2014年12月14日

安部恭弘氏 アコースティック・ライブ “ EMOTIONAL BREATH 2014 in 代官山”〜SPECIAL X'mas LIVE ”

今月はいろいろと仕事が立て込んでいて
いつもよりスケジュールがきついのですけど
息抜きはしなくちゃ、ということで
前から予定していたライブに行ってきました。
第一弾は安部恭弘氏の代官山で行われた
アコースティック・ライブです。
12月第一週の金曜日、行ってきました。

今夏、鎌倉で行われたライブのメンバーと同じで
安部さんがボーカル、ギター。
重久義明さんがキーボード、
松田靖弘さんがサックスやフルート他いくつかの管楽器。

安部さんの声はあたたかくて、躍動感があって
ギターもすごかったなあ。
重久さんのキーボードの音色は代官山の美しいイルミネーションの如し。
松田さんの管楽器の音色は安部さんのボーカルとの掛け合いが絶妙でした。

CDなどで発売されているものを聴くのも十分いいのだけれど
やっぱりライブ会場って、歌っている方や演奏されている方の
体温の高揚感みたいなものが、音として伝わって来るから
いいですね。
歌や演奏が何のフィルターもかからないで、ダイレクトに伝わるし。

安部さんと重久さんと松田さんの奏でる音は
歌うように、笑うように、語るように、はしゃぐように
躍動感があり、しっとりした大人の美しさもあったなあ。

安部さんはいくつかクリスマス絡みの歌を
書かれているのだけど、当日CDになっていない
クリスマスの歌を披露してくださいました。

初めてクリスマスを過ごすカップルにアクシデント続出。
道の渋滞、車の故障、おまけにレストランの予約が
入っていない三重奏。それで二人で散歩して公園で
缶ビールで乾杯したっていう歌詞の内容。

一生懸命だけど、うまくいかなくて、それでも頑張っていると、
相手にはちゃんとわかってもらえているっていうストーリー。
安部さんの歌声と重久さん、松田さんの演奏で
そのほほえましい情景が、会場の中に一気に広がったようでした。
とってもいい歌ですよ。
いつかCDになったり、ダウンロードできるようになると
いいですね。
posted by Lana-Peace at 19:22| アート / 歴史 音楽