2016年09月26日

絵本『みんな』  作・絵:高野紀子, 音楽・ピアノ:山本達彦, 朗読:芝池早苗

今年2月に出たibook絵本 チャイブスコレクション『ぼく』
に続き『みんな』がリリースされました。
https://itunes.apple.com/jp/book/minna/id1156476739?mt=11

主人公のくまのチャイブスが家族を紹介したり、
いろんな仲間が登場します。
仲良しのアライグマやウサギ、
天気予報が得意なリス、旅が好きなアライグマのお話
小さなウサギのホテルのパン屋さんのお話など、いろいろ。

あたたかいタッチの絵に
山本達彦さんのピアノが10曲。
絵本、見開き右ページの大きなイラストをタッチすると
音楽が流れます。
次のページに進まない限り、
音楽はリピートされます。

1分弱のピアノソロは珠玉で
あたたかくて、美しい旋律は
快活な主人公のお話とイラストに
心の機微や情緒を吹き込んでいるかのようです。

優しいメロディーは
とげとげしたり、ぐずっているこどもたちの
気持ちをなだめることにも役立つような気がします。

ついつい人間中心に考えてしまうけど
人間以外の生き物たちにも
彼等の世界があるんだなあ。
ふと違う視点に引き込まれる
そんな気もする絵本です。

そして歌詞がない分、奏でられる音から
山本達彦さんの作曲家や演奏家としての才能が
すごくよく表れている絵本。
posted by Lana-Peace at 08:47| アート / 歴史 音楽