2016年07月24日

開山忌の準備で汗かく人々(建長寺)

先週月曜日、訪れた鎌倉は外に立っているだけで
くらくらしそうなほど暑かったのですが
建長寺では屋外で黙々とお掃除をしている人々が…

7/23-24行われる開山の祖、蘭渓道隆の大法要のため
きれいにしていたのだそうです。

総門の前の石畳は石と石との間の汚れまで
掘り起こされていました。
在家の方だとおっしゃっていましたが…

DSC04002.jpg


仏殿の本尊地蔵菩薩像は
恐らく僧職の方が
脚立を使って地蔵菩薩の上に上がって、
隅々まで埃を払い落としていました。

DSC03872.jpg

そして仏殿周囲の石が取り払われていたのは
数名の若者たち。10代後半なのか、20代前半なのか…
こちら本来は屋根から雨滴が落ちる場所。
石の下に溜まっているごみをきれいにしていたのだそうです。
確かに枯葉などが結構たくさん。

DSC03975.jpg

石を1個1個丁寧に取り除くために、
しゃがんで丸く小さくなったTシャツの背は
あんなにも汗をかいていたのに
皆さん、和やかにお掃除していました。

DSC039801.jpg

清風だなあ。

何か誰かの思いを込めて手が入っている場所は
その場の気がとても整えられている気がします。