2014年07月31日

宮澤賢治氏とやぶ屋のおそば

宮澤賢治氏は稗貫郡立稗貫農学校(のち県立花巻農学校)の教員をしていた頃、
好きで通っていたお蕎麦屋さんがありました。「やぶ屋」です。
初夏に訪れた盛岡で「やぶ屋」盛岡駅ビルフェザン店(本館B1F)
に行ってみました。
「宮澤賢治セット」というのがあって850円也。
どういうものかというと、天ぷらそばと三ツ矢サイダーの組み合わせ。
宮澤氏が好きだった組み合わせだそうです。
だし汁は本格熟成土佐鰹でおいしく、
そば粉は岩手県産で存在感のあるおそばでした。
サイダーと共に、さっぱりといただけます。
90年近く前に、宮澤はこの味を、どんな気持ちで食べたのかなあ。
食べ物によっていろいろとタイムトリップできる、
そんな時間はとっても貴重なお宝ですね。
歴史のあるお店って、そういうチャンスをもたらしてくれます。

miyazawa-soba.jpg