2016年06月23日

立山黒部アルペンルート 立山ー室堂 (雪の大谷・みくりが池散策)

2016年5月下旬、訪れた立山黒部アルペンルート、
その雄大な自然の中では
人間って何て小さい存在なんだろうと思うこともあったけど
その小さな人間が、厳しい大自然の条件の中でも
こうしてアルペンルートとして交通路を確保し、
堤高日本一と言われる黒部ダムを作り上げ
自然の恵みを得て電力供給に寄与するという
先人の叡智と努力を目にすることができました。

地上よりも、天に近い場所は
そこに降り注ぎ充満する自然のエネルギーのレベルも
うんと高いのかもしれません。
それを写真や文を通して
何回かに分けてお届けしようと思います。

まず今日のご紹介は立山から、室堂エリアまで。
・数万年前の「材木石」、
・樹齢300年以上の「仙洞スギ」、
・日本一の落差の「称名滝」、
・バスの屋根よりも高い雪壁の「雪の大谷」
・美しいコバルトブルーが氷結した「みくりが池」
・地熱エネルギーが豊かな「地獄谷」

大観峰、黒部平、黒部湖、黒部ダムは
また別途、ご紹介いたします。

美しい立山の濃い青の大空と山々。
ページを見て下さった方に、
自然の力強い生きるエネルギーが
届きますように…。


Lana-Peaceエッセイ
充電できる癒しの場所
「立山黒部アルペンルート (1)立山ー美女平 立山ケーブルカー」
http://www.lana-peace.com/3/3-2-034-1.html
「立山黒部アルペンルート (2)美女平ー室堂 立山高原バス」
http://www.lana-peace.com/3/3-2-034-2.html
「立山黒部アルペンルート (3)室堂散策 雪の大谷・みくりが池」
http://www.lana-peace.com/3/3-2-034-3.html