2014年04月19日

かわづカーネーション見本園

先月、河津桜をお花見した後、辺りを散策していたら
偶然かわづカーネーション見本園を見つけましたので、入ってみました。
入場の際いただいた資料によると、ここは園内331品種、
13,300株のカーネーションが栽培されているそうで、
市場に出荷されている品種の一般棟1つ(23品種5800株)と
現在まだ市場には出ていない新品種育成試作の
特別棟が2つ(あわせて308品種、7500株)があるのだそうです。凄い!!

その迫力に圧巻ですが、平安な気持ちになるのはなぜでしょう。
牧野富太郎先生の『牧野富太郎自叙伝』(講談社)の「草木への愛」
というエッセイの中に、草木を慈しむ気持ちは喧嘩も戦争も起こらない
天下泰平につながるのだというご意見が書かれていますが、
それが答えなのかもしれません。

疲労が強くて、自分を鼓舞する何かを必要とするときは、
その存在自体がアートであるお花のそばで、エネルギーを
充電してもらうのも一手です。

詳しくはこちらに書きました。

充電できる癒しの場所
花農家の慈愛「かわづカーネーション見本園」
http://www.lana-peace.com/3/3-2-015.html

そしてこれから1つずつ、たくさんのカーネーションを
ご紹介したいと思います。
病気で外に遊びに行けないお子さんに
見せてあげたいなと思ってのせました。

「いっしょにあそぼ おはな・しょくぶつ ちきーた」
http://www.keiko-cafe.com/asobo/ohana/tikita.html
http://www.keiko-cafe.com/
posted by Lana-Peace at 01:14| アート / 歴史 公園・庭園