2019年12月23日

ネガティブ一直線の歩みを止めて新たに生まれ変わった母

出産は女性の心身に本当に大きな変化をもたらします。
喜び、嬉しさ、感動、そうした気持ちで
いっぱいになる人ばかりではありません。
彼女はネガティブな方向に心が沈み込んでしまい、
どうにも引き上げられなくてどんどん追い詰められていった。
そして追い打ちをかけるかのように医師から聞かされたのは
お子さんがいくつもの病気の可能性がある、という話だったのでした。

こんなに辛い気持ちならもう何もかも終わらせたい
そこまで思った彼女の心を引き留めることができたのは
ICUで横たわっていた我が子の姿でした。
自分の気持ちとは裏腹に
病気という事実も何も知らない我が子。
頑張って生きていた我が子。

そしてご主人の言葉は彼女の周りを
泥のようにひたすら覆っていたネガティブな感情を
少しずつ洗い落していったのでした。

自分は周囲から必要とされた存在である。

ご主人の言葉から彼女はそう気付くことにより
ネガティブな階段を降り続けることを
止めることができたのでした。

そしてようやくありのままの今の自分を
肯定することができて
我が子を守っていこう、
そういう気持ちになれたのだそうです。

どうしてネガティブな感情一直線に進んでいくのか、
その極端さは本人にしかわからないものです。
決して周りが容易に理解できるようなものではありません。
でも逆に考えてみれば、周りが理解できないほど
それほど辛い時間を彼女が送ってきたということでもあるのです。

引き返すことができて良かった。
誰かに無理やりネガティブな歩みを阻止されるのではなく
自分自身の意思でネガティブな歩みを止める。
だからこそ、その決意は強いものになったのでした。
そして底が見えないネガティブ感情の沼から
少しずつ水面まで自分で這い上がっていこうと頑張ってみる。
彼女のそうした静かな力強さに心がじーんとしました。

そしてそして。
母の人生を救ってくれた赤ちゃん。
小さな体でとても大きなお仕事を果たしてくれた赤ちゃん。
すごい!

彼女が赤ちゃんとご家族と
うんと幸せになれますように。

有珠山ロープウェイ

今日は「有珠山ロープウェイ」のご紹介。

病気で外に遊びに行けないお子さんに
見せてあげたいなと思ってのせました。

けいこかふぇ
「いっしょにあそぼ のりもの(そら・みず)」うすざんろーぷうぇい 1
http://www.keiko-cafe.com/asobo/norimono2/rw-usuzan1901.html
「いっしょにあそぼ のりもの(そら・みず)」うすざんろーぷうぇい 2
http://www.keiko-cafe.com/asobo/norimono2/rw-usuzan1902.html
「いっしょにあそぼ のりもの(そら・みず)」うすざんろーぷうぇい 3
http://www.keiko-cafe.com/asobo/norimono2/rw-usuzan1903.html
「いっしょにあそぼ のりもの(そら・みず)」うすざんろーぷうぇい 4
http://www.keiko-cafe.com/asobo/norimono2/rw-usuzan1904.html
http://www.keiko-cafe.com