあそぼ とり」ももいろぺりかん 3
http://www.keiko-cafe.com/asobo/tori/tori-383.html
http://www.keiko-cafe.com

2019年12月02日

五色塚古墳・小壷古墳(兵庫県神戸市)

本日ご紹介分は2016年10月(もう3年も経ってしまった)に訪れた
兵庫県神戸市垂水区の五色塚古墳と小壷古墳です。
まずは密集した住宅街の中に復元された古墳が登場です。

DSC06414.JPG

DSC06404.JPG

五色塚古墳は4世紀末に造られ
前方後円形と島状遺構が2基で
全長194m、後円部の高さは18.8m。
墳丘段数は3段でとにかく大きい!

現地の解説板によると葺石の数は2,233,500個
淡路島東岸産で斑糲(はんれい)岩が主で
その他花崗岩だそうです。

古墳そばにあった案内館には復元CGパネルがありました。
築造当時の五色塚古墳と小壷古墳は
上空から見るとこんな感じで
DSC06382.JPG

明石海峡から見るとこんな感じだったと考えられています。
DSC06381.JPG


葺石の数は膨大であるため、
大きな石を運んで古墳の近くで細かく砕いて
大きさが整えられたのだろうか?と想像しますが、
今は約3.9kmの明石海峡大橋で結ばれている瀬戸内海、
当時は間違いなく船で運んだことでしょう。
どれほど多くの人員の労力と
それをまとめる統率力があったのだろうかと
驚きです。
被葬者は不明ですが海からこの古墳を眺めたら
きっと海から攻めこもうと思った敵も
これだけ絶大な支配力があるところに
戦をしかけることは諦めそうです。

案内館には1/100の縮小モデルもありました。
DSC06372.JPG

当時はこんな風に埴輪が敷き詰められていたそうです。
DSC06369.JPG

復元されていた五色塚古墳の遠景はこんな感じ。
DSC06475.JPG

用いられた埴輪は2,200本以上と推定されており、
そのうちの約600本が発掘調査で出土しています。
築造当時は墳頂部と上段平坦面、中段平坦面の三段に
4本から6本の鰭付円筒埴輪に1本の割合で
鰭付朝顔形埴輪が立てられていました。
朝顔形埴輪の高さは約140cmもあるので
これだけ大きなものを壊れないように
造形、焼成して運搬して設置する当時の技術も
すごいことです。

その他に蓋形(きぬがさ)埴輪や家形埴輪、
盾形埴輪も少量発見されています。

現地の復元では出土した埴輪を元に
後円部と前方部の墳頂だけに
合成樹脂で製作された鰭付円筒埴輪と
鰭付朝顔形埴輪が立てられていました。

DSC06416.JPG

DSC06420.JPG

DSC06432.JPG

DSC06419.JPG

DSC06470.JPG

DSC06445.JPG

埴輪のそばに鳥が飛んで、その遥か上空に
飛行機が飛んでいました。
巨大な古墳の上を大きな飛行機が飛ぶなんて
当時の人は想像もつかなかったことでしょう。
DSC06484.JPG

前方部は明石海峡方面に向かって伸びています。
DSC06463.JPG

DSC06435.JPG

DSC06422.JPG

五色塚古墳のすぐそばにあった小坪古墳は
築造が4世紀後半と推定されています。
大きさは直径70m高さ8.5mで
二段にわたって墳丘が築かれ、
斜面に葺石はなかったものの、
墳頂部と中段の平坦面には
五色塚古墳のような鰭付円筒埴輪が
設置されていたのだそうです。
復元整備される時に墳丘斜面に平坦面を作らず
斜面全体に芝張りが行われたことから、
当時とはちょっと違った趣です。

DSC06478.JPG

五色塚古墳の墳頂からこんな風に見えます。
DSC06426.JPG

マンションと古墳、なんだか不思議な光景。
でも、考えてみたらこれだけ住宅需要の高い土地、
こんなに大きな古墳を破壊しないで
そのまま残して復元しようと努めた
発掘当時とそれ以降の人たちのおかげで
今も五色塚古墳・小壷古墳の存在を
改めて認識ができるわけです。

東海道新幹線(上り)から見た富士山

今日は東海道新幹線(上り)から見た富士山のご紹介。

病気で外に遊びに行けないお子さんに
見せてあげたいなと思ってのせました。

けいこかふぇ
「いっしょにあそぼ うみ・やま」
とうかいどうしんかんせんからみたふじさん
http://www.keiko-cafe.com/asobo/yama/yama-21.html
http://www.keiko-cafe.com

2019年11月30日

御即位記念特別展「正倉院の世界―皇室がまもり伝えた美―」(2019/11/20)

先週、上野の東京国立博物館で開催されていた
御即位記念特別展「正倉院の世界―皇室がまもり伝えた美―」に
行ってみました。

IMG_3137.JPG

多くの人が来場していましたが
会場の平成館に向かう手前の本館入口前で
時間で区切られた入場整理券を配っていたので

IMG_3001.JPG

IMG_3002.JPG

それに合わせて
TNM&TOPPANミュージアムシアターや
東洋館などを見てから
時間を有効活用できたのはありがたいです。
IMG_3000.JPG

30代後半の頃に奮起して大学で歴史を学ぼうと
京都造形芸術大学の通信教育課程に入学した年、
本物を見る機会を増やそうと奈良国立博物館の
正倉院展に出かけたのが
もう10数年前のこと、
それから「正倉院」と聞くと
あの頃の秋の風景をいつも思い出します。

東京国立博物館本館前のユリノキも
当日は美しく色付いていました。
IMG_3156.JPG

今回、とても心に残った品がこちら、
正倉院宝物 雑集(部分) 
聖武天皇筆 
奈良時代・天平3年(731)

全長21メートル42センチという長大な巻物
「作品No.6 雑集」です。

国立国会図書館のデジタルコレクション
閲覧することができます。

トーハクのブログによるとこちらは聖武天皇の御宸筆で、
天皇がしたためられた書としては、
現存最古の作品だそうです。

心を込めて記された1万8千字は
静かな迫力のあるものでした。

巻末は天平3年9月8日の日付と共に
次のように締めくくられていました。
「諦思忍 慎口言 止内悪 息外緣」
石澤典夫氏による音声ガイドでは
「心乱さず耐え忍び、口に出すことを慎み
穢れた心を捨て、広く衆生を救う」と解説されていました。
これは聖武天皇の座右の銘とされていたのだそうです。
しみじみ、しみじみ
聖武天皇のお人柄が文字から伝わってきます。

展示コーナーの最後には
写真撮影OKの場所がありました。

こちら正倉院南倉を再現したもの
IMG_3008.JPG

IMG_3003.JPG

IMG_3012.JPG

IMG_3011.JPG

あまりに大きくて見上げた時
収蔵庫というよりも神殿のようでした。
床下だけでも2.7mあるといいますから圧巻です。

明治時代に造られた模造品がありました。

螺鈿紫檀五絃琵琶(模造)と
IMG_3023.JPG

螺鈿紫檀阮咸(げんかん)(模造)です。
IMG_3031.JPG

そして森鴎外の言葉もありました。
IMG_3033.JPG

夢の国 燃ゆべきものの 燃えぬ国
木の校倉の とはに立つ国 
森鴎外

鴎外は大正6(1917)年から5年間、
現在の東京国立博物館の前身である
帝室博物館の総長を務めていました。
そして奈良を何度か訪問した折に
詠んだ歌が上記の歌だそうです。

特別展の開催された平成館の手前に
鴎外の総長室跡がありました。
IMG_3140.JPG

昨年秋の読売新聞に掲載されていた
宮内庁正倉院事務所 所長のお話
によると
宝物を官位や爵位がなくても正倉院宝物を
見られるようにしたのは、鴎外だそうです。

100年前に確かにこの地で執務していた鴎外は
今、こうして何十万もの人々が足を運んだこの特別展を
かつての総長として
きっと嬉しく見守っていたのだろうなあ。
posted by Lana-Peace at 11:49| アート / 歴史 博物館情報

2019年11月29日

「ブラキキルム・ホースフィエルディイ」「ベニバナ」「タイマツバナ(ベルガモット)」

今日は「ブラキキルム・ホースフィエルディイ」
「ベニバナ」「タイマツバナ(ベルガモット)」のご紹介。

病気で外に遊びに行けないお子さんに
見せてあげたいなと思ってのせました。

けいこかふぇ
「いっしょにあそぼ おはな・しょくぶつ」「ぶらききるむ・ほーすふぃえるでぃい」
http://www.keiko-cafe.com/asobo/ohana/b-hors1901.html
「いっしょにあそぼ おはな・しょくぶつ」「べにばな」
http://www.keiko-cafe.com/asobo/ohana/benibana1901.html
「いっしょにあそぼ おはな・しょくぶつ」「たいまつばな(べるがもっと)」
http://www.keiko-cafe.com/asobo/ohana/taimatsubana1901.html
http://www.keiko-cafe.com