2015年12月15日

山本達彦氏 MANDALA LIVE 2015 〜Live en Quatre Saisons・hiver〜(2015/12/12)

先日、東京 南青山MANDALAで開催された山本達彦氏のライブに行ってきました。
「Winter Moon」と「冬の海へ」で始まったライブ約2時間。

静かにソロピアノで始まり、途中から
モンジューの三輪崇雅さん、戸川智章さん、江野尻 知宏さんが
ギター、ベース、ドラムスで参加されたライブでした。
達彦さんのどんどん心の中に沁み渡るような声は
いつもに増して深みがあり、
その歌声と共に歌詞から想起させられる情景は
素敵な映画のダイジェスト版を見ているかのようでした。

アンコールは「それでは最後に…」という言葉のあとに
「摩天楼ブルース」。
しーんと静まり返ったライブハウス会場の中で
美しいピアノの旋律と達彦さんの伸びのある声は
迫力いっぱいで空間を埋め尽くし
息をするのも忘れて、聞き入ってしまいました。
名曲だなあ。いい歌だなあ…。
もう、それはそれは、
素晴らしい時間でした。

ご本人曰く、1週間前にひいた風邪が
なかなか治りきらなかったようで
若干鼻声とのことでしたが、
甘い歌声は更に甘く、それもまた良し。
朗々と歌い上げる肺活量は、
さすがプロだなあと思いました。

あー今年も1年、ライブで
本当にいい大人の音楽を聴かせてもらったなあ。
達彦さんに感謝。感謝。

さてその後、表参道まで足を延ばして
イルミネーションが輝く並木道を散歩しながら
明治神宮駅まで歩いてみました。
乾いた東京の冬の空に、イルミネーションが
キラキラとってもきれいに輝いていました。
闇の中の輝きはやっぱり、いいものですね。

DSC00051.jpg

DSC00035.jpg

DSC00042.jpg
posted by Lana-Peace at 23:59| アート / 歴史 音楽