2018年07月14日

「今」を生きているのだから――不安に駆られた日々から笑顔を取り戻した父親

我が子の誕生、初めての育児に忙しくもあり、
元気に育っていることを喜んでいた矢先
医師からお子さんが重い病気だと言われ
今迄聞いたこともないような病名を告げられた時
親御さんの気持ちはパニックになり、
次々と湧き出てくる得体の知れない不安に
潰れそうになる……そんな時、どうすれば良いのでしょう。

あるお父様、これから先のことを考えたら
とにかく不安で仕方なかったのだそうです。
未経験の道。何が起こるのか、どんなことが待っているのか。
考えるとどんどん不安ばかりが募ってきたそうです。
でも、ある日、思ったんですって。
今、目の前にあることに集中しようって。

起こるかどうかもわからないことに
心悩ませる時間があるなら、
今やるべきことに時間を使おうと。

誰かにそう言われたわけではなくて
自分でそう気付きを得ていったのだそうです。

なぜ?

その問いにお父様は静かに答えてくれました。
あんなにも、あれもこれもと自分で考えていたけれど
それまで不安でいろいろ頭のなかで考えたことが
実際にすべて起こってきたわけじゃないと。
あ、そうか、と。
自分でそう気付いたのだそうです。

そして我が子が頑張っている姿が
自分を「今」に引き戻してくれたんですって。
ありもしない未来にふわふわ漂って不安に駆られる自分を
まさにこの現実である「今」に。

物静かで、穏やかで、とても優しいお父様。
だけど心の内ではたくさんの葛藤があったのだなあ。
そしてその一つ一つを経ることによって
更に一段高みに登ってお子さんと一緒に頑張れている。


新しい治療きっとうまくいくよ。
心の強さを得たあなたのパパは
ますます優しさを倍増しているからね!
そしてあなたが頑張っているのをいつもそばで見守ってくれてるからね!
だから安心して、新しい治療と共に元気になろう!