2016年03月19日

「気持ちを切り替えて、生まれた新しい道」――菊池桃子『午後には陽のあたる場所』より考える

こちらで赤ちゃんの頃、脳梗塞と診断された少女が
大きな心の成長を遂げているお話をご紹介いたしましたが
今日はその少女のお母様のお話を取り上げたいと思います。

少女のお母様は女優・歌手であり、現在は母校の短大で客員教授として
キャリア教育も担当されている菊池桃子さんです。
お子さん本人の無限の可能性の芽を引き出すように、
育てていった「母」としての桃子さんの考え方も、
とっても良いなあと思うところが、桃子さんの著書(※)にありました。
 ※菊池桃子(2015)『午後には陽のあたる場所』扶桑社

桃子さんとまさに同世代の私としては、
桃子さんがアイドルとしてキラキラ活躍されていた時代を
いろいろ思い出すけど、
これからも身体と心を大事にして(ホントウにこれは大事です)、
いつまでもお元気で活躍してほしいなあ…。


詳しくはこちらに書きました。

Lana-Peaceエッセイ
家族の気持ちが行き詰まった時 
「気持ちを切り替えて、生まれた新しい道」
http://www.lana-peace.com/1/1-2-058.html