2015年01月10日

お子さんの病気はあなたのせいではないのです

お正月明けの三連休初日ですね。
のんびり身体を休めているご家族もいらっしゃれば
どこかにおでかけされているご家族もいらっしゃることでしょう。
お仕事の関係で連休は取れなくて、
いつものように働いているというご家庭もあるかと…。

他のご家族から、元気なお子さんの写真入りの
年賀状をいただいて、我が子のことを思うと
胸が締め付けられるような思いに
駆られた方もいらっしゃることでしょう。

お正月休みで帰省されたときに
旧友、親戚をはじめいろんな方に会って、
掛けられた言葉の中には
あなたの心に深い爪痕を残すものが
あったかもしれません。

でも、1つはっきりと言えることは
お子さんの病気は、あなたのせいではないのです。
お子さんのせいでもなくて。
誰のせいでもありません。
いろいろ過去を振り返って
自分の心をぎゅうぎゅう苦しめることはやめましょう。

今、お子さんはあなたと過ごす時間が
より楽しいひと時でありますように、と思っています。

自分を誰よりも慈しんでくれるあなたが
自分のせいで苦悩していることを知って
本当に悲しく思っています。

あなたがうんと幸せな気持ちにならなくては
お子さんもそのようになれません。
まずはあなたが、「楽しい」瞬間を1つ作ってみてください。
お子さんが幸せになるための第一歩につながりますから。

最後にもう一度、
お子さんの病気はあなたのせいではないのです。
自責の念からあなた自身を解放してあげてください。

今日の東京の星空は、結構きれいです。
あなたのおうちの夜空はどうでしょうか。