2015年03月17日

デルタ航空 エコノミー コンフォートプラス

20代の頃、「レイクルイーズのあの湖の色を見たい!」と思って
初めてカナダに1人旅した時のフライトが、デルタ航空でした。
その時、国内線乗継便でちいさく丸くカットされた
「にんじん」の袋詰めがまるでピーナッツとか
スナック菓子のように配布された時には、たまげたけど。
あとで、当時通っていたNOVAの先生に聞いたら
「カナダでは生のにんじん結構、おやつみたいにぽりぽり食べるものだよ」
との回答。ふむ。文化の違いってすごいですね。

そして話が脱線しましたが、カナダのフライトを
当時、大手旅行代理店に手配をお願いしたら
デルタのエコノミーのぎゅうぎゅうまんなかの席で、
もう本当に、えらいこっちゃと言う感じだったわけなので
今回は、あれからずいぶん大人になったことだし(老化したし)、
もう若さで乗り切るのも厳しいわ〜と思って
チョットお金を足してエコノミー席の中でも
コンフォートプラス という席にしてみました。

座席前後間隔が若干広いという売りですが
普通に着席したときは、そんなに思わなかったのですけど
いざ、お休みタイムで人がリクライニングをする時間帯になると
その違いがわかりました。確かに、足元が広い。
圧迫感が少ないです。

でも、当日割り当てられた機材がたまたまそうだったのかもしれないけれど
座席に「リモコン」がみあたらないのです。
座席前に入っている解説シートには、リモコン説明あるのになあ。
それで思い切ってCAさんに尋ねてみたら
「リモコンありませんよ。パネルタッチして使ってくださいね」と。
そんな…。これでは座席に座って、背を持たれた状態で
ゲームに興じようという計画は、あっさり脱落。
普段、ゲームはほとんどしないから、
フライト中のゲームってスパイスみたいで楽しいのにね。
長距離線はいれてほしいな。リモコン。どうせなら…。
みんなどうしているのかな。前傾姿勢で頑張る?
ちなみにお隣の方は起きている間は、そのようでしたが。

「もしかしてリモコンの代わりにいまどきは自分の端末で
Wifiでゲームできるのかしら?」と思ったら
Wifiは日本から米国に向けて飛んでいる間は使えないのだとか。
「米国・アラスカ領域のみの使用」だと…。
ショック。せっかくシートアップしたのになあ。
10年前の某ヨーロッパ系のフライトでは
成田から到着地までメール接続OKで、
機内でずっと仕事してたのに。
どうして今どきのご時世なのに、だめなのかな?
なんだか、いろいろ残念だな。

でも機内食はちょっと加点ありなので次ページに。