2020年01月13日

奥松島縄文村歴史資料館(宮城県東松島市)3)貝塚散策

奥松島縄文村歴史資料館は
「さとはま縄文の里史跡公園」の一部ですが
公園内には里浜貝塚を構成する北貝塚・東貝塚・西貝塚を
散策できるようになっています。
海が見え、山の雰囲気がしっかり残っており
当時の人々の暮らしを偲ぶ上では絶好の環境です。

実際、訪問当日歩いてみたのでご紹介いたします。
資料館を出て医王寺を目指して住宅街の中の細い道を歩き
「ここであっているのかなあ?」と思いつつ
きょろきょろしていると
看板が見えてきます。
DSC01032.JPG

北貝塚:寺下囲(てらしたがこい)地点
縄文時代後半から弥生時代中期にかけてのムラの跡で
厚さ6m以上の貝層が見つかっています。
大正7-8年、北側斜面の発掘調査が行われ
この時、我が国最初の層位的発掘が採用され、
14体の埋葬人骨が発見されました。

医王寺を過ぎて海方向へ北上すると
左手に里浜貝塚貝層観察館が見えてきます。

縄文時代晩期、約2800年前の貝塚を観察することができます。
ちょうど貝塚館の北側(西畑地点)にあった地層を
樹脂で固めて剥ぎ取ったものが展示されています。
地層から季節を知ることもでき、
貝や魚が多い層は春から夏、
土の多い層は秋から冬の季節を示すのだとか。
ここには約20年間分の生活の証が凝縮されているそうです。


DSC01049.JPG

DSC01037.JPG

DSC01043.JPG

そして海へ向かって下っていくと、
緑が広々とした空間が見えてきます。

DSC01054.JPG
DSC01051.JPG

DSC01057.JPG

松島らしいなあと思うような風景が海の向こうに見えています。

この辺りは縄文時代から塩づくりが盛んに行われた場所でした。
解説板のイラストを見ると浜辺に穴を掘って火を焚き、
その上にのせられた海水の入った土器が
ぐつぐつ煮詰められて塩が作られたようです。
DSC00847.JPG

下の写真は奥松島縄文村歴史資料館に展示されていた製塩土器です。
塩を作るために海水を煮詰める際、使われました。

DSC00849.JPG

学芸員さんのお話によると日本では岩手、いわき、霞ヶ浦等から
製塩土器が出土し、中でも松島が一番出土数が多いとのこと。
製塩土器は派手な装飾のない素朴な土器ですが、
実は内側は水漏れしないよう丁寧に作られているそうです。

DSC00851.JPG


海沿いの西畑北地点を後にして
丘の方へ登っていくと
DSC01062.JPG

あずまやが見えてきます。
DSC01066.JPG

ひと汗かいた後、ここで風に吹かれて眼下を見ると
松島湾と西畑北地点が広がります。

DSC01063.JPG

この後、探検隊のような気分で進みます。
道があるようでないようで。
きっとこのリボンはここを通るようにという目印かと思って
緑の中にリボンが見えてくるとホッとします。
後で調べてみたらどうやら「宮城オルレ」という
トレッキングコースの案内用のリボンらしい。

DSC01084.JPG

舗装された道ではないので脚力の弱い方はご注意を。
私が行った時は前日雨が降っていたせいか
日陰のところはかなり滑りやすくなっていました。
周りは人一人いなくて、うっそうとした木々の中を歩くと
なんだか異次元に迷い込んできたような。

DSC01070.JPG

御神木のタブノキがあってほっと一安心。
DSC01071.JPG

御神木を過ぎて南下すると台囲地点(西貝塚)が現れてきます。
縄文時代前期初めから中期前半、
後期初めから晩期半ばにかけて生活が営まれ
貝塚が形成されたそうです。

DSC01090.JPG

ここの辺りから舗装された道に出るため少々安心。
DSC01091.JPG

そして道を下っていくと、田畑や住宅地が見えてきます。
東に向かってどんどん住んでいくと
袖窪・畑中地点(東貝塚)の看板が見えてきました。
こちら縄文時代前期の初めの頃と
中期後半から後期初めにかけてのムラの跡で
中期後半にはこの広い台地を取り囲むように貝塚が形成され、
里浜貝塚で最大のムラだったそうです。

DSC01096.JPG

そこからどんどん東へ直進して県道27号線へ向かって歩き
27号線を北上して縄文村へ戻りました。

数千年前にこの空の下、確かに人々が暮らしていたと思うと
何やらとても感慨深かったです。
posted by Lana-Peace at 09:55| アート / 歴史 博物館情報

奥松島縄文村歴史資料館(宮城県東松島市)2)展示物いろいろ

宮城県東松島市の奥松島縄文村歴史資料館、
アクセスについてはこちらでご紹介しましたが
里浜貝塚出土品が様々に展示されていますので
その一部をご紹介いたします。

里浜貝塚は宮戸島の複数地点から成る東・西・北貝塚の総称ですが
館内にはとても大きな迫力満点の貝塚剥ぎ取り展示がありました。
こちらは1984年9月 里浜貝塚北貝塚の西畑地区A・B区から
剥ぎ取られた貝層堆積状況です。

クジラ、イルカ、マグロ、フグ、タイといった水生生物だけでなく
シカ、イノシシなどの骨も見つかっています。
DSC00872.JPG

こちらはマガキ
DSC00869.JPG

大正7年、東北帝国大学松本彦七郎博士らにより
里浜貝塚寺下地点の調査が行われた際、
縄文晩期の壮年から熟年と考えられる
男性の人骨が出土しましたが(里浜5号)
この人骨からは外耳道骨腫の痕跡が見つかっており
館内に展示されていました。
外耳道骨腫は冷たい海水による刺激が原因で生じるものですが
きっとその人も素潜りをして海の幸を得ていたのでしょう。 
貝塚は様々なモノがこの世で果たすお役目が終わった後
送りの場として利用されていたと考えられますが、
剥ぎ取り地層断面には石器も見えます。 

DSC00871.JPG

里浜貝塚からは貝を利用して作られる貝輪や
そこに至る作業途中の貝も見つかっています。
この展示品はアカガイ、オオツタノハ、
ベンケイガイ、サトウガイ、サルボウです。

DSC00825.JPG

シカやイノシシの骨も見つかっています。
人々はこうした動物の骨を加工して骨角器や
装飾品を作っていますが、骨、角、牙自体
実にきれいでしっかりしています。

DSC00834.JPG

里浜貝塚では地層に含まれる花粉や種実、木材分析の結果、
様々な落葉広葉樹林が生い茂っていたことが分かっていますが
中でもクリの花粉の占める割合が高く、
宮戸島では少なくとも6500年以上前からクリが
管理、栽培されていたと考えられているそうです。
自然の恵みを存分に活かしていた食生活ですね。

こちらは台囲・西畑・寺下囲地点から出土した
縄文時代後期末〜晩期の出土土器。

DSC00863.JPG
注口土器はまるでシンプルな中に品があり
モダンアートのようです。

そして深鉢、浅鉢も美しい造形。
DSC00864.JPG

DSC00858.JPG

そしてこちらは台囲・寺下地点から出土した
縄文晩期の亀ヶ岡式土器です。
品の良いつやがありますよね。
学芸員さんのお話によるとこれらはわざと黒くするために
燻して墨を吸着させ、そこからきれいに磨かれたものだそうです。
DSC00908.JPG

そしてとても驚いたのは当時の人々が
割れた土器を修復して使った痕跡が認められること。
ひび割れを補修して煮炊に使われたものだそうです。

DSC00987.JPG

こちら資料館には里浜貝塚出土の人面付土器もありました。
解説板によるとこちらは約4000年前(縄文時代後期初め)のもので、
煮炊きに使われたと考えられています、
こうした人面付土器はカミ、精霊、シャーマンを描いたと
考えられているそうで、まつりに使われた特別な土器かも
しれないということでした。 

DSC00879.JPG

DSC00881.JPG


posted by Lana-Peace at 09:55| アート / 歴史 博物館情報

「シキザクラ」「フユザクラ」「ジュウガツザクラ」

今日は「シキザクラ」「フユザクラ」
「ジュウガツザクラ」のご紹介。

病気で外に遊びに行けないお子さんに
見せてあげたいなと思ってのせました。

けいこかふぇ
「いっしょにあそぼ き」しきざくら
http://www.keiko-cafe.com/asobo/ki/ki-481.html 
「いっしょにあそぼ き」ふゆざくら
http://www.keiko-cafe.com/asobo/ki/ki-482.html 
「いっしょにあそぼ き」じゅうがつざくら
http://www.keiko-cafe.com/asobo/ki/ki-483.html
http://www.keiko-cafe.com