2019年02月16日

ただ、そばにいてくれるだけで  ――母の心の支えになってくれる夫

「ただ、そばにいてくれるだけで、心強い。」

涙した彼女はご主人の存在をそう語っていたのでした。

我が子に起こった大きな変化、
どうなってしまうのか、怖くて、心細くて、
ぽっかり開いた大きな心の穴、
信じられない、自分にはこんな状況受け止められない、
彼女がそう思う時、
ご主人の存在はひたすらありがたくて
あたたかさが心にしみ渡っていたのだそうです。

逃げ出してしまいたいような現状、
これは夢だって否定したい現実、
でもそれらの時間を共有してくれたご主人は
彼女にとって大きな大きな心の拠り所だったそうです。

相手を信頼して、思いやって
そういう時間の積み重ねの中で培ってきた関係性は
いざ、という時にとても大きな力を発揮してくれるんだなって
彼女のお話を伺いながら思いました。

何か励ましたり、気の利いた言葉を求めているんじゃない。
辛い時間を逃げないで、分かち合ってくれた存在が
彼女を段々強くしてくれたのでした。



おうちで待ってくれているお兄ちゃんも
あなたのことを首を長くして待ってくれているよ。
また、一緒に遊ぼうねって!
春になったらみんなで一緒にお花見にでかけられるように
頑張ろう!


お子さんに始まる新しい治療、
きっとうまくいく!