2014年01月05日

新しいドア

先日、韓国ドラマで「お隣さんは元ダンナ」という作品を見ました。
このドラマは離婚したご夫婦が、
それぞれ新しく生活を始めようとするのですけれど、
それが隣同士の家だった、という設定で始まります。
元夫婦が互いに新しい人生を歩んでいく過程で、
いろいろ大変なことが起こり、
それを通して成長していく姿が描かれたドラマです。

そこで、とても良いなあと思う会話がありました。
困った状況にあった少年に、
ある青年がアドバイスした言葉です。

「ドアが1つ閉じれば、神様が別のドアを開けてくれる。
 そのドアを目がけて、走ればいい。」

引用:
2010年韓国SBSテレビ「お隣さんは元だんな」第36話 
脚本:チェ・ヒョンギョン氏
13分30秒あたりから出てくる言葉です。

チェ・ヒョンギョン氏、
すごい方だなあと思います。

その言葉を聴いているうちに
病気のお子さんや先立ったお子さんとそのご家族のことで
考えることがありましたので、こちらに詳細を書きました。

病気のお子さんとご家族のためのページ
別のドアに向かって走っていくこと
http://www.lana-peace.com/1/1-1-022.html

先立ったお子さんとご家族のためのページ
新しいドアとお子さんの魂
http://www.lana-peace.com/2/2-3-010.html