2016年02月22日

病気のお子さんのパパ・ママ、心に春一番を吹かせてくださいね!

先日お目にかかったお父様
一生懸命、本当に一生懸命
お子さんのこと、奥様のこと
いろいろ考えていらっしゃいました。

でも、忙しくて、疲れていて
奥様にそういう気持ちをお話する時間が
今まで、とれなかったご様子。
仕事に忙しく、看病に忙しく、
家の用事に忙しく
すれ違いの毎日。


沈黙は金とは言うものの
いつもそうではありません。
沈黙がお互いの心の距離を
どんどん遠ざけてしまうことがあります。
時にそこには誤解が生まれてしまうかも。

せっかく、あんなに真剣に考えているのに
奥様とお子さんのことを思っているのに
それがちっとも伝わらなかったら
寂しいですね。

どうか、ほんの少しの言葉でもいいから
お互いに話してみてくださいね。
その言葉によって、お互いの心の中に
あたたかい風が吹くようになりますから。

お子さんから見るとパパやママは
本当に偉大な無敵で強靭な存在に見えるけれど、
パパやママだって、か弱い一人の人間。
だからそういう風が、心をあたためてくれるのは
パパもママも必要としているはず。

手術の前は、みんなドキドキ。
どうか手術が成功して、みんな元気になりますように!!!