2015年02月11日

ノルウェーのスタバンガー(Stavanger)のマンホール

パソコンの中身を整理していたら、古い写真が出てきました。
9年ほど前の写真です。懐かしいなあと見入ってしまいました。
20代の後半で病院を辞めてから、30代の頃、
私は外資系の心肺蘇生教育・医学教育機器を取り扱う
企業で会社員をしていたのですけど、その時、本社のある
ノルウェーのスタバンガー(Stavanger)という場所に
何度か出張に行くことがありました。
当時、本社で開発していた医学シミュレーション教育の
ソフトウェアとシミュレーターを日本で導入するための
日本語化の作業が目的でした。
北欧の異文化の人たちの中に、日本人が一人ぽつんと入っても
あたたかく一緒に働いてくれた経験は、大きな宝物です。
さて、そのあたたかさが象徴されるのが
今日ご紹介するマンホール。
大都会の街ではないのだけれど、古い家も美しく改修され
街の中に溶け込んでいたのが、すごく印象的。
なんだか、素朴な図柄だけど、妙にあったかくて、美しい。
井戸のそばで水汲みする女性を手伝う小さなこどもが
掘りこまれています。
石畳の道だから、その美しさが余計際立つのかな?
よく地元の花とか、市のマークなどが掘りこまれていることは多々あり。
でも「人はこうして井戸で大事に水を汲んでいた」と
自然に気付きを導くデザイン、
そのセンスがいいなあ。北欧。

stavanger-1.jpg

ノルウェーの美しい街並み風景などの写真が
たくさんあったので、少しずつご紹介したいと思います。
posted by Lana-Peace at 11:36| アート / 歴史 美しいマンホール