2014年11月29日

死者への思いが込められた棺(陶棺, 7世紀, 岡山県美作市出土)

東京国立博物館の平成館に展示されてあった
7世紀のものと伝わる陶棺。
その側面には人の姿と狐のような動物、大きなろうそく
のようなものが配置された図案が施されていました。
その人の姿はよく見ると袈裟のようなものを着ています。
動物の姿はまるで仏を守る脇侍のようです。


DSC05949s.jpg
※写真撮影は職員の許可を得ています。


詳しくはこちらに取り上げました。

Lana-Peaceエッセイ
アート・歴史から考えるグリーフケア
陶棺(岡山県美作市出土・国立東京博物館蔵)
http://www.lana-peace.com/2/2-4-006.html