2018年06月19日

日本最古のコンクリート電柱(北海道函館市)

北海道函館市の路面電車の「十字街」の停留所から
北西方向、二十間坂通沿いにあった
日本最古のコンクリート電柱。
大正12(1923)10月に函館水電会社(現在の北海道電力)によって
建てられたということなので、あと数年で百寿を目指すってことですね。

DSC05498.JPG

こちら造られた当時、函館は火災が多かったことから
耐火建築が増えるようになり、この角錐型のコンクリート電柱も
その影響だそうです。

そして驚きなのはこちら博物館の展示品ではなくて
街中で本当に使用されているもの。
DSC05497.JPG

100年近く雪も台風も乗り越えて、未だ現役。
しっかり電線を張ってお役目果たしています。
posted by Lana-Peace at 07:55| □ アート いろいろ (街の中)