2015年01月20日

祈りがもたらす親子の変化

祈りのもたらす働きについて、
3度の臨死体験をしたアメリカのダニオン・ブリンクリー氏の
ご経験
を取り上げましたが、
ブリンクリー氏は2000年、デューク大学で聞かれた会議
(ロックフェラー財団協賛)に招待されたのだそうです。
ヒーリングが代替療法や補完療法としてどのような有効性があるのか、
錚々たる有識者が参加し、話し合われた中に
「祈り」もあったのだそうです。
それはうさんくさいと思われる「祈り」から
もやもやを取り払うことにつながりました。

お子さんの病気のことで悩んでいらっしゃるご両親、
「祈る」ことは力に変わります。
それはお子さんだけでなく、あなたの心も。
でも決して、そこに大金をつぎ込む必要はないのです。
お金をかけないで、ただ心の中で祈るだけ。
それは誰にでもできるはず。

詳しくはこちらに書きました。

Lana-Peaceエッセイ
家族の気持ちが行き詰まった時 
「祈りがもたらす親子の変化」
http://www.lana-peace.com/1/1-2-036.html
【病気のこどもと家族のために 家族の祈りの力の最新記事】