2021年09月15日

山本達彦氏「MANDALA LIVE 2021〜Live en Quatre Saisons・Automne〜」(2021/9/11 2nd stage・ライブ配信)

先週土曜日、東京・南青山MANDALAで行われた山本達彦さんのライブ、
自宅でライブ配信を利用しました。

山本さんはエンジのジャケットに紺と白のシャツで
とてもお元気そうな笑顔です。

今回はピアノとギターのソロ、お一人で登場された分
山本さんのアレンジや演奏の美しい音が一つ一つ
とても際立っていました。
スローな曲が多かったせいか
甘い歌声と演奏が会話しているみたいでした。
山本さんのライブは毎回期待以上のパフォーマンスで
とても楽しみだけれども
中でも「Imitation tale」はアルバム収録とは
全く別のテイストでとっても素敵でした。

山本さんは良いメロディに良い歌詞をのせていく、
そういう歌作りをされてきたそうですが
幼少期に触れられていた宗教音楽の影響がエッセンスになって
曲作りやその後のアレンジにも随所に活かされて
アルバム収録、発表以降もずっと
ライブで新しい魅力が出てくるんだなあって思います。

山本さんはご自分のことを
年を重ねてもまだ進化の過程にあり
今の時代、健康に留意されながらも
仕事に精進しようと思われることをお話されていました。

そう聞くと、いくつになっても
日々の積み重ねって大事だなとしみじみ思う次第です。

山本さんの生み出す上質な音の波動で
またチャージができたなあ。
期限ぎりぎりまで何度も見ることのできるライブ配信
本当にとってもありがたい。

これからも山本さんが活き活きとご活躍されますように!
posted by Lana-Peace at 10:12| アート / 歴史 音楽