2017年03月26日

排水溝のふたなのでしょうか?不明ですが… 美しい松本てまりの蓋(長野県松本市)

こちらはいつもの丸いマンホールではないけれど
排水溝、なのかしら?

こんなところにも
松本てまりの図柄です。
それもカラーで!

DSC04067.JPG

全部のまりの色が違います。
まりの一部だけがカラーになっているのだけど
全部じゃなくても、それがとっても粋できれい。
posted by Lana-Peace at 17:45| アート / 歴史 美しいマンホール

松本てまりで遊ぶ女の子のマンホール(長野県松本市)

こちらで紹介した長野県松本市の
松本てまりのマンホールですが
こんなかわいいバージョンもありました。

DSC03880.JPG

松本てまりであそぶ二人の女の子の
楽しげな様子が図柄になっています。

見つけたのは松本市の旧開智学校のそば。
posted by Lana-Peace at 17:40| アート / 歴史 美しいマンホール

2017年03月24日

松本てまりのマンホール(長野県松本市)

長野県松本市のマンホールは
とっても美しい図柄。
道を歩いていると思わず足を止めてしまいます。

こちらの図柄は地元の代表的な民芸品の
「松本てまり」だそうです。
松本てまりとは
松本市公式観光情報ポータルサイトによると
「江戸時代中期頃、松本藩の士族の子女を中心に
身近な玩具として手づくりされたのが始まり」
なのだとか。

着色あり、なし
どちらもきれいです。

DSC03575.jpg

DSC03574.jpg

DSC03576.jpg
posted by Lana-Peace at 18:37| アート / 歴史 美しいマンホール

2017年01月10日

水色模様のマンホール (埼玉県 国営武蔵丘陵森林公園付近)

埼玉県比企郡の国営武蔵丘陵森林公園近くの
バス停近くで見つけた空気弁のマンホール。
清々しい水色。きれいです。

DSC00277.jpg
posted by Lana-Peace at 12:24| アート / 歴史 美しいマンホール

2017年01月09日

牡丹のマンホール(埼玉県東松山市)

先月、埼玉県東松山市の吉見百穴を訪れた時
(それはまた後日、HPでとりあげるのですけど)
最寄りのバス停の近くで、見つけたマンホール、
汚水用だったけど、とってもきれいなデザイン。
市の花、牡丹がデザインされていました。

DSC00276.jpg

DSC002761.jpg
posted by Lana-Peace at 11:02| アート / 歴史 美しいマンホール

2016年11月24日

石神井公園のマンホール (東京都練馬区)

先日訪れた石神井公園、
とっても良いところだったので、
これからHPで取り上げる予定ですが
石神井公園散策中に、
「都立公園」と書かれていたマンホールがありました。
10時から2時の位置に桜、2時から6時の位置にゆりかもめ、
6時から10時の位置にイチョウが陽刻されていました。
都立公園だから、
マンホールも都の花・都の木・都の鳥ってことですね。
桜は桜でもソメイヨシノってことです。

DSC07669.jpg

とってもきれいなデザインでした。
posted by Lana-Peace at 12:20| アート / 歴史 美しいマンホール

2016年10月20日

神戸のマンホール 3 (神戸・元町)

こちら神戸の元町の消火栓マンホール。
女性の横顔と長い髪の一部に、
ヨットや坂の途中の木々や建物等が
デザインされていました。

DSC06362.jpg

DSC06362a.jpg
posted by Lana-Peace at 07:44| アート / 歴史 美しいマンホール

2016年10月19日

神戸のマンホール 2(港公園付近)

こちら神戸のベイエリアの港公園付近にあった消火栓マンホール。
神戸のポートタワーや楽しい風景が再現されています。

DSC06394.jpg

DSC06394a.jpg
posted by Lana-Peace at 18:06| アート / 歴史 美しいマンホール

2016年10月18日

神戸のマンホール 1(兵庫国道事務所付近)

神戸にとてもきれいな消火栓マンホールがありました。
明治時代の頃と現代の神戸
それぞれの特徴が現われたものが
きれいなデザインと配色で表現されています。
兵庫国道事務所付近です。

DSC06399.jpg
posted by Lana-Peace at 07:29| アート / 歴史 美しいマンホール

2016年09月16日

旧芝離宮恩賜庭園入口付近の消火栓

東京 浜松駅から海に向かって南下するとすぐ、
旧芝離宮恩賜庭園入口が見えてきます。
その手前にこんなかわいい消火栓が…!

DSC05108.jpg
posted by Lana-Peace at 07:53| アート / 歴史 美しいマンホール

2016年06月06日

白川郷のマンホール

先日富山を訪れた際、
世界遺産の岐阜県 白川郷まで訪れてみました。
そこで見つけたマンホール、
合掌造りと山と空が図案化されたものです。

ちょっと年季が入った感じのものはこちらで
DSC02836.jpg

これはもう少し新し目な感じ。
DSC02641.jpg

マンホール真ん中に
「ひだ白川郷」と縦書きで書かれています。
文字入りって珍しいですね。
posted by Lana-Peace at 18:55| アート / 歴史 美しいマンホール

2016年06月05日

富山市のマンホール(山・雪・川・あざみ)

こちら富山県 富山駅周辺のマンホール。

富山の山と雪と川が中心で、その周りをお花が囲んでいるという図柄。

DSC02487.jpg

なんだかすがすがしい、水道のお水、って感じがしませんか?


そしてこちら汚水用ではありますが
とても美しいマンホールの蓋。

DSC02484.jpg

こちら、何のお花なのかなあと思ったら、
昭和48(1973)年に富山市の草花として選ばれた
「あざみ」なのだそうです。
私は富山と聞けばチューリップといったイメージなのだけど
どうしてあざみ?と思ったら
富山県土木部 都市計画課のHPによると
「根は薬用になり、「富山のくすり」ともつながる」
という理由だからだそうです。

ちなみに富山県土木部 都市計画課のHPには
たくさんの富山県内のマンホール図柄が掲載されていて
すごく美しいものがたくさん。
そしてその図柄の解説もちゃんとでています。

いやーこれは驚き。
本当に美しいから。
デザインってすごいですね。
限られたこのスペースの中に、
線と形と色でいろんな意味を表現しているから。
posted by Lana-Peace at 17:03| アート / 歴史 美しいマンホール

2015年10月14日

イチョウと桜とユリカモメのマンホール(東京都千代田区)

東京 千代田区の国会議事堂駅付近のマンホールは、
こんな感じでした。

こちらは電気。イチョウのマークだけです。

DSC04940.jpg

でも、この「イチョウ」のように見えるこのマーク、
Wikipediaによるとイチョウをデザインしたものではなくて
東京市の成立100周年を記念して、東京都の頭文字であるTを
デザインしたものなのだとか。
つまり「イチョウのように見える」マークっていうことですね。
でも東京都のHPによると
東京都の木は都民投票が行われ、
昭和41(1966)年11月イチョウが選ばれたのだと書いてあるけどな…。

まあ、イチョウであろうが、Tであろうが
どちらでもよいですが。

さて、こちらのマンホール
「汚水」用ではありますが、とてもよくできたデザイン。
桜の花の周りに、いろいろ曲線の文様が囲んでいるのだけど、
恐らくこれは(勝手に想像すると)
真ん中にあるのはソメイヨシノ、その花弁の間にあるのはイチョウの葉
そしてその外側を囲んでいるのはユリカモメでしょう。きっと。
上記の東京都のHPによると
東京都の花は昭和59(1984)年に「都の花選考会」で
ソメイヨシノに決められ、
都民の鳥は昭和40(1965)年にユリカモメに決定したそうですから。
それぞれ品よく、蓋の中に、きれいに集約されています。

DSC04939.jpg
posted by Lana-Peace at 18:49| アート / 歴史 美しいマンホール

2015年10月12日

銅鏡を髣髴とするマンホール(韓国, ソウル特別市, 明洞)

こちらソウル 明洞の道路にあったマンホール。

DSC05529.jpg

DSC05527.jpg

銅鏡を髣髴とするようなマンホールでした。
posted by Lana-Peace at 14:55| アート / 歴史 美しいマンホール

2015年10月01日

かわいいくじらのマンホール(東京都昭島市)

こちら東京都昭島市のマンホール
くじらのかわいい文様。
DSC04850.jpg

内陸部の昭島市でどうしてクジラ??と思って調べてみたら
160万年前の地層からクジラの化石が発見されたのだとか。
昭島でクジラ…ここは海だったのかあ。
160万年後の昭島はどうなっているんだろうね。
マンホールを見ながらちょっとタイムトリップ。
posted by Lana-Peace at 14:13| アート / 歴史 美しいマンホール

2015年09月24日

お魚がすいすい泳ぐマンホール (東京都あきるの市)

東京都あきるの市秋川にあったマンホール
お魚が清水をすいす泳いでいる感じが伝わるきれいなものです!
雨水と、汚水分けてあったよ。

「あきかわし」ってなっているけど、
五日市町と合併する前に設置されたものなのかな?

こちらは雨水
DSC04859.jpg

01.jpg

こちらは汚水
DSC04858.jpg
posted by Lana-Peace at 09:10| アート / 歴史 美しいマンホール

2015年08月31日

コアラとゾウのマンホール 金沢動物園(横浜市)

金沢動物園の中で、かわいいマンホールを見つけました!
アオバネワライカワセミのケージから少し緑の中を入っていくと
しいのき山展望台があって、そこからは金沢文庫から金沢八景へ至る
海沿いの風景を一望することができます。

DSC04106.jpg

そこからオオカンガルーの場所まで下っていくわけですが
その途中に、かわいいマンホールがありました。
コアラとぞうさん。なんとカラーです。

DSC04113.jpg

DSC04110.jpg

こんなにかわいいデザインの鋳型を作ったんだったら
もっといろんなところで、設置するといいのにね。

「でんき」と書いてあるので、
たぶん電気配線関係なのだと思います。

いいなあ。こういうの。和む。和む。

ちなみに、金沢動物園の本物のコアラとインドゾウも
すごくかわいいよ!!
posted by Lana-Peace at 00:14| アート / 歴史 美しいマンホール

2015年07月26日

小町通りのマンホール(神奈川県鎌倉市)

こちらで鎌倉市の消火栓のマンホールをご紹介しましたが
市内 小町通りのマンホールはもっと素敵な図柄。

DSC03851.jpg

いちょうの葉っぱに囲まれた内側に、
ユリの花(?)を中心に、波間に飛び交う鳥の姿。
いちょうの背景は「山吹色」に塗られています。

なんだか、夕陽にきらめく波間の間を
いちょうの葉が漂って、
そして夕暮れの海の波間に、鳥が飛び交っているかのようです。

詠まれた場所は違えど、万葉集 266番歌 柿本朝臣人麻呂による
こんな歌が想起させられるような……
淡海乃海 夕浪千鳥 汝鳴者 情毛思努尓 古所念
(淡海の海 夕波千鳥汝が鳴けば 情(こころ)もしのに 古(いにしえ)思ほゆ)

このマンホール、デザインした方、詩情がありますなあ。

夜、週末だと言うのに早じまいをする小町通りを電灯の下、
結構、このマンホール、目に留まります。
posted by Lana-Peace at 16:41| アート / 歴史 美しいマンホール

2015年07月24日

鎌倉宮近くのマンホール(神奈川県鎌倉市)

神奈川県鎌倉市 鎌倉宮近くの道路の消火栓マンホール
こんな盛りだくさんのアートな感じ。
海と波と太陽と植物。
自然がいっぱいっていう感じがしますね。

150724.jpg
posted by Lana-Peace at 16:02| アート / 歴史 美しいマンホール

2015年07月09日

浜離宮恩賜庭園の美しいマンホール

浜離宮恩賜庭園のマンホールですが
松と池と茶屋が…
なかなか風情がありますね。

DSC02893.jpg

雨の日は足元が悪いので、
どうしても下ばかり見てしまいますが、
こういう発見は、嬉しい発見。
posted by Lana-Peace at 18:57| アート / 歴史 美しいマンホール

2015年02月11日

ノルウェーのベルゲン(Bergen)のマンホール

こちらは2007年春撮影のノルウェーのベルゲン(Bergen)の
マンホールです。
ベルゲンは旅行会社の北欧パンフレットに、
縦長の三角屋根の細長い家が立ち並ぶ港街の風景が写っている場所で
有名なところです。
ノルウェーには仕事で何度もいったけど、
その場所を楽しむような時間の余裕ががなくて、
滞在先以外の場所に観光に行けなかったのだけど、
最後の出張の時は1日余裕があったので、
「もうきっと、ノルウェーに来ることはないなあ」と思って
船で脱出して、初めて観光地に行ってみました。
ベルゲンです。
やっぱり美しい街並み。そして美しいマンホール。

bergen-1.jpg

マンホールの図柄は決して虚構ではなくて、
本当にベルゲンの街の雰囲気を写し取られたものでした。
posted by Lana-Peace at 11:56| アート / 歴史 美しいマンホール

ノルウェーのスタバンガー(Stavanger)のマンホール

パソコンの中身を整理していたら、古い写真が出てきました。
9年ほど前の写真です。懐かしいなあと見入ってしまいました。
20代の後半で病院を辞めてから、30代の頃、
私は外資系の心肺蘇生教育・医学教育機器を取り扱う
企業で会社員をしていたのですけど、その時、本社のある
ノルウェーのスタバンガー(Stavanger)という場所に
何度か出張に行くことがありました。
当時、本社で開発していた医学シミュレーション教育の
ソフトウェアとシミュレーターを日本で導入するための
日本語化の作業が目的でした。
北欧の異文化の人たちの中に、日本人が一人ぽつんと入っても
あたたかく一緒に働いてくれた経験は、大きな宝物です。
さて、そのあたたかさが象徴されるのが
今日ご紹介するマンホール。
大都会の街ではないのだけれど、古い家も美しく改修され
街の中に溶け込んでいたのが、すごく印象的。
なんだか、素朴な図柄だけど、妙にあったかくて、美しい。
井戸のそばで水汲みする女性を手伝う小さなこどもが
掘りこまれています。
石畳の道だから、その美しさが余計際立つのかな?
よく地元の花とか、市のマークなどが掘りこまれていることは多々あり。
でも「人はこうして井戸で大事に水を汲んでいた」と
自然に気付きを導くデザイン、
そのセンスがいいなあ。北欧。

stavanger-1.jpg

ノルウェーの美しい街並み風景などの写真が
たくさんあったので、少しずつご紹介したいと思います。
posted by Lana-Peace at 11:36| アート / 歴史 美しいマンホール