2014年01月22日

クロネコの運ぶスワンの夢

インターネットで買い物などすると、
配送の際、クロネコヤマトはとてもよくお世話になっています。
届けてくださるスタッフの方も、大変感じの良い方ばかりで、助かってます!
先日、クロネコヤマトのポイント交換で「ウォークスルーお菓子BOX・A」
をいただきました。
早速届いたのですけど、 わーい、トラック大好きな子どもたちは
きっと、うはうはだろうなぁ。このお菓子の箱。
クロネコヤマトのトラックです。
写真はこちらにアップしました。
http://www.lana-peace.com/1/1-1-027.html

箱の中にラスク2袋とバターケーキ1個とカードが入っていました。
そのカードを読んで、とても嬉しくなりました。
このお菓子の会社「株式会社スワン」はクロネコヤマトの創業者である
故・小倉昌男氏がタカキベーカリーと提携して、
創業したベーカリーチェーンなのだそうです。
その目的は心身の不自由な方が、労働によって正当な賃金を得て、
社会に参加できることを目指すため。
何か活かせる能力と共に、自分が働けるって喜びにつながりますもの。

そういうお話を読んだ後でいただいたお菓子は実に、
ありがたく、一層おいしかったです。
最初に国産当帰(トウキ)のラスクをいただきました。
昔懐かしいような香りで、さっぱりした甘さ。さくさく良い食感。
いくらでも食べられそう!
でも、もったいないので、今日は全部食べないで(食べたいとこだけど)、
ちょっとずついただきます。
なお当帰は血行促進効果がある漢方の素材ですよね。
わぁ、こういうところにも登場するのか…と勉強になりました。

スワンは全国に直営店や加盟店があるとのこと。
都内にもお店があるので、近いうちに行ってみようかな。
ネット販売もあるそうなのだけど、クリックしてみたらどうやら準備中。
(2014年1月22日現在)
乞うご期待!というところですね。

病気の子どもたちが成長して、大人になった時、
自分の人生を、自分の力で歩んで切り開いていきたいと思うはず。

誰かに「これ、おいしいなあ」と思ってもらったり、
自分の作ったものが、誰かの楽しい時間に参加できると思ったら、
とってもわくわくしませんか。
そしてそういう活躍の場があれば、わくわくが倍増!

小さい頃からたくさんの方のお世話になってきたお子さんは、
「いつか自分が誰かのために何かできる」ことを、
健康に育ってきたお子さん以上に強く望んでいますから。きっと。

病気を抱えても、お子さんが自分の人生を切り開いていく力を発揮できますように。
Lana-Peaceでもそうした活動を応援したいと思っています。