2014年09月07日

箱根神社の狛犬

先日訪れた箱根神社の狛犬は、
前足の毛が力強く風になびくような
そんな元気のよさが表現されていました。
こども向けの戦闘もののヒーローが
強そうに見えるような感じのように。

病気で外に遊びに行けないお子さんに
見せてあげたいなと思ってのせました。

アニメーションGIFでつくってあるので
ページを開いたまま、少し時間をおいてもらえると
変わる様子がわかっていただけると思います。


けいこかふぇ
「いっしょにあそぼ むかしのおはなし」はこねじんじゃのこまいぬ
http://www.keiko-cafe.com/mukashi/mukashi-km-16.html
http://www.keiko-cafe.com/

2014年08月27日

箱根元宮 馬降石の祠と狛犬・狐

箱根 駒ケ岳ロープウェイで山頂に上り、比較的緩やかな傾斜の遊歩道を進むと
箱根元宮があります。ここは2400年前から山岳信仰があった所だそうですが
現在は芦ノ湖畔の箱根神社の奥宮になっているそうです。
さて、箱根元宮の手前には馬降石(ばこうせき)と呼ばれる、
とても大きな石がありました。
その石の上に、白馬に乗った神様が降臨されたという伝承があるそうです。
当日はとても深い霧で3mくらい先は見えないほどだったけれど、
霧の中を進んで段々浮かび上がってくる石は、
とても不思議な感じがしました。
その石の前には小さな祠があって、両脇に狛犬、そして祠の前に1匹の狐が…。
強い風雨にさらされたせいか、随分石像は朽ちていますが
神様の大事な場所を、頑張って守っているぞ、という感じが伝わってきます。

箱根の神様のご利益が、病気のこどもたちにもありますように。

病気で外に遊びに行けないお子さんに
見せてあげたいなと思ってのせました。

アニメーションGIFでつくってあるので
ページを開いたまま、少し時間をおいてもらえると
変わる様子がわかっていただけると思います。

けいこかふぇ
かみさまのいしをまもるほこらのこまいぬときつね
http://www.keiko-cafe.com/mukashi/mukashi-km-15.html
http://www.keiko-cafe.com/

2014年05月30日

100年以上前のサイロと冷蔵庫

明治38(1905)年に作られた小岩井農場のサイロと天然冷蔵庫。
国内で最も古いレンガのサイロだそうです。
レンガ積みが実に美しいです。
そして何だか円墳のように見える天然冷蔵庫は
電気を使わないもの。
それでも乳製品加工の為に用を成していたとは、凄いですね。
あたたかい空気は煙突から上に逃げるのだそうです。

病気で外に遊びに行けないお子さんに
見せてあげたいなと思ってのせました。

けいこかふぇ
「むかしのおはなし 100ねんいじょうまえのさいろ」
「むかしのおはなし 100ねんいじょうまえのれいぞうこ」
http://www.keiko-cafe/mukashi/mukashi-koiwai.html
http://www.keiko-cafe/mukashi/mukashi-koiwai2.html
http://www.keiko-cafe.com/

2014年04月17日

荻窪白山神社の狛犬

身体の芯から温熱療法を行うつもりで
術後毎週1回、荻窪の岩盤浴に通うようになり、
今では体調維持とストレス解消として役立っているのですが
先日、岩盤浴施設の近くにある
荻窪白山(はくさん)神社の辺りを散策してみました。
荻窪駅からとても近い静かな住宅地の中にあります。
長い参道の途中を横切るように町の道が通っているのも、
500年以上前に創建された当時の名残と
現代の町の開発が折り合いをつけているような印象を受けます。

さてそこの狛犬、向かって左側の狛犬は
大人の狛犬の足元に赤ちゃん狛犬がいるのですけど
大人顔負けの迫力で、神社を守ってます。
向かって右側の狛犬の目は
俵屋宗達の風神雷神図さながらの目力。
46年前に置かれた狛犬ですけど、石がとてもきれいでした。

病気で外に遊びに行けないお子さんに
見せてあげたいなと思ってのせました。


けいこかふぇ
「むかしのおはなし じんじゃをまもるもの おぎくぼはくさんじんじゃのこまいぬ」
http://www.keiko-cafe.com/mukashi/mukashi-km-14.html
http://www.keiko-cafe.com/