2018年02月01日

なんとかなる。なんとかならなきゃ、なんとかする。

医師から病名を告げられて
信じられなくて、途方に暮れて…
そんな時、他の家族はどう乗り越えてきたんだろう。

「なんとかなる。」
そういう気持ちで頑張ってきたというあるお父様。
そう思っても、それ以上に大変な状況が起こってきたとしたら…
と尋ねてみると、何の気負いもなくサラッとおっしゃいました。
「なんとかならないのなら、なんとかする」のだと。


「なんとかなる。」
「なんとかする。」

そのお話を伺って、すごく心の中がジーンとしました。
そして思わず何度も心の中でそれをつぶやいてみた。

どんなことが起こっても、
気持ちの中で、希望を見出すことが難しい時でも
そのまま、そこで絶望するのではなくて
「なんとかならないんだったら、なんとかする」
それは開き直りではありません。
決して、言葉遊びなんかでもありません。

「なんとかする。」
そのためには自分は何ができる?
お父様のそういう思考はとても力強くて
素晴らしいなあと思いました。

私はそのお父様の年の頃、
はるか昔のことになってしまうけれど、
そんな風に強く、たくましく、問題に向かい合えていただろうか?
いや、いや、とてもそんな強さはなかった。
すごいなあ。
一本心の芯柱がすーっと立っている。
無理しているわけでもなく、
きっと今まで生きてきた姿勢の積み重ねが
今の瞬間に集結しているのだろうと思う。

清々しい笑顔と共に、
「なんとかならないなら、なんとかする」とおっしゃったお父様。

お子さんに起こった病気
もちろん当初は本当に気持ちが揺れたそうですが
本来の強さを取り戻せたのは
我が子をとにかく守りたいから。
そしてショックを受けている奥様のこともしっかり守りたいから。

お子さんのことも、奥様のことも
しっかり、しっかり守って
いつかお子さんが元気になって退院できる幸せを
もう手の中に掴み取っているように思いました。

強く思い描く幸せ像に近づくために
「なんとかなる。なんとかならなきゃ、なんとかする。」
そのお父様、本当に名言だわ!

どんなことが起こっても、
そこでくじけるのではなくて
そこから這い上がって行こうとするお父様。

お子さんがどうか元気になりますように。
そしてお父様のぶれない心の芯の強さが
これからもますます増していきますように…



あなたが元気になったら
パパは家族みんなで冬の雪山にも夏の海にもでかけて
元気いっぱい楽しく遊べることを願っているよ。
パパはスポーツの達人だから、きっとあなたもびっくりしちゃう。
そしてパパみたいに溌剌とスポーツができるようになるだろうね。
きっと。
そうなれるように、今は踏ん張り時。
一日、一日、頑張っていこう!
きっと元気になれる、って信じてね!
リンク集
link-1.jpg" target="_blank">link-1.jpg