2017年12月17日

川崎市夢見ケ崎動物公園(3)古墳の上の広場と木のトンネル

了源寺と慰霊塔の間は大きな広場になっていました。
ここには公園周辺に築造されていた白山古墳(前方後円墳)と加瀬台7号古墳(円墳)の
実物大が再現される目印がありました。
大きさが分かるように、という意味なのだろうと思います。

DSC05775.JPG

DSC05794.JPG

広場はこどもが走り廻ったり、
シートを広げてお弁当を食べる家族連れもいました。

そこには太陽光発電装置が。こちら現地の解説板によると
宝くじの普及宣伝事業として整備されたもので
マイコン制御で自動的に太陽を追いかけて発電し
電力会社からきた電気と合わせて
動物園内の動物病院と公園事務所などで使用しているのだそうです。
古墳の上に、現代科学の知恵あり。
DSC05774.JPG

さて、その中で気になったのが、太陽発電の裏にあった木のトンネル。

DSC05782.JPG

木に囲まれた空間が道のようになっていて、超至近距離の森林浴です!
身長の低いこどもの視線から見たら、きっと森の中を探検しているような
気分になるんだろうなあ。

DSC05784.JPG

大人もドキドキする感じです。
上を見ても横を見ても木の枝と緑。
下は開いているので光は入ってきます。