2016年06月09日

刹那の中に幸せを見出す力と夭逝するこどもたち ― メーテルリンク『青い鳥』「未来の国」から考える

メーテルリンクの『青い鳥』に登場する「思い出の国」については
こちらで取り上げましたが
今日は「未来の国」について取り上げたいと思います。
そこに書かれている内容は
まるでこどもたちが語る「胎内記憶」によく似ています。
やっぱりメーテルリンク自身の少年期の臨死体験によって
感化されたことが多かったのでしょうか。

そこでチルチルとミチルは
これから生まれ来ようとする8人目のきょうだいと会うのです。
でも弟の告白は、とても衝撃的なものでした。
3つの病気と短い命を知ったうえで
生まれようとする弟。

それを読むと、夭逝するこどもたちは
刹那の中にとても大きな価値と幸せを見出す
素晴らしい力を持っているのだと思うのです。


詳しくはこちらに書きました。

Lana-Peaceエッセイ
魂・霊と死後の生〜様々な思想〜 
「刹那の中に幸せを見出す力」
http://www.lana-peace.com/2/2-3-059.html