2013年12月01日

小林一茶と長男の死 (父の願いと初袷)

悲しい時に詠まれた句にはシンプルな言葉の中に、
たくさんの複雑な思いがつまっています。
小林一茶の『七番日記』、
先立たれた長男を思う親心にあふれた句がありました。
こちらに取り上げました。
http://www.lana-peace.com/2/2-2-005.html