2019年08月12日

「いや、大丈夫だよ!」 ―そう言い交わす母の心

お子さんが赤ちゃんの頃からいくつも病気があって
成長の過程で何度も入院を繰り返していると
時には「どうしてこんなにうちばかり
大変なことがあるんだろう」って
思うこともありますよね。
それは親御さんだけでなく、
段々大きくなってきたお子さん自身も
そんな風に感じるかも。

そばで見ている親御さんは
お子さんの率直な気持ちがわかるから辛い。
でもどうしようもない現実の中で
親御さんの方も何と声をかけて良いのか
わからない時もあります。

あるお母様が仰っていました。
大変だよね……っていうスタンスよりは、
「いや、大丈夫だよ!」というスタンスにして
自分はお子さんに接するのだと。

それは無責任な発言ではありません。
今迄だっていくつも大変なこと経験して
そのたび、乗り越えて来た。
だからこの先、どんなふうな展開になるかわからなくても
きっと大丈夫だって思う。
それはお子さんの耐え抜く力を
知っているし、
そのもっと大きな可能性を信じているから
言える言葉なんだ……
彼女のお話を伺っているうちに
そう思いました。

きっと何度も繰り返してきたのだろうなあ。
彼女の心の中でも。
「ああ、なんてかわいそうなんだろう。」
「こんなに小さいうちから……」って。
溜息と葛藤と。
だけどその繰り返しの中で
「いや、大丈夫だよ」
そういう気持ちが湧き出るようになってきたんだなあ。

彼女はお子さんのこと、一人の人として見ていました。
いつか、我が子も大人になって
自分の元を巣立って、人生を歩むようになると。
そういう将来を見据えて
いつも「病気だからって」逃げ口上を作るんじゃなくて
病気と向き合って独り立ちしていける力を
養えるように、接する。
その中で自然と口をつくのだろうなあ。
お子さんが弱気になった時に
「いや、大丈夫だよ」と。

彼女がお子さんとこれまで歩んできた時間を想像すると
心がジーンとしました。


今が踏ん張り時だから、頑張ってほしいなあ。
そのお子さん。

大丈夫だよ、だってあなたは
これまでも何度もそうやって乗り越えて
大きくなってきたんだから。

そういう強さを秘めた人なんだから。あなたは。

1万人に1人、そういう発症率の病気だとしても
それはすなわち1万人に1人しかないすごい力、
生き抜く力を秘めている人なんだよ。あなたは。

今のあなたの頑張りは必ず次につながる。
そしてひと山越えたら、
これから見えてくる風景は
もっと清々しくなるから。