2017年01月17日

立て続けに長女・五男を亡くした詩人フリードリヒ・リュッケルト

19世紀に活躍したドイツの詩人
ヨーハン・ミヒャエル・フリードリヒ・リュッケルト
(1788/5/16-1866/1/31)は半月の間に、幼い長女と五男の命を
猩紅熱によって奪われてしまいました。
その後、半年間に渡って書き綴られた
563もの詩『こどもの死の歌』は
こどもたちの死後40年近く経って出版され
そこから更に30年後、
オーストリア人作曲家のグスタフ・マーラーの目にとまり
連作歌曲『亡き子をしのぶ歌』として
この世に出ることとなりました。

渡辺国彦先生の論文(※)には
リュッケルト夫妻の苦悩が
とてもよくあらわされていました。
リュッケルト関係の日本語文献は少ないので
とても参考になる論文でした。
※渡辺国彦「『子供の死の歌』に表れた1つの面」(2013)東京音楽大学 研究紀要, 37



言葉にして思いを語ったり、
気持ちの行方を書き表すことは、
生前、できなかったお子さんとの対話を
続けるためのチャンスだと思うのです。




詳しくはこちらに書きました。

Lana-Peaceエッセイ
お子さんを亡くした古今東西の人々
「亡き子との対話と永遠の命」
http://www.lana-peace.com/2/2-2-023.html