2020年09月25日

流れを変えるということは ーある父の話

普段は慎重派で自分のことはついネガティブに考えてしまいがちだけど
こどものことになると、俄然ポジティブになることができる。

そうおっしゃったお父様がいらっしゃいました。

我が子が難病だと言われて、何もかもが手探りの日々、
相談したくても同じような境遇の親御さんに出会うことは
まず、なくて。。。

そういう時、人はどうしても悪い方にばかり考えてしまう。

でもそんな中、彼の気持ちをしっかり支えてくれたのは
我が子のすべてをポジティブに考えていこうとする
そういう彼自身の思考姿勢だったのでした。

悪い方に考えれば、もうそれはきりがなくて
そこからどんどん落ちる気持ちは加速するけれど
ポジティブに考えてみることで、そうした流れをまず止める。
そしてそこから何が必要なのか、
父親として自分は何ができるんだろうか、
それを考えて、実行してみる。


とても穏やかで、お話していると
まるで一緒にひなたぼっこしているような
そんな気持ちがじわじわ周囲に伝染していくような方。
そういう方の心の奥底にある力強さを垣間見た時
とても心がジーンとしました。

自分のできることを
とにかくひたすらやっていく。
我が子の将来を常にポジティブに考えながら。

そういう彼の姿勢は不確かだったかもしれない幸せを
今こうして確かに引き寄せる力を持っているんだなあと思いました。

人は自分次第でどのようにでも変わっていける。
彼の言葉から、しみじみそう思いました。

お子さん元気になりますように。

タテハモドキ

今日は「タテハモドキ」のご紹介。

病気で外に遊びに行けないお子さんに
見せてあげたいなと思ってのせました。

けいこかふぇ
「いっしょにあそぼ むし」たてはもどき
http://www.keiko-cafe.com/asobo/mushi/mushi-278.html
http://www.keiko-cafe.com