2019年12月02日

五色塚古墳・小壷古墳(兵庫県神戸市)

本日ご紹介分は2016年10月(もう3年も経ってしまった)に訪れた
兵庫県神戸市垂水区の五色塚古墳と小壷古墳です。
まずは密集した住宅街の中に復元された古墳が登場です。

DSC06414.JPG

DSC06404.JPG

五色塚古墳は4世紀末に造られ
前方後円形と島状遺構が2基で
全長194m、後円部の高さは18.8m。
墳丘段数は3段でとにかく大きい!

現地の解説板によると葺石の数は2,233,500個
淡路島東岸産で斑糲(はんれい)岩が主で
その他花崗岩だそうです。

古墳そばにあった案内館には復元CGパネルがありました。
築造当時の五色塚古墳と小壷古墳は
上空から見るとこんな感じで
DSC06382.JPG

明石海峡から見るとこんな感じだったと考えられています。
DSC06381.JPG


葺石の数は膨大であるため、
大きな石を運んで古墳の近くで細かく砕いて
大きさが整えられたのだろうか?と想像しますが、
今は約3.9kmの明石海峡大橋で結ばれている瀬戸内海、
当時は間違いなく船で運んだことでしょう。
どれほど多くの人員の労力と
それをまとめる統率力があったのだろうかと
驚きです。
被葬者は不明ですが海からこの古墳を眺めたら
きっと海から攻めこもうと思った敵も
これだけ絶大な支配力があるところに
戦をしかけることは諦めそうです。

案内館には1/100の縮小モデルもありました。
DSC06372.JPG

当時はこんな風に埴輪が敷き詰められていたそうです。
DSC06369.JPG

復元されていた五色塚古墳の遠景はこんな感じ。
DSC06475.JPG

用いられた埴輪は2,200本以上と推定されており、
そのうちの約600本が発掘調査で出土しています。
築造当時は墳頂部と上段平坦面、中段平坦面の三段に
4本から6本の鰭付円筒埴輪に1本の割合で
鰭付朝顔形埴輪が立てられていました。
朝顔形埴輪の高さは約140cmもあるので
これだけ大きなものを壊れないように
造形、焼成して運搬して設置する当時の技術も
すごいことです。

その他に蓋形(きぬがさ)埴輪や家形埴輪、
盾形埴輪も少量発見されています。

現地の復元では出土した埴輪を元に
後円部と前方部の墳頂だけに
合成樹脂で製作された鰭付円筒埴輪と
鰭付朝顔形埴輪が立てられていました。

DSC06416.JPG

DSC06420.JPG

DSC06432.JPG

DSC06419.JPG

DSC06470.JPG

DSC06445.JPG

埴輪のそばに鳥が飛んで、その遥か上空に
飛行機が飛んでいました。
巨大な古墳の上を大きな飛行機が飛ぶなんて
当時の人は想像もつかなかったことでしょう。
DSC06484.JPG

前方部は明石海峡方面に向かって伸びています。
DSC06463.JPG

DSC06435.JPG

DSC06422.JPG

五色塚古墳のすぐそばにあった小坪古墳は
築造が4世紀後半と推定されています。
大きさは直径70m高さ8.5mで
二段にわたって墳丘が築かれ、
斜面に葺石はなかったものの、
墳頂部と中段の平坦面には
五色塚古墳のような鰭付円筒埴輪が
設置されていたのだそうです。
復元整備される時に墳丘斜面に平坦面を作らず
斜面全体に芝張りが行われたことから、
当時とはちょっと違った趣です。

DSC06478.JPG

五色塚古墳の墳頂からこんな風に見えます。
DSC06426.JPG

マンションと古墳、なんだか不思議な光景。
でも、考えてみたらこれだけ住宅需要の高い土地、
こんなに大きな古墳を破壊しないで
そのまま残して復元しようと努めた
発掘当時とそれ以降の人たちのおかげで
今も五色塚古墳・小壷古墳の存在を
改めて認識ができるわけです。