2016年12月26日

振り返った時に感じられる幸せ

先日退院されたお子さんのお母様の言葉が
とても、とても素敵な言葉でした。
「頑張りすぎないよう、楽しい毎日を積み重ね、
振り返った時に幸せを感じられるようにしていきたいです。」

人に知られることのないたくさんの苦労が
お母様の細い両肩にはかかっていたけど
お母様は、いつも背筋をぴんと伸ばして
状況から逃げないで、頑張っていた。
いつも強いばかりではなくて
時には、泣きごとを吐きたくなることもあったけど、
(人間だもの!)
だけど、ご自分でしっかり気持ちを立て直されて。

若いのに立派だなあ。
自分があのお母様の年齢の時
お母様と同じ立場に立った時
そんな風に、潔く言えただろうか……。

どうか彼女がたくさんの幸せを感じられますように。
そして、ご家族にとって新しい生活が
いつしかごく自然な日常的な時間の流れに変わって
その中で、お一人お一人が
自分の幸せを追求できるようになりますように……。

きっと神様は人に、いろんな素養を与えてくれたのだと思う。
困難を突破して、新しい境地へ飛び込む勇気と実行力と
どんなに自分が大変な状況になっても、
それでもお子さんを自分にとっての「一番」と思い、
たくさんの愛情を注ぎ続ける、深い心の度量を…。

今年はテレビでいろんな政治家が
公金を使って私腹を肥やしていたニュースが
報道されていました。
でも、本当は、このお母様のように、
地道に日々、頑張リ続けている人が
お金のことで疲弊しないような
そういう仕組みのためにこそ
使われるべきなんだと思います。

そういう当たり前のことが、当たり前に行われる
世の中に、来年はなるといいけどね。