2020年01月11日

奥松島縄文村歴史資料館(宮城県東松島市)1)アクセス

こちらでご紹介した宮城県東松島市の奥松島縄文村歴史資料館は
さとはま縄文の里史跡公園の中にあります。
とても良い場所だったのでご紹介したいと思います。

仙台からは仙石線でJR野蒜駅まで向かいました。
DSC01112.JPG

駅のホームから海が望めます。
DSC00743.JPG

野蒜駅は東日本大震災の時に被災し、
海抜の高い場所へ移動になったのだそうです。
本当は野蒜駅からレンタサイクルでのんびり行こうかなあと
考えていましたが、見学時間と帰りの電車の時間等も考えると
ここはタクシーで移動した方が良いかな。

常時待ちのタクシーが停車しているわけではないそうですが
偶然ちょうどよく駅前に停車していた車があって
資料館までお願いしました。
土地はかなり高低差があったので、
タクシーに乗って大正解でした。

車中、運転手さんは震災の頃のこの地について
いろいろお話してくれました。
今は穏やかに見える海と海沿いの風景も
たくさんの人の思いがあって
今こうして変化を遂げてきているのだなあと思うと
なんだかとてもしみじみでした。

そして宮戸島の風景を車窓観光をしながら
東松島縄文村歴史資料館へ到着です。
DSC01104.JPG

前庭には縄文時代の竪穴住居などが復元されており
到着時から気分は縄文時代です。
DSC01029.JPG

先月こちらでご紹介したように
敷地には縄文時代のこどもをイメージした
排水溝の蓋があって、とてもかわいい。
DSC01109.JPG

DSC01110.JPG

DSC01027.JPG

資料館は円形をモチーフにしたデザインのようで
玄関前のこちらの場所、
空から見たらきっと円墳を想起させるようなイメージです。
(こちらは古墳とは関係ない資料館ですが)

DSC01026.JPG

その中を通っていざ、資料館へ。
DSC01024.JPG

展示物は次のページで詳しく紹介です。
posted by Lana-Peace at 12:31| アート / 歴史 博物館情報

鹿角製垂飾品と共に眠った3000年前の赤ちゃん(宮城県東松島市・里浜貝塚)

昨年夏に仙台を訪れた時、
松島まで足を延ばして東松島市の里浜貝塚に行ってきました。
海に面して、緑の丘に人々が暮らしを営んでいた場所。
その貝塚そばに奥松島縄文村歴史資料館があり
土器に埋葬された3000年前の赤ちゃんの人骨がありました。
ベンガラと鹿角製垂飾品と共に埋葬されていた
10カ月の胎児と考えられているこちらのお骨。
赤ちゃんを守り続けていた土器の外壁面は
とてもシンプルな縄文だったけれども
それはまるで毛糸で一目一目心を込めて編んだ
おくるみのようでした。
こうした素朴な文様は時に思わずホロリとさせられます。
この世の命は短かったけれども
長く、大事にずっと守られてきた。
親の悲しみと慈しみが伝わってくるような土器でした。


詳しくはこちらに書きました。

Lana-Peaceエッセイ
アート・歴史から考える死生観とグリーフケア
鹿角製垂飾品と共に眠った3000年前の赤ちゃん
(宮城県東松島市・里浜貝塚)
http://www.lana-peace.com/2/2-4-090.html
http://www.lana-peace.com/2/index.html

2020年01月10日

にこにこ楽しそうな男の子の埴輪

今日はにこにこ楽しそうな男の子の埴輪のご紹介。
茨城県高萩向原から見つかった埴輪です。

病気で外に遊びに行けないお子さんに
見せてあげたいなと思ってのせました。

けいこかふぇ
「むかしのおはなし」にこにこたのしそうなおとこのこのはにわ
http://www.keiko-cafe.com/mukashi/mukashi-haniwa4.html
http://www.keiko-cafe.com

2020年01月09日

ハツカネズミ

今日は「ハツカネズミ」のご紹介。

病気で外に遊びに行けないお子さんに
見せてあげたいなと思ってのせました。

けいこかふぇ
「いっしょにあそぼ どうぶつ」はつかねずみ 1
http://www.keiko-cafe.com/asobo/dobutsu/hatsukanezumi-191101.html
「いっしょにあそぼ どうぶつ」はつかねずみ 2
http://www.keiko-cafe.com/asobo/dobutsu/hatsukanezumi-191102.html
「いっしょにあそぼ どうぶつ」はつかねずみ 3
http://www.keiko-cafe.com/asobo/dobutsu/hatsukanezumi-191103.html
http://www.keiko-cafe.com

2020年01月08日

カヤネズミ

今日は「カヤネズミ」のご紹介。

病気で外に遊びに行けないお子さんに
見せてあげたいなと思ってのせました。

けいこかふぇ
「いっしょにあそぼ どうぶつ」かやねずみ 1
http://www.keiko-cafe.com/asobo/dobutsu/kayanezumi-191101.html
「いっしょにあそぼ どうぶつ」かやねずみ 2
http://www.keiko-cafe.com/asobo/dobutsu/kayanezumi-191102.html
http://www.keiko-cafe.com

2020年01月07日

カピバラ

今日は「カピバラ」のご紹介。

病気で外に遊びに行けないお子さんに
見せてあげたいなと思ってのせました。

けいこかふぇ
「いっしょにあそぼ どうぶつ」かぴばら
http://www.keiko-cafe.com/asobo/dobutsu/kapibara-191101.html
http://www.keiko-cafe.com

2020年01月06日

飛行機から見た富士山

新年あけましておめでとうございます。
新年早々、ブログやホームページを
見に来てくださった方が
たくさんいらっしゃったようで
大変ありがたいことです。

皆さまにとって今年が
良き年となりますように祈念いたします。

さて今日は飛行機から見た富士山のご紹介。
青空のもと、富士山は神々しくて凛々しくて
パワーがいっぱいでした。


病気で外に遊びに行けないお子さんに
見せてあげたいなと思ってのせました。

けいこかふぇ
「いっしょにあそぼ うみ・やま」ひこうきからみたふじさん 1
http://www.keiko-cafe.com/asobo/yama/yama-22.html
「いっしょにあそぼ うみ・やま」ひこうきからみたふじさん 2
http://www.keiko-cafe.com/asobo/yama/yama-23.html
http://www.keiko-cafe.com

2019年12月31日

嫌な思い出とどう向き合うか ―ある少年の言葉

過去の思い出したくないような出来事
それが恐怖だったり、孤独だったり、悲しみだったり、痛みだったり、
様々な感情が呼び起こされる時、
その出来事をあなたは心の中でどういう風に処理しますか?

ある少年が語った言葉
とても衝撃的でした。
普段はその出来事をすっかり忘れているけれど
何かの拍子に突然浮上して
思い出してしまった時、
彼は「嫌な思い出」そのことばかり
考えるのだそうです。
「楽しいから」と。

嫌な思い出なのに楽しい?
一体どういうことなのか?
私には当初その意味がまったくわからなかった。
頭の中が真っ白になって
彼の話を理解しようとしてみたけれど
まったく、わからない。
クエスチョンマークがぐるぐる。

どうして楽しいのか、
その理由を尋ねてみると
彼はまったく気負うこともなく教えてくれました。
もしその出来事と同じようなことが
これから起こったら
どんなふうに自分が回避するのかを考えるのだと。
自分の頭からその思考が消えるまでずっと。


随分前、もう何年も前のその出来事に対して
彼はまだ自分自身の答えを見つけていないそうです。
それも私はびっくりした。
何年もそれを考えているの?
答えを見つけようとするために?

私が彼と同じ年だった頃に遡ってみた時
そうしていただろうか?
いや、とてもそうはできていない。
蓋をして隅に追いやって
知らんぷりして生き続けてきただろう。


その少年の後ろ姿を見送った後、
私は何度も何度も彼の言葉を反芻しながら
考えてみました。
どういうことなんだろう。

それは彼しかわからないことだけど
彼のこれまでの過ごしてきた時間が
そういう思考を生み出してきたのだろう、
というのが私の答えです。

彼は赤ちゃんの頃からずっと辛い治療を
何度も何度も繰り返してきた。
こどもの立場ではきっと理不尽な思いも
あったことだろう。
治療の過程で嫌な出来事、嫌な思い出も
たくさんあったことだろう。

その中で彼は自分の人生を「嫌なことだらけ」
にしないようにする努力を続けてきたのだろう。
きっと。


何か起こる、そこで自分が嫌な思いをする。
また同じことが起こるかもしれない。
だけど未来の自分はそれをきっとうまく対応できる。
逃げるんじゃなくて、うまくそれをかわしていける。
未来の自分がそうあるために
彼は考えているのだろうと思う。


病気のこどもに大人が向ける眼差しの中に
自然と「不憫だ」と思う気持ちを重ねてしまうことは否めない。
でも病気のこどもたちは
気の毒で、かわいそうで、あわれむ
そういった存在以上の「存在」であることも
忘れてはいけない。


あなたは今まで何を考えて生きてきたの?
そんな風に彼に問いかけられているような気がしました。


若い命にまた一つ諭された思いです。
彼との出会いに感謝です。



今年も1年、出会ってきた病気のこどもたち
そしてそのご家族にたくさんのことを教えてもらいました。
彼女、彼らに広がる未来の時間が
幸多きものでありますように。
そういうお手伝いができるように
来年も努力していきたいと思います。

2019年12月30日

台湾・台北 松山空港「陽明山の春日のカラー」

台湾・台北 松山空港の出発エリアに
美しい壁面展示がありました。
解説板によると2008年ゴールデングラス賞第一位を獲得された
呉寛亮氏とその創作チームが共同創作した
「陽明山の春日のカラー」だそうです。
カラーの合間に小さな生き物たちも再現されています。

IMG_5631.JPG

IMG_5623.JPG

IMG_5623a.JPG

IMG_5629.JPG

IMG_5630.JPG

これを見て思い出したのが
故宮博物院で見た「翠玉白菜」
フラッシュなしであれば写真撮影OKだったので
撮影してみました。こちらがその時の写真。
多産の象徴と言われるキリギリスとイナゴ。

IMG_5387.JPG

IMG_5390.JPG

IMG_5399.JPG

出国間際に台北の思い出が蘇るひとときでした。
posted by Lana-Peace at 00:37| アート / 歴史 街の中

台湾・台北 松山空港 国際線出発エリアのこども用遊びのスペース

台北 松山空港 国際線出発エリアの
軽食エリアの横にこども用の遊びのスペースがありました。

IMG_5650.JPG


IMG_5649.JPG


靴を脱いで入ります。

IMG_5656.JPG

IMG_5653.JPG

IMG_5654.JPG

こじんまりとしたところですが
幼いこどもたちは出発前の時間を楽しく使えそう。