2014年03月19日

脳腫瘍とスターウォーズ

病床に臥せるお子さんにとって
本、マンガ、テレビ、映画は
自分に新しい世界をのぞかせてくれる窓になります。
それは、決して現実逃避なのではなくて、
子どもにとって新しい力に変わる助けとなるもの。

空想の世界が自分の身体の治癒能力を総動員させるほど
大きな働きをもつこと、大人の常識的なかちかちの頭では信じ難い、
でも本当の話ってあるのですね。
B・S・シーゲル先生の『シーゲル博士の心の健康法』の中に、
宇宙艦隊の艦長さんになって
他の惑星を侵略する邪悪な惑星(腫瘍)に戦いを挑み
太陽系(自分の脳)を救い、勝利を手にする9歳の少年のお話が
載っていました。

詳しくはこちらに書きました。

病気のお子さんとご家族のために
脳腫瘍とスターウォーズ
http://www.lana-peace.com/1/1-1-046.html