2019年12月11日

大賀ハスのマンホール(千葉県千葉市)

千葉市の加曾利貝塚近くで見つけたマンホール、
千葉市の鳥「コアジサシ」が二羽、
その上に市の木「ケヤキ」の葉っぱ、
そして周囲をぐるっと囲むのは市の花「大賀ハス」。

大賀ハスは千葉市で昭和26(1951)年に発掘され、
翌年に2千年もの眠りから覚めて開花したという
誇り高き蓮です。
10年ほど前、千葉公園まで朝早く出かけて
見に行ったことがあるので
ああ、こんなとこに、と思って懐かしくなりました。

IMG_4339.JPG

そしてこちらはJR千葉駅周辺のマンホール
同じデザインでこげ茶と白のコントラストがきれいです。

IMG_4412.JPG

そしてこちらは大輪の大賀ハスが1輪、
ケヤキも枝がデザインされて
その上にコアジサシが2羽。
IMG_4411.JPG

きれいなデザインのマンホールですが
コアジサシの羽が欠けて痛々しいです。

こちらは京成千葉中央駅近くのマンホール、
カラーでとても鮮やかです。
IMG_3195.JPG

posted by Lana-Peace at 00:48| アート / 歴史 美しいマンホール