2018年12月10日

函館市縄文文化交流センター 4)縄文時代の住居

函館市縄文文化交流センターのご紹介。
1階展示室2では縄文時代の暮らしを知ることができます。
DSC03579.JPG

縄文時代こんな集落がつくられていたわけですが
DSC035690.JPG

こちら大船遺跡の復元住居
DSC03446.JPG

その床面は地表を深く掘り下げられていました。
外気の影響を受けにくく、
内部の温度をある程度一定に保つことが可能で
なおかつ夏涼しく、冬暖かいからだそうです。

大船遺跡のこちらの住居跡は深さ2.4mまで掘られています。
こちら縄文文化交流センターのパネル写真。
DSC03607.JPG

そしてこんなジオラマがありました。
DSC03602.JPG

DSC03604.JPG

大船遺跡で復元されていた住居骨組みの内側にあった床面の棒は
当時こんな感じだったわけですね。
DSC03436.JPG
posted by Lana-Peace at 00:33| アート / 歴史 博物館情報