2014年08月27日

箱根元宮 馬降石の祠と狛犬・狐

箱根 駒ケ岳ロープウェイで山頂に上り、比較的緩やかな傾斜の遊歩道を進むと
箱根元宮があります。ここは2400年前から山岳信仰があった所だそうですが
現在は芦ノ湖畔の箱根神社の奥宮になっているそうです。
さて、箱根元宮の手前には馬降石(ばこうせき)と呼ばれる、
とても大きな石がありました。
その石の上に、白馬に乗った神様が降臨されたという伝承があるそうです。
当日はとても深い霧で3mくらい先は見えないほどだったけれど、
霧の中を進んで段々浮かび上がってくる石は、
とても不思議な感じがしました。
その石の前には小さな祠があって、両脇に狛犬、そして祠の前に1匹の狐が…。
強い風雨にさらされたせいか、随分石像は朽ちていますが
神様の大事な場所を、頑張って守っているぞ、という感じが伝わってきます。

箱根の神様のご利益が、病気のこどもたちにもありますように。

病気で外に遊びに行けないお子さんに
見せてあげたいなと思ってのせました。

アニメーションGIFでつくってあるので
ページを開いたまま、少し時間をおいてもらえると
変わる様子がわかっていただけると思います。

けいこかふぇ
かみさまのいしをまもるほこらのこまいぬときつね
http://www.keiko-cafe.com/mukashi/mukashi-km-15.html
http://www.keiko-cafe.com/