2017年09月20日

現世・来世の安穏・極楽が願われた江ノ島弁財天道標(神奈川県藤沢市)

江ノ島電鉄江ノ島駅から江ノ島に向かって湘南すばな通りを直進すると
海に向かうまでの途中右側に江ノ島弁財天道標があります。
解説板によると管鍼術を江の島で考案した杉山検校が
寄進したと伝えられる道標のうちの一つだそうで
現在の位置から170m南の洲鼻通り地下から
平成11(1999)年1月の道路工事中に発見されたのだそうです。

弁財天を表す梵字の下に「ゑのしま道」
右側面に「一切衆生」

DSC00481.JPG

左側面に「二世安楽」と彫られています。

DSC00432.JPG

こちら江の島弁財天への道をたどる
すべての人の現世・来世での
安穏・極楽への願いが込められたものだそうです。

過去は変えられないけれど、今、未来は変えられるものね。
それが安らかで穏やかで楽しいものであれば
尚、良いけれど!

自分のため、じゃなくて
自分も、自分以外の人もそういうご利益が得られるようにと
願いがこめられて寄進されたのだと思うと
とても、ありがたいものだなあと思う今日この頃。