2015年09月22日

鎌倉 瑞泉寺 庭園  (7) 坐禅窟/葆光窟

庭園背面中央にある大きな天女洞の向かって右側には、
岩壁に小さな穴があけられています。
瑞泉寺のHPには
「東側には坐禅のための窟(坐禅窟・葆光窟)を穿(うが)ちました。」
とありました。
DSC03110.jpg

でも、これのことなのでしょうか???
なぜなら、人が座禅するにはあまりに小さくて、
体が入りきらない様な気もするので、
当日見えないところに、坐禅窟があったのだろうか?

大きさからして、灯明をともしていたような、
そんな気もするのですけど、謎です。

そしてその小さな穴のそのまた右側には石のなだらかな段状の部分が。
どうやらここは滝の仕掛けになっているそうなのですけど
当日は、水は流れていませんでした。

DSC03106-2.jpg
posted by Lana-Peace at 15:40| アート / 歴史 公園・庭園