2016年05月03日

「アベマキ」「コウヨウザン」

春の新宿御苑で見つけた
元気をもらえる木、2種類のご紹介。

まずは昔、樹皮がコルクの栓の材料に
使われていたというアベマキ。
数メートルもの高さもあったけど
実は幹の根元が半分削れていました。
それでもしっかり立って、高く枝をのばしていました。

そしてコウヨウザン。
まっすぐどんどん成長するから
年輪が広くて、
強い風では折れやすいけれど
すぐに新しい芽が出て
伸びていくのだそうです。

そんな元気な木の精が、
病気のこどもたちにも
元気をわけてくれるといいね。


病気で外に遊びに行けないお子さんに
見せてあげたいなと思ってのせました。



けいこかふぇ
「いっしょにあそぼ き」あべまき
http://www.keiko-cafe.com/asobo/ki/ki-209.html
「いっしょにあそぼ き」こうようざん
http://www.keiko-cafe.com/asobo/ki/ki-210.html
http://www.keiko-cafe.com/