2014年12月09日

怒りのエネルギーを成長に変える

お子さんの入院生活、自宅での療養生活が長びくと、
お子さんはその苛立ちや怒りの矛先を
ご両親に向けることがあります。
ご両親にとっては、悩みの種でしょう。

怒りはすごく大きなエネルギー。
だからこそ怒っている時は、チャンスです。

お子さんの身体の中にそれだけ
大きなエネルギーを生み出す力がある、ということを
意味するのですから…。
それを回復に向かうエネルギーに変えれば良いのです。

パトリシア・ノーリス先生の著作(※)の中に登場する
ホジキン病の少年トミー君の言葉にヒントがありました。

※パトリシア・ノーリス「癒しー子どもたちから学ぶこと」
 R.カールソン, B. シールド著, 上野圭一訳(1999)
『癒しのメッセージ ー現代のヒーラーたちが語るやすらぎと治癒』
春秋社


お子さんの秘めるエネルギーが、病気の治癒につながり、
人生を切り開く方向へと流れて行きますように。 

詳しくはこちらに書きました。

Lana-Peaceエッセイ
病気と一緒に生きていくこと 
「怒りのエネルギーを成長に変える」
http://www.lana-peace.com/1/1-1-068.html