2015年02月01日

庭園に行ってみよう! 向島百花園

今週末から梅まつりが開かれる向島百花園(東京都墨田区)
そろそろどうかなあと思って、一足先に訪れましたが
ほとんどの梅はまだつぼみ。
その中で何本か咲いているものがありました。
福寿草、水仙、いくつかの梅、蝋梅は頑張って咲いてました。
寒い時に咲くお花って、それだけ力強い元気なパワーが
お花の中にたくさん詰まっていそうな気がします。
(お花の写真は後ほどけいこかふぇで取り上げますよ。)

人がほとんどいない時期の公園は、お花の種類も少ないけど
のんびり散策できるから、それはまたそれで楽しい。

さて、百花園の中にある桑の茶屋跡から
庭園越しにスカイツリーがきれいに見えます。
こちらかつて明治時代に上野で行われた博覧会で使用した
桑の木で作った二階建ての建物があったそうで
残念ながら昭和20年(1945)3月の東京大空襲で
打撃を受けて取り壊されたのだとか。
でもこの場所、さすがに眺めは良いですね。
DSC00862.jpg

和歌や句を読むことが好きな方は、もっと楽しいかも。
公園内にいろいろな歌碑・句碑などが立っています。
こちらは山上憶良の秋の七草の歌碑
「秋の野に 咲きたる花を 指折り
   かき数うれば 七草の花」
DSC00925.jpg

公園はいろんな楽しみ方があります。
入園料大人150円。もよりは東向島駅。
たくさんの人が訪れて、その入園収入で
もっとお花の手入れができるといいな。
DSC00950.jpg
posted by Lana-Peace at 18:53| アート / 歴史 公園・庭園