2014年02月10日

「例外」をどう考えるか バーニー・シーゲル『奇跡的治癒とはなにか』

バーニー・シーゲル先生の著書
『奇跡的治癒とはなにか
 ―外科医が学んだ生還者たちの難病克服の秘訣』
(石井 清子訳(1988)日本教文社より刊行)の中に
シーゲル先生が作られた支援組織ECaP
(例外的がん患者: Exceptional Cancer Patient)のお話が登場します。
いわゆる王道の治療パターンからはずれて、
奏功した例を聞くと、「例外」扱いされ、
「たまたま、ラッキーだったんでしょ」と
奇跡話のような扱いに貶められてしまうこともあります。
でももしかしたら「例外」こそ
学ぶべき大きなヒントが隠されているのであり、
そのヒントを見出せず、多くの方に浸透していない時期には
その数が少ないために「例外」になってしまうのではないか…
そんな風に思いました。

詳しくはこちらに書きました。

病気のお子さんとご家族のために
「例外」をどう考えるか
http://www.lana-peace.com/1/1-2-020.html
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: