2019年11月18日

生と死と再生への思いが滲み溢れる遺物たち ―手形・足形付土製品ほか(北海道恵庭市・柏木川4遺跡)

2018年5月、函館市縄文文化交流センターで
垣ノ島A遺跡と豊原4遺跡から出土した
手形・足形土製品に出会って以降、
手形・足形土製品についていろいろと調べる機会が増え、
北海道恵庭市の柏木川4遺跡からも
手形・足形土製品が出土していたことを知りました。
そして今年6月ようやく恵庭市郷土資料館で
見ることができました。
ひっそりと資料館の展示ケースの中に佇んでいた
実物の手形・足形土製品は素朴であるけれども
強い存在感を放っていました。

その後、北海道埋蔵文化財センターから刊行された
調査報告書第249集に収載されていた口絵の写真
(遺物の出土時の位置関係がわかる写真)を見て、
ある思いが浮かんできました。
この手形・足形土製品が出土した土壙KP-397から
遺骨は見つかっていないけれども
恐らく赤ちゃんが葬られていたものであり、
土製品と共に埋納されていた土器等は
赤ちゃんが母親の胸に抱かれて授乳される
幸せなひと時を表したものではないかと。
土壙の中央、ひときわ華やかな装飾の鉢の底に
穴が開けられていたのも、
実は母親の子宮に見立てた鉢に
亡くなった赤ちゃんを骨盤位(逆子)の
ポジションで納めたのではないかと。
あくまでも私個人の勝手な想像ではありますが。

かつての幸せな生を表現した上にある現実の死、
これらのすべてがあまりにも早過ぎる我が子の死を悼み、
赤ちゃんを優しくしっかりと包み込み守りながらも、
その命の再生・再会を望む親心が溢れていると思いました。

手形・足形土製品が注目されるけれども
一緒に埋納された遺物も
大変素晴らしい慈愛に満ちた遺物だと思います。
恵庭市郷土資料館でぜひそれら実物を見たかったなあ。
出土時の様子を表した土壙のレプリカと共に。


詳しくはこちらに書きました。

Lana-Peaceエッセイ
アート・歴史から考える死生観とグリーフケア
「手形・足形付土製品ほか
(北海道恵庭市・柏木川4遺跡)」
http://www.lana-peace.com/2/2-4-089.html
http://www.lana-peace.com/2/index.html

「ラバンジン・ラベンダー「グロッソ」」「ラベンダーセージ」「ヤナギハッカ」「チコリ」

今日は寒色系のお花のご紹介。
「ラバンジン・ラベンダー「グロッソ」」
「ラベンダーセージ」
「ヤナギハッカ」「チコリ」です。


病気で外に遊びに行けないお子さんに
見せてあげたいなと思ってのせました。


けいこかふぇ
「いっしょにあそぼ おはな・しょくぶつ」
「らばんじん・らべんだー「ぐろっそ」」
http://www.keiko-cafe.com/asobo/ohana/l-l-g1901.html
「らべんだーせーじ」
http://www.keiko-cafe.com/asobo/ohana/la-s1901.html
「やなぎはっか」
http://www.keiko-cafe.com/asobo/ohana/yanagihakka1901.html
「ちこり」
http://www.keiko-cafe.com/asobo/ohana/chicory1901.html
http://www.keiko-cafe.com

2019年11月15日

洞爺湖遊覧船エスポアール

今日は北海道の「洞爺湖遊覧船エスポアール」のご紹介。

病気で外に遊びに行けないお子さんに
見せてあげたいなと思ってのせました。

けいこかふぇ
「いっしょにあそぼ のりもの(そら・みず)」
http://www.keiko-cafe.com/asobo/norimono2/fune-10.html
とうやこゆうらんせん えすぽあーる 1
http://www.keiko-cafe.com/asobo/norimono2/fune-11.html
とうやこゆうらんせん えすぽあーる 2
http://www.keiko-cafe.com

2019年11月14日

ベンガルコーヒーノキ

今日は「ベンガルコーヒーノキ」のご紹介。

病気で外に遊びに行けないお子さんに
見せてあげたいなと思ってのせました。

けいこかふぇ
「いっしょにあそぼ き」べんがるこーひーのき
http://www.keiko-cafe.com/asobo/ki/ki-461.html
http://www.keiko-cafe.com

2019年11月13日

「え? そういうことだったの?」 ―謝る父の心の底にあるもの

入院生活は大人もこども誰にとってもストレスです。
大人は理性でどうにか自分の気持ちを抑えることができたとしても
幼いこどもはそんなわけにはいきません。
「どうして自分はうちに帰れないのか?」
「どうして自分は自由に遊べないのか?」
「どうして自分はこの点滴やらなくちゃいけないのか?」
「どうして自分ばっかりこんなこと。」

もちろん親や周りの医療者は
そのこどもの年齢に応じてわかるように
しっかり説明していたとしても
「だけどさー」

そうですよね。
わかっちゃいるけど、だけどさー。
イライラが募る、でもどうしようもない。


あるお父様がおっしゃっていました。
面会の時に何かをきっかけにお子さんが怒りを見せたら
それをなだめるのではなくて、
そこから怒りをもっと広げさせるのだと。
そしてとにかく、とにかく自分が謝るのだと。
それが理不尽なことであったとしても。
決して自分が悪いわけではなくても。

「甘やかせているの?」
そう思う方もいらっしゃるかもしれません。

そうではありません。
何かの怒りをきっかけに、
これまで抱え込んで、浮上させていなかった
様々な入院生活の中での怒りを
そこでわーっと一気に噴出させる。
お子さんだって自分が父親に放つ言い分が
「それはお父さんのせいじゃないよ」って
自分でちゃんとわかってはいても
言わずにはいられない。
誰かにこの思いを聞いてもらわずにはいられない。
だけどそれを普段付き添ってくれているお母さんに
言うわけにはいかない。
こどもだってわかっているから。
親を困らせてしまうって。
きっと自分の気持ちを聞いたお母さんは
辛くて泣いちゃうだろうから。


じゃあ時々面会に来るお父さんなら困らせてもいいのか?
いや、そういう簡単な話じゃない。
困らせることはわかってはいても、
でもお父さんならきっとどうにか受け止めてくれる。
それを幼心の中にも薄々わかっている。


そういうお子さんの気持ちを全部お見通しで
仕事で忙しくて普段付き添いのできない彼は
妻の代わりに我が子のストレスのはけ口を引き受けていたのでした。
妻だって我が子と同様に辛い時間を過ごしているのだから
せめて自分ができることをなんとかしたい、と。


饒舌ではない彼の少ない言葉の中には
お子さんと奥様への愛情が滲み出ていて
心がジーンとしました。

病気のこどもや家族のストレスは
いろいろな形の支え方がある。

彼のお話を伺ってあらためてそう思いました。


これからの治療、決してたやすいものではないけれど
どうか元気になりますように。

ゴマフアザラシ

今日は「ゴマフアザラシ」のご紹介。

病気で外に遊びに行けないお子さんに
見せてあげたいなと思ってのせました。

けいこかふぇ
「いっしょにあそぼ みずのいきもの」ごまふあざらし
http://www.keiko-cafe.com/asobo/mizu/mizu-529.html
http://www.keiko-cafe.com

2019年11月12日

キリン

今日は「キリン」のご紹介。

病気で外に遊びに行けないお子さんに
見せてあげたいなと思ってのせました。

けいこかふぇ
「いっしょにあそぼ どうぶつ」きりん 1
http://www.keiko-cafe.com/asobo/dobutsu/kirin-1901.html
「いっしょにあそぼ どうぶつ」きりん 2
http://www.keiko-cafe.com/asobo/dobutsu/kirin-1902.html
「いっしょにあそぼ どうぶつ」きりん 3
http://www.keiko-cafe.com/asobo/dobutsu/kirin-1903.html
http://www.keiko-cafe.com

2019年11月11日

ナミアゲハ

今日は「ナミアゲハ」のご紹介。

病気で外に遊びに行けないお子さんに
見せてあげたいなと思ってのせました。

けいこかふぇ
「いっしょにあそぼ むし」なみあげは
http://www.keiko-cafe.com/asobo/mushi/mushi-295.html
http://www.keiko-cafe.com

2019年11月08日

ぐるぐるした心を救ってくれる方法は? ―良い結果を導く疑似体験

お子さんが長く入院している時、
どこがどう良くなってきているのか
親の目にはなかなか感じ取れない時もあります。
今のこと、これからのこと、
考え始めると抜け出せないような閉塞感に陥って
悩むことによって自分は今よりもっと苦しい思いに
駆られてしまう、そういう場合があります。
あるお母さまがおっしゃっていました。
そういう時は何か別のことをするのだと。
それが自分の心を救ってくれるのだと。

台所で洗い物をする。ただ無心に。何も考えず。
洗濯ものを干す。ただ無心に。何も考えず。
一日の中で何か「やらなくてはいけないこと」の
流れの中に身を置いてみると
意外にもそれが自分のぐるぐるした心を救ってくれます。
たとえば家事。
えーそんなー。
そう思う方もいらっしゃるかもしれません。
だけどこれが救世主となる。
思い返せば同じようなことを語っていた方が
以前にもいらっしゃいました。

お子さんの病気に関わる問題は
すぐに解決しないことばかりです。
たとえ自分がどんなに心痛めたとしても。

そういう時は別の何かによって
すぐに解決する疑似(?)体験をすることが
大事なのだと思います。
何かする。そして良い結果がすぐに出る、
そういうとてもシンプルなこと。

洗い物をして、台所のシンクがきれいに片付いた。
洗濯ものを干して、お日様の力できれいに乾いていく。
自分が何かやったことによって導かれる良い結果を
自分で確認することができる。
なんだか心が少しホッとする。
とげとげした心の中にちょっと穏やかな時間が流れる。


問題が長く続く時、親の心もうまく整えていくことは
すごく大事なことだと思います。
親だって人間なのだもの。

彼女のお話を伺ってそう思いました。
何か別の時間の中に身を置く
それは現実逃避ではありません。
問題にずっと逃げないでこれからも向き合っていく。
その覚悟の表われなのだと思います。

「ヒガンバナ」「ジュズサンゴ」

今日は「ヒガンバナ」「ジュズサンゴ」のご紹介。

病気で外に遊びに行けないお子さんに
見せてあげたいなと思ってのせました。

けいこかふぇ
「いっしょにあそぼ おはな・しょくぶつ」ひがんばな 1
http://www.keiko-cafe.com/asobo/ohana/higanbana1901.html
「いっしょにあそぼ おはな・しょくぶつ」ひがんばな 2
http://www.keiko-cafe.com/asobo/ohana/higanbana1902.html
「いっしょにあそぼ おはな・しょくぶつ」じゅずさんご
http://www.keiko-cafe.com/asobo/ohana/zyuzusango1901.html
http://www.keiko-cafe.com

2019年11月07日

長野県産100%リンゴジュース

今年の台風水害で大変だった長野県長野市に
ふるさと納税をしていただいたリンゴジュース、
こちら、100%果汁のリンゴジュースが5種類詰め合わせ。
長野県産の「サンふじ」「王林」と
長野県生れのオリジナル品種「秋映(あきばえ)」
「シナノスイート」「シナノゴールド」です。

とってもおいしいジュースでした。
それぞれの個性がそれぞれの美味を生み出して
甘みが強かったり、爽やかだったり、コクがあったり
日本のリンゴってすごいなあとしみじみ思いました。
1缶160ml。そのつど新鮮なジュースを
飲みたいなっていう人には良いですね。
同じ種類の6缶が1パックになって
5種類のパックが箱詰めされて納品されます。

IMG_1445.JPG

上越新幹線「Maxたにがわ」

今日は上越新幹線「Maxたにがわ」のご紹介。

病気で外に遊びに行けないお子さんに
見せてあげたいなと思ってのせました。

けいこかふぇ
「いっしょにあそぼ のりもの(りく)」まっくすたにがわ
http://www.keiko-cafe.com/asobo/norimono1/densya-69.html
http://www.keiko-cafe.com

2019年11月06日

「ルリジサ」「メコノプシス・ベトニキフォリア」「コガネバナ」「カッコウチョロギ」

今日は「ルリジサ」「メコノプシス・ベトニキフォリア」
「コガネバナ」「カッコウチョロギ」のご紹介。

病気で外に遊びに行けないお子さんに
見せてあげたいなと思ってのせました。

けいこかふぇ
「いっしょにあそぼ おはな・しょくぶつ」るりじさ
http://www.keiko-cafe.com/asobo/ohana/rurizisa1901.html
「いっしょにあそぼ おはな・しょくぶつ」めこのぷしす・べとにきふぉりあ
http://www.keiko-cafe.com/asobo/ohana/me-b1901.html
「いっしょにあそぼ おはな・しょくぶつ」こがねばな
http://www.keiko-cafe.com/asobo/ohana/koganebana1901.html
「いっしょにあそぼ おはな・しょくぶつ」かっこうちょろぎ
http://www.keiko-cafe.com/asobo/ohana/kakkou-c1901.html
http://www.keiko-cafe.com

2019年11月05日

カマイルカ

今日は「カマイルカ」のご紹介。

病気で外に遊びに行けないお子さんに
見せてあげたいなと思ってのせました。

けいこかふぇ
「いっしょにあそぼ みずのいきもの」かまいるか
http://www.keiko-cafe.com/asobo/mizu/mizu-523.html
http://www.keiko-cafe.com

2019年11月04日

百済金銅大香炉をデザインしたマンホール(韓国・扶余)

2019年10月、韓国 扶余郡の百済文化団地を訪れたときのこと
敷地内にあったマンホールは韓国の国宝第287号の文化財
百済金銅大香炉をデザインしたものでした。
とても美しいマンホール。

kudara.jpg
posted by Lana-Peace at 09:31| アート / 歴史 美しいマンホール

アカバナアメリカトチノキの実

今日は「アカバナアメリカトチノキ」の実のご紹介。

病気で外に遊びに行けないお子さんに
見せてあげたいなと思ってのせました。

けいこかふぇ
「いっしょにあそぼ き」あかばなあめりかとちのき
http://www.keiko-cafe.com/asobo/ki/ki-460.html
http://www.keiko-cafe.com

2019年11月02日

しっかり者で冷静、その裏にあったもの −ある父の話

お子さんの病気が親の想像をはるかに超えて重く、
次から次へと物事が移り変わっていく時、
親御さんがそこでテキパキと動けていたり、
周りに見せる表情があまり崩れないと、
「しっかりしている親御さんね」とか
「あのおうちは大丈夫ね」というように
周りから見られることもあるかもしれません。

もちろん本当に大丈夫、なのかもしれません。
だけど必ずしもそうではないことがあります。

本当は時間の流れの勢いから一度降りて
ゆっくり立ち止まって考えたのに
とてもそんなことをしている余裕もない。
それの繰り返しが日々重なっていった。
だから少し状況が落ち着いて
自分の決断を求められる場面の頻度が減った時
無性に涙が出てきたり、
一度零れ落ちた涙がとめどなく続くようになると
周りの人々も、あるいは自分自身も
「どうして今?」そんな風に戸惑うかもしれません。

あまりにも辛い時、
心の中で防御反応が強く働いて
それ以上感情が動かないようになっているのかもしれませんね。

だからそれは決して「クールに受け止めている」
わけではなく
「落ち着いているから大丈夫」なのでもありません。
そして涙が止まらなくなっている時は
ようやくその防御反応が緩んで
心が自分に「今なら泣いてもあなたはどうにかやっていける」って
許してくれている時なのだろうと思います。
だから過去の分まで、感情を停止させた分の出来事が
再浮上してくる。
そして涙が止まらない。


周りから見て何かアンバランスなように見える時
それだけその親御さんは苦しい道のりを
ずっと我慢してきたことの表れだと受け取ってほしいです。
そして話すことでお子さんの病状、問題が解決するわけではないけれど
親御さん心の中で置き場のない感情を
一度自分の外に出してみることにより
心の波風が少しだけ収まることがあります。

あるお父様の涙を見て、そのように思いました。
苦しい時間、よく耐えてこられたなあと
彼のお話を伺って心がジーンとしました。
踏ん張り時の今、
この時期は試練ばかりで切なくなるけれど
そうやってきたあなたの頑張りは
誰よりもお子さんが一番知っています。

少しずつ、少しずつ良くなりますように。
「日薬」も大事なお役目があります。
時間は辛さばかりを運んでくるものではなく
時間を味方につけてほしいです。
待つことは苦しいけれども。

2019年11月01日

カピバラ

今日は「カピバラ」のご紹介。

病気で外に遊びに行けないお子さんに
見せてあげたいなと思ってのせました。

けいこかふぇ
「いっしょにあそぼ どうぶつ」 かぴばら 1 
http://www.keiko-cafe.com/asobo/dobutsu/kapibara-1901.html
「いっしょにあそぼ どうぶつ」 かぴばら 2
http://www.keiko-cafe.com/asobo/dobutsu/kapibara-1902.html
「いっしょにあそぼ どうぶつ」 かぴばら 3
http://www.keiko-cafe.com/asobo/dobutsu/kapibara-1903.html
http://www.keiko-cafe.com

こどもたちのバーチャルお散歩気分 けいこかふぇ13周年!

2006年11月1日より、病気で外に遊びにいけないこどもたちが
部屋の中でもお散歩気分になれるといいなと思って始めた「けいこかふぇ」
本日で13周年となりました。
応援してくださっている方、ありがとうございます!

本日の東京は雲一つない青空。
すがすがしい気持ちでこれからも頑張って続けていこうと思います。

病気で外に遊びにいけないこどもたちが 部屋の中でも楽しい気分になれますように。