2015年09月17日

仏教の父とキリスト教の子

お子さんに先立たれた後、
遺された人々の持つ死後の世界観の違いは
いろいろと摩擦が生まれる原因になるかもしれません。
でも、考え方次第で、そうした摩擦は減るように思います。

土井晩翠氏が次のような言葉を遺されています。
---------*---------*---------*---------*---------*---------*---------
「道は一つ理に二つなし種々の教の名をば問はずもあらなむ
 名は仮ぞのりの教の名の差別争きたす悲しからずや 」

引用文献:
成田正毅(1955)『想い出の土井晩翠先生』晩翠先生を讃える会, p.71
---------*---------*---------*---------*---------*---------*---------

親子・夫婦で異なる信仰、考え方であっても、
先だったお子さんが安らかで楽しい場所で過ごせていることは
変わりないと思うのです。


詳しくはこちらに書きました。

Lana-Peaceエッセイ
魂・霊と死後の生〜様々な思想〜
「仏教の父とキリスト教の子」